スポンサードリンク




テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2016年05月14日


ラフマニノフ:ヴォカリーズ Op.34-14


ヴォカリーズ&オーヴェルニュの歌
アンナ・モッフォ/ストコフスキー
BMGメディアジャパン(1998-12-16)
おすすめ度の平均: 5.0
5追悼 アンナ・モッフォ


♪どこまでも美しい歌詞のない歌

「ヴォカリーズ」とは歌詞のない母音だけで歌われる歌曲の総称です。
主に練習用となるこうした歌曲の中でも、このラフマニノフの作品は突出した感があり、
今では「ヴォカリーズ」といえばラフマニノフというのが一般的になっています。

初演の歌手が「どうしてこの歌には歌詞がないのですか?」と尋ねると、
ラフマニノフは、「なぜ歌詞が必要なんだ。君はその声と音楽性だけで、
言葉以上に深く表現できるじゃないか。」と答えました。

スポンサードリンク


コーダ(6:04)ではそれまで伴奏だったピアノが主旋律に転じ、
替わってヴォーカル(ここではヴァイオリン)が即興風の上昇する対旋律を奏で始めます。
この部分が全曲中で最も感動的です。




ラフマニノフ:ヴォカリーズ Op.34-14
Sergei Rachmaninoff : Vocalise Op.34, No.14


http://classical-music.aki.gs/Rachmaninov-Vocalise.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:11 | 声楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日


チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第4楽章


チャイコフスキー:交響曲第5番、他
バーンスタイン(レナード)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2008-01-23)
おすすめ度の平均: 5.0
5これがバーンスタインの世界


♪希望に満ちた勝利の凱歌をあげる最終楽章

第5交響曲は初演当初、批評家達からこき下ろされたため、
チャイコフスキー自身も「この作品は不誠実だ」
と言ってしばらく目を向けようとしませんでした。

しかし演奏をかさねるごとに評判は高まり、
人気もあがってくると自身も気をよくして
作品に対する自信を取り戻していきました。

スポンサードリンク


第4楽章では第1楽章冒頭、クラリネット2管で提示された
「運命の主題」が短調から長調に転じ、
弦楽合奏を主体にした演奏で提示されます。

その後同主題は10:43からふたたび華々しく奏され、
そのまま怒涛のような終結に向かってなだれ込んでいくのです。




チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第4楽章
Tchaikovsky:Symphony No. 5 in E minor, Op. 64
4. Finale. Andante maestoso. Allegro vivace


http://classical-sound.up.seesaa.net/Tchaikovsky-SymNo5-4.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 11:06 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第3楽章


チャイコフスキー:交響曲第4番、第5番、第6番「悲愴」
ムラヴィンスキー(エフゲニ)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-10-24)
おすすめ度の平均: 5.0
5偶然見つけました
3私好みの演奏ではありません
5一糸乱れぬ命がけの大熱演
5第5番第4楽章、マイベスト!
5切れ味抜群


♪全曲中でひと息つける優雅なワルツ

第3楽章は通常スケルツォやメヌエットですが、ここでは珍しくワルツです。

時間は短いですがいかにもチャイコフスキーらしいエッセンスの詰まった音楽です。
なんとなく「くるみ割り人形」などにも通じるような気がします。

他の楽章に比べるとまったく無理したところのない、自然体のチャイコフスキーという感じです。

スポンサードリンク


楽章の最後には全曲を通じて登場する、第1楽章冒頭の"運命の主題"が顔をのぞかせ、
その直後に壮大な全体合奏で締めくくると第4楽章に移行して行きます。




チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第3楽章
Tchaikovsky:Symphony No. 5 in E minor, Op. 64
3. Valse. Allegro moderato


http://classical-sound.up.seesaa.net/Tchaikovsky-SymNo5-3.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:45 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日


チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第2楽章


チャイコフスキー : 交響曲第4番ヘ短調 / 第5番ホ短調 / 第6番ロ短調 (悲愴)
ザンデルリンク(クルト)
コロムビアミュージックエンタテインメント(2003-03-26)
おすすめ度の平均: 4.5
5もっとこの巨匠の名盤が聴きたい
4第5は感動的な名演!
44番が・・・
5かつてないチャイ5!


♪第2楽章を織りなす世にも美しい二つの主題

チャイコフスキーの後期3大交響曲のひとつである第5番は、
1888年に作曲され、同年11月17日、ペテルブルグにて、
チャイコフスキー自身の指揮により初演されました。

チャイコフスキーはショパンやドヴォルザークと並ぶ、
クラシックでも指折りの旋律作家ですが、
そんな彼の作品中でも特に優れた二つの旋律が、
主題として連続して登場するのが第2楽章です。

スポンサードリンク


幻夢の彼方から響いてくるようなホルンが奏でる第1主題。
それに続くのは、思いが遠く飛翔していくかのような第2主題...。

二つの主題は次第に高まりを見せ、ついには弦が第2主題を目いっぱい奏でる
壮大で感動的なクライマックスへと上りつめていくのです。

こうした魅力的な名旋律が惜しげもなく置かれた第2楽章は特に人気で、
プログレッシブ・ロックの歌手であるアニー・ハズラムのようなポピュラー歌手が、
独自に歌詞をつけて歌っていることでも知られています。




チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第2楽章
Tchaikovsky:Symphony No. 5 in E minor, Op. 64
2. Andante cantabile, con alcuna licenza


http://classical-sound.up.seesaa.net/Tchaikovsky-Symphony-No5-2nd.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:53 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第1楽章


チャイコフスキー:交響曲第5番
スヴェトラーノフ(エフゲニ)
ポニーキャニオン(2002-08-21)
おすすめ度の平均: 4.5
3エフゲニおじさんはこれでいいんですよね
3ブラスみたい。
5コーダのトニック4連打が全てを語る。
5☆10個あげたい
5「伝説の熱演」は嘘ではなかった。


♪運命に力強く立ち向かう姿を雄大に描く

交響曲第5番は第6番「悲愴」と並ぶ、チャイコフスキーの代表的な交響曲のひとつです。

ベートーヴェンの第5番「運命」を明らかに意識したと思われるその内容は、
暗く絶望的な第1楽章から入り、第4楽章で勝利の行進に至るという、
やはり、運命交響曲と同じような展開をもっています。

ただ「運命」と比べると人間的な弱さが各所に描かれています。
「運命」がどこまでも立派な、意志を貫く人間の理想像とすれば、
チャイコフスキーの第5番には、時に迷い脆さを見せる生身の人間が描かれ、
こちらをより身近に感じる向きもあるかもしれません。

スポンサードリンク


第1楽章冒頭、クラリネットによって示される短調の主題は、
その後、各楽章で形を変えて用いられ、ついに最終楽章で長調に転じ、
希望に満ちた勝利の主題となって、同じく長調に転じた第2主題につながります。
そしてそのまま、有無を言わさぬ壮大なクライマックスを迎えるのです。

第1楽章5:57からの第3主題は流麗な旋律が特に美しく、
"旋律王"チャイコフスキーならではの魅力を発揮しています。




チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64 第1楽章
Tchaikovsky:Symphony No. 5 in E minor, Op. 64
1. Andante. Allegro con anima


http://classical-sound.up.seesaa.net/Tchaikovsky-Symphony-No5-1st.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 03:35 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日


ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲 - 「スイス軍の行進」 [リスト編曲] (初)


ロッシーニ序曲集
ロッシーニ序曲集
posted with あまなつ on 2016.05.05
シャルル・デュトワ
ユニバーサル ミュージック クラシック(2006-04-12)
売り上げランキング: 270


♪天才ロッシーニの作品中で最も愛される傑作序曲

全盛期にはベートーヴェンを凌ぐほどの人気だったロッシーニ。
彼が37歳で残した最後のオペラが「ウィリアム・テル」です。
主人公が子供の頭の上のリンゴを射ることでも有名なこのオペラは、
14世紀のスイスを舞台にした、自由と独立がテーマの英雄物語です。

・・・オーストリアによるスイス統治100周年の記念日。
総督ジェスレルは自分の帽子を取って掲げ、スイス人は帽子に敬礼するよう命じます。
しかし通りかかったテル親子はこれを拒否。
怒ったジェスレルは父のウィリアムに、息子ジェミの頭上のリンゴを撃つことを命じました。

人々が見守る中、百歩離れた先から見事、リンゴを打ち抜いたウィリアム・テル。
しかし、失敗した時には総督ジェスレルを射るつもりで持っていた
もう1本の矢が見つかり、親子は牢獄へと引かれて行きました。

その後仲間の助力もあって脱出したテルは、ジェスレルの心臓を矢で射抜き、
スイスの自由と独立を取り戻し、物語は大団円を迎えるのでした・・・。

この大作オペラを書いた後、ロッシーニは37歳にして引退状態に入りました。
ある日熱烈なファンに「先生の新作を期待しているのですがいかかでしょう?」
と問われたロッシーニは、ピアノに向かうと、ある曲を弾き始めました。

それはモーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」からの一節でした。
そして振り返るとロッシーニはこう言ったのです。
「こんな立派な曲があるのに、なぜ私がつまらないオペラを書く必要があるのですか。」

スポンサードリンク


最後のオペラとなった「ウィリアム・テル」では、4部からなる序曲があまりに有名です。
第1部「夜明け」 、第2部「嵐」 、第3部「静寂(牧歌)」 、第4部「スイス軍隊の行進」が、
切れ目なく演奏され、スイスの山の風景のように変化する様が描かれていきます。

ロッシーニは序曲のことをシンフォニア-交響曲と呼ぶことがありました。
ベルリオーズが「4部からなる交響曲」と評したように、
ウィリアム・テル序曲はオーケストラの魅力が凝縮された、見事な管弦楽作品です。

*リスト編曲のピアノ版にティンパ二を追加しました。




ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲 「スイス軍隊の行進」 [リスト編曲・ピアノ版]
Gioachino Antonio Rossini:William Tell Overture [Liszt arr.] [3:33]


http://classical-sound.up.seesaa.net/Rossini-William-Tell-Overture-Liszt.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:07 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」 第4楽章

ドヴォルザーク:交響曲第9番
ケルテス(イシュトヴァーン)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-04-25)
おすすめ度の平均: 4.5
5双璧をなす新世界
550年経ってすでに跡形もなしや(淋)
5“新世界”聴くならまずはこれ−
5全体の完成度では随一
5「新世界」の原点か?

♪あまりに有名な冒頭の金管…壮大なコーダは圧倒的

「あの男は我々の誰よりも多く楽想をもっている。
彼の廃物から他の誰でも主要主題をとることができる。」

・・・ドヴォルザークを見出したブラームスの言葉です。

ドヴォルザークは“シューベルト級の天才”といわれるほどのメロディーメイカーでした。
「新世界より」にもそんな彼の紡ぎだす、珠玉の旋律が散りばめられています。

そしてブラームス譲りのドイツ的ながっちりとした構成力が、
この曲を一段と格調高いものに仕上げています。

スポンサードリンク


今日「新世界より」が3大交響曲に数えられるほど愛される一番の理由は、
すばらしい旋律の数々はもちろんですが、
実はこのドイツ的で立派な威厳にあるのではないかと思います。

アメリカという新世界から故郷ボヘミアを想って作ったこの交響曲には、
望郷の念と同時に新天地に対する、沸き立つように昂揚した思いが感じられます。




ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」 第4楽章
Antonin Dvorak : Symphony No.9 in E minor Op.95 'From the New World'
4. Allegro con fuoco

http://classical-sound.up.seesaa.net/dvorak-Symphony-No9-4th.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:01 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》から 「プロムナード」 (ラヴェル編曲)


チャイコフスキー:交響曲第5番/組曲「展覧会の絵」
ストコフスキー(レオポルド)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-04-25)
おすすめ度の平均: 4.0
5超弩級、摩訶不思議。。。
4ストコフスキー魔術の描くロシアの土色
5ストコなんだから仕方ない
1微妙・・・
5ストコフスキーの世界を味わえる一枚


♪親友の画家の遺作展から得たインスピレーション

「展覧会の絵」は本来ピアノ曲として書かれました。
それを後年、ムソルグスキーの大ファンだったラベルが
大指揮者クーセヴィツキーのすすめもあって管弦楽アレンジを施し、
今ではそちらの方が一般的になっています。

親友だった画家ガルトマンの急死に伴い、
追悼する意味で開かれた彼の個展を訪れたムソルグスキーは、
ガルトマンの様々な作品に触発され、
そこで得た印象をもとにピアノの独奏用作品集を書き上げました。

しかしそれは不幸にも生前演奏されることはなく、
ラヴェルをはじめとする多くの人の手による
管弦楽編曲によって、広く一般に知られるようになったのです。

スポンサードリンク


クラシック以外でもロックバンドEL&Pやシンセサイザー奏者の冨田勲氏など、
様々なジャンルのアーティストたちにもカバーされるロシア音楽の不朽の名作です。

今回は最も演奏される機会の多い、ラヴェルによる編曲版でお届けします。




ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》から 「プロムナード」 (ラヴェル編曲)
Modest Mussorgsky: Pictures At An Exhibition 1. Promenade (Ravel ver.)


http://classical-music.sakura.ne.jp/Mussorgsky-Pictures-Exhibition.mp3"



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:32 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カリンニコフ:交響曲第1番 ト短調 第1楽章 (提示部)


カリンニコフ:交響曲第1番
スヴェトラーノフ(エフゲーニ)
キングレコード(2001-09-29)
おすすめ度の平均: 5.0
4日本のオケにしては合格。
5素晴らしい・・・その一言
5良かった
5NAXOSで入門して…。


♪夭逝した天才作曲家の隠れた名曲

カリンニコフは今から100年程前、若干34歳という若さで
志し半ばにして夭逝したロシアの作曲家です。

「交響曲第1番」は当時不治の病だった結核に侵された病床で書かれました。

経済的にも逼迫した状況で、生活は決して恵まれていたとはいえませんが、
にもかかわらず音楽には憐憫も悲壮感も微塵も感じられません。

むしろ人生に対する前向きで強い愛や憧憬に満ちています。

スポンサードリンク


例え外的状況がどうであろうと彼の心の中には、
美しい旋律が流れていてそれが希望の光となっていたのだと思います。

古今の交響曲の中でもとりわけ印象的な旋律である第1楽章第2主題(1:18)は
スタジオ・ジブリ宮崎アニメの映画音楽に使われても
おかしくないぐらいのロマンティックな響きを持っています。




カリンニコフ:交響曲第1番 ト短調 第1楽章 (提示部)
Vasily Sergeyevich Kalinnikov:Symphony No. 1 in G minor
1st movement


http://classical-music.aki.gs/Kalinnikov-Symphony-No1-1st.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:12 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする