テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2011年12月29日


マイケル・ナイマン:映画《ピアノレッスン》から 「楽しみを希う心」

ピアノ・レッスン オリジナル・サウンドトラック
新品最安価格:20%OFF ¥ 2,023 (12店出品)
中古最安価格:88%OFF ¥ 300 (28店出品)
レビュー平均: 4.9点 (9人がレビュー投稿)
5.0点 ナイマンの世界
5.0点 ファンならゲットしなくてはならない
4.0点 映画が好きなら買うべし!
発売日:1993-12-08
メーカー:EMIミュージック・ジャパン
クリエーター:マイケル・ナイマン(作曲/指揮/Piano)

♪言葉を持たない主人公の内面を映し出すピアノ

1993年公開のフランス/ニュージーランド/オーストラリア映画『ピアノ・レッスン』で、
主人公・エイダが奏でる映画のメインテーマとも言うべきピアノソロ曲です。
サントラ盤では作曲者のマイケル・ナイマン自身によるピアノ演奏ですが、
劇中ではエイダを演じる主演の、ホリー・ハンター自らがピアノを弾いています。

物語は19世紀のニュージーランドが舞台。
主人公のエイダとその娘フローラは、ピアノ一台と伴にスコットランドを旅立ち、
当時まだ未開の地だった、ニュージーランド南端の孤島にたどり着きます。

訪れた目的は夫となる土地買人のスチュアートとの再婚。
しかしスチュアートはピアノは重すぎると海辺に置き去りにしてしまいます。
6歳から口がきけないエイダにとって、ピアノは代わりに語ってくれる大切なもの。
エイダは娘を連れて何度も、浜辺にピアノを弾きに訪れました。

その姿に惹かれた通訳のベインズは、ピアノをスチュアートから入手。
エイダに「黒鍵の数だけ自分にレッスンをしてくれたらピアノを返す」と約束します。
こうして始まったレッスンを重ねるうち、二人はお互いに惹かれあっていくのでした…。

作曲のマイケル・ナイマンは英国ロンドン出身の現代音楽の巨匠です。
ピーター・グリーナウェイ監督作品の音楽で、一部では知られた存在でしたが、
93年のカンヌ映画祭グランプリ作品『The Piano(ピアノ・レッスン)』の音楽により、
一躍その名を全世界に轟かせることになります。

スポンサードリンク


主人公の内面を映し出すようなサントラは、全世界で300万枚以上を売り上げ、
特に「The Heart Asks Pleasure First - 楽しみを希う(こいねがう)心」は、
映画の顔として浸透し、ヒーリング系のアルバムにもよく取り上げられました。

映画『ピアノ・レッスン』の音楽は、94年のピアノコンチェルトの素材にもなっています。
この曲は協奏曲というより、ピアノも伴ったオーケストラ曲といった趣きの作品です。

その後、ナイマンは 2003年に初のヴァイオリン交響曲を作曲。
現代音楽に理解を持つ世界的ヴァイオリニスト、ギドン・クレーメルと共演しました。




マイケル・ナイマン:映画《ピアノレッスン》から 「楽しみを希う心」
Michael Nyman:The Heart Asks Pleasure First from "The Piano"

マイケル・ナイマン:映画《ピアノレッスン》から 「楽しみを希う心」 - Streaming



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 02:09 | 映画音楽・洋楽・J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日


ガーシュウィン:Someone to Watch Over Me 〜誰かが私を見つめてる

The Melody At Night, With You
定価:¥ 1,521
レビュー平均: 4.7点 (116人がレビュー投稿)
5.0点 なんとも形容しがたい演奏
5.0点 キース・ジャレットの最高傑作!
5.0点 ハッキリ名盤です。
発売日:1999-10-19
アーティスト:Keith Jarrett
フォーマット:from US Import

♪恋に恋する女心を歌ったブロードウェイ・ミュージカルの名曲

ジョージ・ガーシュウィンと兄のアイラの共作による「誰かが私を見つめてる」は、
ブロードウェイ・ミュージカル『オー・ケー』の挿入曲として1926年に大ヒットしました。
ガーシュウィンが世に送り出した歌の多くは、この兄弟コンビで作られています。

音楽の才能あふれる弟ジョージに対して兄のアイラは、
母親が買い与えたピアノにも興味を示さず、
どちらかといえば学生新聞を書いたり、読書などを好む文学青年だったようです。
しかし、後に作詞家としての才能を存分に発揮し、
ジョージの音楽活動において、なくてはならないパートナーとなったのでした。

スポンサードリンク


「誰かが私を見つめてる」は、“私を見守ってくれる誰か”を待つ女心を歌っています。

Someone to Watch Over Me

会いたいと願い続けている人がいる
その人はいつも私を見守ってくれる
そんな人だったらいいな

私は森の中で迷子になった子羊
でもその人が私を見守ってくれたなら
私はいつもいい子でいられる
words by Ira Gershwin

当初は速いテンポだったこの曲を、ジョージが何気なくゆっくりピアノで弾いた時、
「これは恋の物思いにふける、温かい曲でなければならない」と、
アイラとジョージは気づき、現在のようなバラードに書き換えられたそうです。

歌詞の本来の意味とは少し違いますが、邦題からくるイメージに準じて、

“自分はひとりきりだと思っていても、誰かが気にかけてくれている。
必要とされない人はいない、誰もひとりきりじゃない。 誰かがあなたの存在を支えとしている。”

そんな思いを込めてこの曲をお届けします。





ガーシュウィン:Someone to Watch Over Me 〜誰かが私を見つめてる
Geroge Gershwin:Someone to Watch Over Me



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 04:07 | 映画音楽・洋楽・J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日


アルフレット・シュニトケ:映画『ロマノフ王朝の最期』から 「タンゴ」

シュニトケ:映画音楽集(タンゴ収録)
定価:¥ 1,500
新品最安価格:27%OFF ¥ 1,094 (3店出品)
発売日:2002-02-12
メーカー:Cpo Records
クリエーター:シュトローベル(指揮) ベルリン放送交響楽団

♪現代のバッハとも称される旧ソ連の作曲家シュニトケ

アルフレット・シュニトケは旧ソ連のドイツ・ユダヤ系作曲家です。
ユダヤ系ドイツ人の父とヴォルガ・ドイツ人の母のもとに生まれ、
少年時代からドイツ語を使う家庭環境に育ちました。
父親の赴任先であるウィーンで最初の音楽教育を受け、
帰国後はモスクワ音楽院に学び、卒業後も10年間講師を務めました。

シュニトケの音楽は“多様式主義”と表現されます。
バロック時代の合奏協奏曲から、現代のテープを使った作品まで様式は幅広く、
それらが一体となってシュニトケ独自の音楽を作り上げています。

当初は時代の流れである前衛の洗礼を受け、いわゆる現代音楽的な作風でしたが、
病に倒れた壮年から晩年にかけては、次第に絶対音楽的な色合いが濃くなり、
調性を取り戻し、古典的な作曲様式へと向かっていきました。
最晩年には交響曲の作曲に力を入れ、左手のみで書いた第9番が絶筆となりました。

スポンサードリンク


シュニトケは生活のためもあって、1960年代後半から1980年代にかけて、
実にたくさんの映画音楽のための作品を手がけました。
フィギュア・スケートの浅田真央選手が使用したことで、一躍有名になった「タンゴ」は、
1981年公開のソ連映画「AGONY(苦悶)」のために作曲されました。
この映画は日本では「ロマノフ王朝の最期」という邦題で公開されています。

「タンゴ」が最初に登場したのは、歌劇「愚か者の生活 (Life with an Idiot)」で、
映画「AGONY」のものは、この歌劇からの転用ということになります。
シュニトケ自身がこの曲を気に入っていたようで、他にもいくつかの転用があります。

わかりやすい旋律で調性もはっきりした、オーソドックスなタンゴ・スタイルの作品。
「私の生涯の目標は、芸術音楽と軽音楽の統一なのです。」
かつてそう語ったシュニトケの、音楽に対する考えの一端が表れているかのようです。




ケロオケ
アルフレット・シュニトケ:映画『ロマノフ王朝の最期』から 「タンゴ」
Alfred Garyevich Schnittke:Tango from "AGONY"


*楽曲の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 19:37 | 映画音楽・洋楽・J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日


F.サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ - コン・テ・パルティロ

アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~
EMIミュージックジャパン(2009-07-08)
おすすめ度の平均: 4.5
5ブラヴォー!!
5世界の歌姫
5かなりおススメです

♪ヨーロッパで大ヒットしたクラシカル・クロスオーバーの先駆け

イタリアのテノール歌手、アンドレア・ボチェッリの代表曲です。
原題は「コン・テ・パルティロ」(君と共に旅立とうの意)。

1995年のサンレモ音楽祭で披露されるも、
その時点ではほとんどヒットとは呼べない状況でした。
しかしこの曲に感動した歌手、サラ・ブライトマンが、
ボチェッリ側にデュエットを申し入れたことから事態は一変します。

96年にふたりはドイツの国民的ボクサー、
ヘンリー・マスケの引退試合で初めてデュエットし、
このテレビ放送を2,000万人を越える視聴者が見ていたことから、
ヨーロッパを中心に大ヒットを記録しました。
デュエットの際に歌詞の一部とタイトルを英語に変更したのも
ヒットの要因と見られています。

スポンサードリンク


結果的にこの曲は今ではサラ・ブライトマンの代名詞的な作品にもなっていて、
つい最近もイタリアを舞台にした日本映画「アマルフィ」のテーマ曲として、
再び巷を賑わせています。

この作品はクラシカル・クロスオーバーの先駆けとも呼ばれ、
幅広いジャンルの歌手からカバーとして取り上げられています。


F.サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ
F.Sartori:Time To Say Goodbye - Con Te Partirò


*楽曲の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:20 | 映画音楽・洋楽・J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする