テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2009年08月22日


F.サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ - コン・テ・パルティロ

アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~
EMIミュージックジャパン(2009-07-08)
おすすめ度の平均: 4.5
5ブラヴォー!!
5世界の歌姫
5かなりおススメです

♪ヨーロッパで大ヒットしたクラシカル・クロスオーバーの先駆け

イタリアのテノール歌手、アンドレア・ボチェッリの代表曲です。
原題は「コン・テ・パルティロ」(君と共に旅立とうの意)。

1995年のサンレモ音楽祭で披露されるも、
その時点ではほとんどヒットとは呼べない状況でした。
しかしこの曲に感動した歌手、サラ・ブライトマンが、
ボチェッリ側にデュエットを申し入れたことから事態は一変します。

96年にふたりはドイツの国民的ボクサー、
ヘンリー・マスケの引退試合で初めてデュエットし、
このテレビ放送を2,000万人を越える視聴者が見ていたことから、
ヨーロッパを中心に大ヒットを記録しました。
デュエットの際に歌詞の一部とタイトルを英語に変更したのも
ヒットの要因と見られています。

スポンサードリンク


結果的にこの曲は今ではサラ・ブライトマンの代名詞的な作品にもなっていて、
つい最近もイタリアを舞台にした日本映画「アマルフィ」のテーマ曲として、
再び巷を賑わせています。

この作品はクラシカル・クロスオーバーの先駆けとも呼ばれ、
幅広いジャンルの歌手からカバーとして取り上げられています。


F.サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ
F.Sartori:Time To Say Goodbye - Con Te Partirò


*楽曲の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:20 | 映画音楽・洋楽・J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする