スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2007年01月03日


ビゼー:「カルメン」第1組曲より “前奏曲-レ・トレアドール”

ビゼー:歌劇「カルメン」全曲
プレートル(ジョルジュ)
EMIミュージック・ジャパン(2007-05-09)
おすすめ度の平均: 4.0
4聴きごたえあり

♪歌劇「カルメン」を象徴する顔

新年も早くも3日目になりました。
みなさんよいお正月をお過ごしでしょうか?

さて今年第2弾としてお届けするのはこれも
年明けにふさわしい華々しい1曲、ビゼーの
「カルメン」組曲から“前奏曲-レ・トレアドール”です。

昨年末お届けしたサラサーテによる「カルメン幻想曲」
からの2曲“アラゴネーズ”“ハバネラ”も、
同じ組曲の中に並んでいる作品です。
ただ組曲版の場合は幻想曲のようなヴァイオリン独奏
ではなく、全編が管弦楽演奏用の編曲です。

一般的に「カルメン」組曲として知られているのは、
フリッツ・ホフマンの選曲・編曲によるもので、
第1組曲と第2組曲があります。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:01 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日


J.シュトラウス2世:喜歌劇 「こうもり」序曲 Op.367

ヨハン・シュトラウス2世「こうもり」
カルロス・クライバー
ニホンモニター・ドリームライフ(2004-12-08)
おすすめ度の平均: 5.0
5圧倒的な名演
5これ以上の演奏はない。
5こうもりの決定盤
5文句なしの名演奏

♪底抜けに楽しいオペレッタの序曲

新年第1弾はウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでもお馴染みのワルツ王、
J.シュトラウス2世の代表作のひとつ「こうもり序曲」です。

この曲は彼の喜歌劇「こうもり」の劇中旋律が、
次々とメドレーで登場する心躍るような楽しい音楽です。

なんでも第2次対戦中、ドイツ軍兵士たちに慰問の際
何の曲が聞きたいかとアンケートをとったところ「こうもり序曲」が第1位になったそうです。
それぐらい暗い気持ちも吹き飛ばす、明るい魅力に満ちた曲ということでしょう。

J.シュトラウス2世自身相次ぐ肉親の死から立ち直ろうと、
妻の勧めもあってあえて底抜けに明るい喜歌劇の創作に打ち込んだようです。

・・・2007年がみなさんにとってよい年となりますように。
それではごゆっくりどうぞ!





J.Strauss:"Die Fledermaus"Overture Op.367



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:30 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日


サラサーテ:「カルメン幻想曲」より “アラゴネーズ” (ビゼー:歌劇《カルメン》)

ツィゴイネルワイゼン/ヴァイオリン名曲集
ムター(アンネ=ゾフィー)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2007-09-05)
おすすめ度の平均: 5.0
5DGのベストセラー
5お気に入り

♪ビゼーの名作をコンパクトに集約

「カルメン幻想曲」はヴァイオリンの名手サラサーテが、
ビゼーの歌劇「カルメン」から主だった曲を抜粋し、
凝縮されたヴァイオリン曲にまとめた作品です。

幻想曲のトップを飾るこの曲は、
インパクトのあるオーケストラサウンドによる導入で聴く者を引き込みます。
この後“ハバネラ”へと続く場合と第3幕のカルメンの独白
「トランプ占いの場面」へと続く場合の2パターンあるようです。

スポンサードリンク


“アラゴネーズ”は「カルメン組曲」にも入っていますが、
今回はこの組曲版をベースにした演奏でお送りします。
幻想曲版よりオーケストラが前に出ているのが特徴です。




サラサーテ:「カルメン幻想曲」より “アラゴネーズ”
Pablo Martín Melitón de Sarasate y Navascuéz:Carmen Fantasy
"Aragonaise"

http://classical-music.sakura.ne.jp/Sarasate-CarmenFantasy-Aragonaise.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 22:35 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日


ビゼー:歌劇 《カルメン》より “ハバネラ” (サラサーテ:カルメン幻想曲)

カルメン幻想曲(初回限定盤)(DVD付)
松田理奈
ビクターエンタテインメント(2008-09-17)
おすすめ度の平均: 5.0
51stより腕を上げています

♪ヒロインであるカルメンが歌う見せ場の音楽

フランスを代表するオペラ作曲家ビゼーによる歌劇「カルメン」は、
登場する楽曲の素晴らしさから幾通りもの組曲が組まれています。

また、華やかな技巧と魔力的な音色で当時の聴衆を魅了し、
ヴァイオリニストでありながら、作曲でも腕を鳴らしたサラサーテは、
歌劇「カルメン」の名旋律を基に「カルメン幻想曲」を編みました。
この作品は「ツィゴイネルワイゼン」と並び知られる彼の代表作になっています。

スポンサードリンク


「ハバネラ」は歌劇「カルメン」では、ヒロインが歌う名シーンのアリアで、
「前奏曲」や「闘牛士の歌」などと共に、特に親しまれる楽曲です。

今回はアリアの旋律をヴァイオリンで奏でた演奏でお届けします。


ビゼー:歌劇 《カルメン》より “ハバネラ” (サラサーテ:カルメン幻想曲)
Georges Bizet:Carmen "Habanera"
(Pablo Martín Melitón de Sarasate y Navascuéz:Carmen Fantasy "Habanera")

http://classical-music.sakura.ne.jp/Sarasate-CarmenFantasy-Habanera.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:03 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日


モーツァルト:歌劇 《魔笛》 K.620より “夜の女王のアリア”

モーツァルト:魔笛 全曲
カール・ベーム
ポリドール(1998-05-13)
おすすめ度の平均: 5.0
5これがベスト
5お手本のような演出
4オペラ入門にぜひ
5ゆったりした堂々たる魔笛
5完璧なタミーノならこれ!!

♪高度な技術が求められる有名なアリア

歌劇「魔笛」を代表する有名なこのアリアは、コロラトゥーラというとても技巧的なフレーズを持つ難曲です。
それだけにインパクトも強く、ソプラノ歌手にとっては大きな見せ場のひとつになっています。

「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」という怖いほどのタイトルですが、
曲調は意外にそれほどでもありません。
コロラトゥーラが登場する場面では、むしろ心躍る気がするほどです。

スポンサードリンク


それは歌というよりほとんど器楽的な旋律に聴こえます。

この曲は初演時に夜の女王役を演じた、高音のコロラトゥーラが得意な
モーツァルトの義姉の技を発揮できるように作曲されました。




モーツァルト:歌劇 《魔笛》K.620より “夜の女王のアリア”
W.A.Mozart:The Magic Flute K.620 "Qeen Of The Night"

http://classical-music.sakura.ne.jp/Mozart-QeenOfTheNight.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 01:08 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日


ビゼー:「アルルの女」 第2組曲より “ファランドール”

ビゼー:アルルの女第1組曲&第2組曲&子供の遊び&美しきパースの娘
レーグナー(ハインツ)
キングレコード(2006-09-06)
おすすめ度の平均: 4.0
4有名曲の個性的演奏+チョイ秘曲の美しさ♪
4印象に残る冒頭のメロディー

♪友人のエルネスト・ギローによる名アレンジ

「アルルの女」はドーデの同名の戯曲にビゼーが作曲した27曲からなる劇付随音楽です。

予算から小編成のオーケストラにしたためか初演は不評でしたが、
音楽には自信のあったビゼーはこれを大編成に編曲。
抜粋した数曲からなる組曲として発表したところ見事に成功しました。

スポンサードリンク


またビゼーの死後、友人のエルネスト・ギローが新たに曲を抜粋、編曲して第2組曲を作りました。

“ファランドール”はそのラストを飾る曲です。
冒頭の旋律はフランス民謡「三人の王の行進」に基づいています。




ビゼー:「アルルの女」 第2組曲より “ファランドール”
Georges Bizet:L'Arlésienne Suite No.2 3. Farandole

http://andotowa.sakura.ne.jp/Bizet-Farandole.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 08:55 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする