テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年02月13日


J.S.バッハ:カンタータ第147番 BWV147より コラール「主よ、人の望みの喜びよ」

ドルチェ
ドルチェ
posted with amazlet on 07.02.13
千住真理子 藤井一興 ラフマニノフ ショパン
シューマン マスカーニ ドヴォルザーク ドビュッシー
東芝EMI (2007/01/10)
おすすめ度の平均: 4.0
4 聴きやすい選曲のCDだと思います
5 精神的に安らげました
3 興醒めの背景ノイズ

♪透明感に満ちた心洗われる調べ

バッハは生涯に200曲にのぼる教会カンタータを作曲しました。
教会カンタータとはキリスト教の礼拝用の音楽で、
通常、合唱に始まりレチタティーヴォとアリアが歌われたあと
コラール合唱で締めくくるという形をとります。

楽師長やカントル(合唱長)など常に
教会に属した職務についていたバッハにとって、
カンタータの作曲は義務的な公務でした。
ですからバッハの作品の多くはキリスト教に根ざしたものであり、
その数も膨大な量になっているのです。

「主よ、人の望みの喜びよ」はカンタータ第147番
「心と口と行いと生活で」の第10曲のコラールが基になっています。





Johann Sebastian Bach:Herz und Mund und Tat und Leben BWV147



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:32 | 宗教曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日


ヴェルディ:《レクイエム》 から “怒りの日”

ヴェルディ/レクイエム(死者のためのミサ曲)
ゲオルグ・ショルティ
ポリドール(1998-09-02)
おすすめ度の平均: 5.0
5すばらしい演奏
5ヴェルディの想いを再現するにふさわしい名演

♪3大レクイエムと称されるヴェルディの傑作

モーツァルト、フォーレと並び、「3大レクイエム」と称される
ヴェルディのレクイエムから最も有名な第2曲“怒りの日”です。

作曲家自身が敬愛したイタリアの文豪アレッサンドロ・マンゾーニを追悼する目的で
作曲されたこのレクイエムは、「天才による傑作」と「イタリアオペラ的に過ぎ、
宗教音楽的には駄作」という、両極端な評価を常に受けているようです。

スポンサードリンク


モーツァルトやフォーレと比べると、あまりにドラマティックで
宗教的静謐さに欠けるものの、そのスケールの大きさには圧倒的なものがあります。

歌劇「アイーダ」を書きあげてから間もなく着手し、
マンゾーニの死後一周年の1874年5月22日、ミラノのサンマルコ寺院にて、
ヴェルディ自らの指揮のもとに初演されました。


ヴェルディ:《レクイエム》 から “怒りの日”
Giuseppe Fortunino Francesco Verdi:Messa da Requiem "Dies Irae"

http://classical-music.sakura.ne.jp/Verdi-Reqiem.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 01:08 | 宗教曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日


モーツァルト:レクイエム ニ短調 K.626 11. サンクトゥス

モーツァルト:レクイエム
カール・ベーム
ユニバーサル ミュージック クラシック(2007-11-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5モーツァルトのレクイエムで傑出した演奏
5見事な造形美
5名盤をはるかに超えた新素材CD
5ベームの残した遺産の中でも最高級品のひとつ

♪神への感謝を壮大に謳い上げる

「レクイエム」は自身の死によって未完に終わったモーツァルト最後の作品です。

当時作曲家としての人気も失い、また体調も芳しくない中、
自ら最期の作品と意識しながら筆を進めたようです。

未完のまま残された楽譜は、弟子のジュスマイアによって最終的に補完されました。
フルート、オーボエ、クラリネットを使わず、
バセットホルンという、ややくすんだ音色の楽器を替わりに使っています。

スポンサードリンク


第11曲“サンクトゥス”は「レクイエム」の中でも特に明るく力強い、
神への賛美になっているのが印象的です。




モーツァルト:レクイエム ニ短調 K.626 11. サンクトゥス
W.A.Mozart:Requiem in D minor, K.626 11. Sanctus

http://classical-music.aki.gs/Mozart-Requiem-Sanctus.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:41 | 宗教曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする