テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2012年04月30日


パッヘルベル:カノン ニ長調 [新録音2012]

パッヘルベルのカノン/イ・ムジチ~バロック名曲集
新品最安価格:48%OFF ¥ 520 (6店出品)
レビュー平均: 4.2点 (4人がレビュー投稿)
3.0点 一部除いて、結構軽めの音
4.0点 選曲がよいです
5.0点 イージーリスニングとしてもいいでしょう
発売日:2005-06-22
メーカー:ユニバーサル ミュージック クラシック
アーティスト:イ・ムジチ合奏団

♪美しくも見事な調和を保ち並走する3つのヴァイオリン

「カノン」で知られるヨハン・パッヘルベルは、バロック期のドイツの作曲家です。
南ドイツ・オルガン楽派の最盛期を支えたオルガン奏者、教師でもありました。
オルガン曲・弦楽曲・声楽曲など、様々なジャンルの音楽を作曲。
その作品は200曲以上にも上ります。

またコラール前奏曲やフーガの発展に大きく貢献したところから、
バロック中期における最も重要な作曲家の一人に数えられています。
師事する弟子も多く、ドイツ中部・南部の多くの作曲家の手本となる存在でした。

クラシックの名曲としてあまりに有名な「パッヘルベルのカノン」は、
正式には「3つのヴァイオリンと通奏低音の為のカノンとジーグ 二長調」といい、
このうち前半の1曲「カノン」のみが取り上げられ、人気曲となっています。

カノンは平たく言えば「かえるのうた」の輪唱のような音楽です。
ただ、「かえるのうた」の場合、ひとつしかない旋律を繰り返すのみですが、
「パッヘルベルのカノン」では低音の、基本パターンが28回繰り返されるうち、
2小節でひと括りのヴァイオリン旋律には、二度と同じパターンは出てきません。
つまり同じコード進行で、26種類のメロディ・パターンが登場するのです。

スポンサードリンク


この1パートを2小節ずつずらしながら、計3パートで重奏していきます。
旋律の音符も四分音符から、八分音符、十六分音符と細かくなっていき、
最も印象的な♪タンタララン…の部分では、三十二分音符にまで刻んでいます。
こうして飽きさせず、他の旋律ともぶつからず、見事な調和を保ち進行します。

「カノン」の魅力としては、ポップスでも多用される「黄金のコード進行」、
すなわち[ I - V - VI - III - IV - I - II - V ]が、まず取り上げられますが、
和音だけではなく旋律も、多様で洗練されたフレーズが緻密な計算の上で、
つかず離れず、澱みなく並走、展開していくことがポイントになっています。

一発で千発分もの価値のある名曲を作ったパッヘルベル。
その代表作「カノン」には和音進行、旋律、そして旋律通しの絡み合いなど、
音楽の最も核となる部分のエッセンスが凝縮されているのです。

*演奏、音響を刷新した新録音です





パッヘルベル:カノン ニ長調 [新録音2012]
Johann Pachelbel:Canon in D



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 13:58 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日


ブリテン:シンプル・シンフォニー Op.4 第3楽章:センチメンタル・サラバンド

弦楽のためのイギリス作品集
新品最安価格:¥ 1,199 (14店出品)
中古最安価格:23%OFF ¥ 920 (2店出品)
発売日:2006-09-27
メーカー:ユニバーサル ミュージック クラシック
アーティスト:ブリテン(ベンジャミン)
時間:58(分)

♪エルガー、ホルストと並ぶ20世紀英国を代表する作曲家

学校の音楽室には必ずと言っていいほど、大作曲家たちの肖像が並んでいます。
バロック期のヴィヴァルディ、バッハに始まり、古典派、ロマン派…と進んで、
最後の現代音楽の締めくくりに登場することも多いのが、
20世紀の英国が生んだ作曲家、ベンジャミン・ブリテンです。

ブリテンは1913年11月22日、イングランドの港町ローストフトに生まれました。
合唱協会の幹事でアマチュア歌手だった、母の影響もあってか、
ブリテンは5歳で歌を書き始め、9歳で初めての弦楽四重奏曲を作曲しています。

その後、12歳から本格的に作曲を学び、16歳でロンドンの王立音楽大学に入学。
すでに基本的な教育を終了していた彼は、大学きっての秀才と称えられました。

プロとしてのブリテンは、公私共に渡るパートナーだった盟友のテノール歌手、
ピーター・ピアーズと共に、代表作となる歌劇・声楽曲を生み出していきました。
すなわち、「ピーター・グライムズ」「戦争レクイエム」等がそれですが、
これらはピアーズの演奏を前提に書かれ、初演もピアーズによりました。

スポンサードリンク


またブリテンは平和主義者としての一面も持っています。
反戦的内容の「戦争レクイエム」も、その表れのひとつと言えます。
兵役拒否の意味合いで一時アメリカに移住したこともある彼は、
帰国後に「良心的兵役拒否」として法廷の承認を受け、
純粋な芸術家としての立場を守りました。

シンプル・シンフォニーはブリテンが1933年から1934年にかけて作曲した、
弦楽オーケストラまたは弦楽四重奏のための、4楽章から成る楽曲です。
1923年から1926年に書かれた、習作的なピアノ曲をもとに作られています。




ブリテン:シンプル・シンフォニー Op.4 第3楽章:センチメンタル・サラバンド
Benjamin Britten:Simple Symphony, Op.4
3. Sentimental Sarabande
ブリテン:シンプル・シンフォニー Op.4 第3楽章 - ストリーミング再生


ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:06 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日


チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48 第3楽章 エレジー

チャイコフスキー:弦楽セレナード/モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジー
新品最安価格:16%OFF ¥ 1,505 (18店出品)
レビュー平均: 4.8点 (6人がレビュー投稿)
5.0点 「小澤JAPAN」による美しすぎる音の世界
5.0点 いい感じです
5.0点 すばらしい録音です。。
発売日:2009-05-20
メーカー:ユニバーサル ミュージック クラシック
アーティスト:サイトウ・キネン・オーケストラ 小澤征爾

♪チャイコフスキーの体臭がにじみ出た名旋律

クラシック音楽きってのメロディ・メイカーとして知られるチャイコフスキー。
旋律の親しみやすさは小品から交響曲の主題まで徹底しています。
そのためか様々な場面で引用されることも多い作曲家のひとりです。

そしてチャイコフスキーの魅力として忘れてはならないのが、
作品の背後に常に付き纏う、独特の寂寥感です。
これが短調の曲であれば当然で、まだわかるのですが、
チャイコフスキーの場合、長調の方がかえって物悲しいことが多いのです。

例えば交響曲「悲愴」などは、長調なのに悲しい主題が各楽章に現れます。
第2楽章は変拍子なこともあって、更にその色合いが増すのですが、
こうした傾向の彼の作品として、代表的なもののひとつに挙げられるのが、
弦楽セレナーデ・第3楽章「エレジー」の主題です。

両者は共にニ長調で、どこか発想も似ているかもしれません。
そしてとにかく言葉にならないような寂しさがあります。
また「エレジー(哀歌)」の章題は、作曲者自身によるもので、
「悲愴」と同じくそうした気分を、初めから意識して作ったと考えられます。

スポンサードリンク


チャイコフスキーは哀しみを表現するには、あからさまに短調にするよりも、
長調にした方がより奥行きが出ると感じていたのかもしれません。
作曲としては最も高等なテクニックだと思います。

弦楽セレナーデは交響曲第4番やヴァイオリン協奏曲と同時期の傑作です。
敬愛するモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を手本に作曲されました。
この曲についてチャイコフスキーは書簡に、
「強い内的衝動によって書かれ、芸術的な価値を失わない」と記しています。
作品に対する彼の自信のほどがうかがえます。





チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48 第3楽章 エレジー
Peter Ilyich Tchaikovsky:Serenade for Strings in C major, Op.48
3. Elegie; Larghetto elegiaco



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 04:09 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日


モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 K.138(125c) 第1楽章

モーツァルト:ディヴェルティメント集
コープマン(トン)
ワーナーミュージック・ジャパン(2001-10-24)
おすすめ度の平均: 4.5
3納得できない録音
5美しすぎる旋律
4鮮明な響きと踊るようなテンポ。
5疲れた時には、《モーツァルト》。
3喜遊曲?

♪貴族の食事の席で演奏された快活な音楽

2回目のイタリア旅行から帰国後すぐに書かれた16歳の時の作品。
K.136、K.137、K.138の3つのディヴェルティメントは、
いずれもイタリアの開放感と明るさを感じさせる不朽の名作です。

通常のディヴェルティメントとは楽器編成や楽章数が違うため、
本来は交響曲にするつもりではなかったか?との見方もあります。
またザルツブルクで作曲されたこともあり、
通称“ザルツブルク・シンフォニー”とも呼ばれています。

ディヴェルティメントは「気晴らし」や「娯楽」を意味する
イタリア語のdivertireに由来します。
いわゆる貴族のための機会音楽で、主に食事のBGMとして演奏されました。

セレナード、カッサシオンなども貴族のイベントのための機会音楽です。
どれも肩肘張らずに純粋に楽しむことができる明朗快活な音楽ばかりです。

スポンサードリンク


ところでK.138 第1楽章の主題はあるJ-POPのスタンダードとよく似ています。
もちろんモーツァルトの方が200年以上も前の曲ですが、
それが現代でもほとんど変えずにそのまま通用するのには驚くばかりです。
普遍的な力を持つものには時代も場所も関係ないのですね。






W.A.Mozart:Divertimenti in F major, K.138 1. Allegro
モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:42 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日


シェーンベルク:浄められた夜 Op.4

シェーンベルク:浄夜
カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー
ユニバーサル ミュージック クラシック(2007-02-28)
おすすめ度の平均: 4.5
5超名盤のダイジェスト版
5至高の芸術品
4甘美な?現代音楽の古典

♪後期ロマン派の香り漂う美しい弦楽合奏曲

無調音楽や12音技法で名高いオーストリアの作曲家 シェーンベルク。
時代を変えた現代音楽の旗手的なイメージの強い彼ですが、
実は最初は後期ロマン派の本流に身を置く作曲家のひとりでした。

シェーンベルクが生まれたのは1874年。
後期ロマン派も成熟期を迎え、この後フランスでは印象派が誕生。
そして音楽界が調性を超えた方向へと向かう過渡期を生きた人でした。

モンテヴェルディがそうであったように彼の革新的なスタイルは、
時代の変化という要求から生まれた必然だったのかもしれません。
シェーンベルクこそが様々な意味で適役だったのです。

しかしもし、そうした革新者としてのイメージのみを彼に抱いている方なら、
この美しい弦楽合奏曲を聴いて大いに驚かれるかもしれません。
ここにあるのはワーグナーやブラームスに影響された、
紛れもない後期ロマン派の真髄のような甘く重厚な響きです。

シェーンベルクにとっては初期にあたる作品で、まだ無調的気配は希薄です。
デーメルの同名の詩「浄夜」を題材とし、月下の男女の語らいが音で紡がれていきます。
単一楽章の形をとっていますが、詩に応じて5つの部分から構成されています。

スポンサードリンク


当初は弦楽六重奏曲として作曲されましたが、後に自身が弦楽合奏用に編曲。
現在ではコントラバス・パートが改訂された弦楽合奏版が多く演奏されています。

余談ですがシェーンベルクとガーシュウィンはアメリカでの住居も近く、
絵画やテニスなどの趣味も合う大変仲の良い友人関係だったようです。
ガーシュウィンが油絵でシェーンベルクの肖像画を描いていたほどです。

ガーシュウィンが脳腫瘍で早過ぎる死を迎えた際、
シェーンベルクはラジオで弔辞を読み上げました。
それはガーシュウィンの楽才を称え、ふたりの友情を強調する内容でした。
ラプソディ・イン・ブルーを聴いてご機嫌(?)なシェーンベルク。
その姿を想像すると微笑ましいものがあります。





Arnold Schöenberg:Verklaerte Nacht Op.4
シェーンベルク:浄められた夜 Op.4 - DOWNLOAD


ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:16 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日


ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ ホ長調 Op.22 第1楽章

ドヴォルザーク:弦楽セレナード
プラハ室内管弦楽団
コロムビアミュージックエンタテインメント(2004-12-22)

♪胸に染み入るような若き日の名作

34歳の青年がわずか10日余りで書き上げた若き日の名作です。
この頃のドヴォルザークは国費奨学生に合格したわずか3ヶ月後で、
オーストリアからの奨学金により生活も安定していました。

2年前に結婚した妻との暮らしも、穏やかで幸福なものでした。
そんな満ち足りた感情がこの曲には表れていると言われます。

ドヴォルザークは才能ある優れたメロディーメイカーとして、
同じく名旋律を数多く残したチャイコフスキーとよく比較されます。

スポンサードリンク


チャイコフスキーもまた有名な弦楽セレナーデを作っていますが、
ドヴォルザークの方にはチャイコフスキーのような派手さはないものの、
地味ながら染み入るような深い味わいがあります。

人生について大風呂敷を広げるような内容ではありませんが、
例えば日曜日の午後、何も考えずにゆっくりとお茶でも飲みながら
聴きたくなるような、親しみやすく美しい音楽です。




Dvorak:Strings Serenade Op.22 1. Moderato

http://classical-music.aki.gs/Dvorak-Strings-Serenade-1st.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:08 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日


モーツァルト:ディヴェルティメント 第17番 ニ長調 K.334 第3楽章 メヌエット

モーツァルト : ディヴェルティメント第17番ニ長調
ウィーン八重奏団
ポリドール(1997-04-09)
おすすめ度の平均: 5.0
5美しすぎる音にご用心
5極上の演奏、これぞモーツァルト
5気分爽快になること請け合いのアルバムです
5夜のひとときに、どうでしょう
5夢見る気持ち

♪親しかった貴族ロビニッヒ家のために作曲

ディヴェルティメントは以前“喜遊曲”と訳されていました。
その名の通り貴族の食事や祝日用の気軽なサロン音楽です。

セレナードも同じような用途で作られていて、
それらは総称して“機会音楽”とも呼ばれています。
セレナードは主に野外で、またディヴェルティメントは
室内で演奏されていました。

モーツァルトは30曲ほどのディヴェルティメントを書いていますが、
第17番はその中でも特に大きな規模と深い内容で知られています。

この作品は親しかった名門貴族ロビニッヒ家のために書かれ、
モーツァルト自身も「ロビニッヒの音楽」と呼んでいました。

スポンサードリンク


何と言っても第3楽章メヌエットは
“モーツァルトのメヌエット”と一口に呼ばれるほどの有名曲で、
耳にしたことのない人はいないでしょう。

ですが第17番の真価は他の第2,5,6楽章にあります。
機会があればそちらも聴かれることをお薦めします。




W.A.Mozart:Divertimento No.17 in D major, K.334 3. Menuet

http://classical-music.aki.gs/184-Mozart-Divertimenti-No17-3rd.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:10 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする