スポンサードリンク




2010年07月13日


ロッシーニ:歌劇 《セビリアの理髪師》 序曲

セビリャの理髪師~ロッシーニ序曲集
シャイー(リッカルド)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2003-06-25)
おすすめ度の平均: 5.0
5キビキビしたロッシーニ節を如何なく堪能

♪イタリアの国民的喜歌劇を確立させたロッシーニ

ドイツにはウェーバーという国民歌劇の樹立者が存在しますが、
イタリアで同じく国民的喜歌劇を確立させたのはロッシーニです。

代表作である「セビリアの理髪師」は彼がまだ24歳の時の作品。
わずか3週間で書き上げたというこの歌劇はヨーロッパ中を湧かせ、
オペラ作曲家としてのロッシーニの名を不動のものとしました。

オペラには深刻なオペラ・セリアと娯楽的なオペラ・ブッファがあります。
「セビリアの理髪師」は後者のオペラ・ブッファに属しています。

成功後、熱烈な歓迎をもってウィーンを訪れたロッシーニ。
その時、訪問を受けたベートーヴェンは「セビリアの理髪師」を絶賛。
「あなたはオペラ・ブッファ以外のものを書いてはいけません」
と述べ、ロッシーニの才能を認めていたといいます。

他にもワーグナーが貧困時代、ロッシーニを目標としていたのは有名です。
またベルリオーズはウィリアムテル序曲を
「四つの部分に分かれた小さな交響曲」と賞賛しました。

しかしロッシーニは天才であるが故か雑なところもあり、
自分の過去の曲を使いまわすこともしばしばでした。

スポンサードリンク


現在、セビリアの理髪師 序曲とされている曲は、
実際には歌劇「ひどい誤解」の序曲として書かれたものが最初で、
その後二度、三度と他の歌劇に転用され続け
「セビリアの理髪師」で四度目の使用ということになります。

ですが裏を返せばそれだけロッシーニもこの序曲を気に入っていたと思われ、
だからこそ今日でも多くの人々に愛される序曲のひとつになっているのかもしれません。






Gioachino Antonio Rossini:"Barbiere di Siviglia" Overture
ロッシーニ:歌劇《セビリアの理髪師》序曲.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:27 | 歌劇 (Opera) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日


ワーグナー:歌劇《タンホイザー》から 「大行進曲 - 歌の殿堂をたたえよう」

ワーグナー:歌劇「タンホイザー」 (3CD) [Import]
新品最安価格:¥ 4,826 (3店出品)
中古最安価格:¥ 4,791 (2店出品)
発売日:2004-10-28
メーカー:ORFEO
カテゴリー:CD
アンドレ・クリュイタンス(指揮) バイロイト祝祭管弦楽団
フォーマット:Import from UK
ディスク数:3

♪第二幕 歌合戦の会場で登場する壮大な合唱曲

「タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦」が原題のこの歌劇は、
その名が示す通り、二つの伝説が物語のベースになっています。

タンホイザーはオーストリア公フリードリヒ2世に仕えた記録が残る、
13世紀ドイツに実在したミンネゼンガー(吟遊詩人)のひとりです。
彼が騎士道を外れ、快楽を追い放蕩したというのが一つ目の伝説。

もう一つの伝説「ヴァルトブルクの歌合戦」は、
1207年にヘルマン侯の宮殿で行われた、負けた方が命を落とすという歌合戦です。

ワーグナーはこの二つの伝説を巧みに組み合わせ、
そこに自らの思想を表した物語を加えて壮大な台本を書き上げました。
歌劇では愛欲に溺れ、無明の世界を彷徨うタンホイザーに対し、
我が身を捧げて神に祈るエリザヴェート姫の清廉な愛が救いとして描かれています。

スポンサードリンク


「タンホイザー大行進曲」と一般に呼ばれる今回の楽曲「歌の殿堂をたたえよう」は、
第二幕で歌合戦の会場となるヴァルトブルクの広間に入場する
貴族や騎士たちが、領主を讃えて盛大に歌う合唱曲です。
第九のように一回目は管弦楽のみで演奏され、二回目からは合唱も加わります。

演奏会で単独で取り上げられる際には、管弦楽のみの編曲版が多く使われています。
ここでも管弦楽版の演奏でお届けします。






R.Wagner:"Tannhäuser" Einzug der Gaste in die Wartburg
ワーグナー:歌劇 タンホイザー大行進曲.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:00 | 歌劇 (Opera) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日


ゴダール:ジョスランの子守歌

パブロ・カザルスの芸術
カザルス(パブロ)
BMG JAPAN(2007-11-07)

♪愛され続ける子守歌の名作

シューベルト、ブラームス、モーツァルト(フリース)…
クラシックの世界には数多くの子守歌の名曲が存在しています。

どれも流麗で美しく、子供への愛情が感じられる旋律が特徴です。
中でも一際抒情的な旋律で愛されているのがこの作品。

ゴダール作曲の歌劇「ジョスラン」の第二幕で歌われる子守歌です。

主人公のジョスラン(テノール)が鷲たちの住む洞窟の外で、
我が子に聖母マリアのご加護があることを願い切々と歌い上げます。
オペラのアリアですから劇的で哀切もあり、歌以外の編曲でも大変親しまれています。

作曲のバンジャマン・ゴダールは19世紀後半のフランスの作曲家です。
46年という短い生涯の間に室内楽曲、オペラ、歌曲等、多くの作品を書きました。

オペラ作曲家としての成功を望んでいた彼にとって「ジョスラン」は、
ブリュッセルで上演後パリでも上演されるという、うれしいヒット作となりました。

スポンサードリンク


しかし現在ゴダールが残した大半の作品は忘れ去られ、
唯一残る「ジョスランの子守歌」も元の歌劇が上演されることは殆どありません。
ゴダールの名は大衆的なサロン小品の作曲家として、記憶されるにとどまっています。

それでも「ジョスランの子守歌」という名作と共に、
彼はいつまでも愛され続けるでしょう。






Benjamin (Louis Paul) Godard:Lullaby of Jocelyn
ゴダール:ジョスランの子守歌.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 13:50 | 歌劇 (Opera) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日


プッチーニ:歌劇《ラ・ボエーム》から 「ムゼッタのワルツ〜私が街をあるけば」

プッチーニ:ラ・ボエーム全曲
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ポリドール(1990-08-25)
おすすめ度の平均: 4.5
3カラヤン向きの曲だが・・・
5ほかが翳んでしまう究極の名盤!
4パヴァロティの名唱
5こんな素晴らしいボエームはもう出ない

♪19世紀パリが舞台の夢多き芸術家たちの物語

最も偉大な作曲家はヴェルディ、最も親しめる作曲家はプッチーニ。
イタリア人たちの間で二人はよくそういわれているそうです。

台本にも文学的な格調の高さを求めたヴェルディに対し、
プッチーニは大衆にもわかりやすいものをオペラの題材としました。
それは現代のドラマにも通じる娯楽性さえ持ちあわせています。

そのため当時、彼の作品を芸術として認めない向きもありましたが、
大多数の聴衆はロマンティックで旋律も美しい音楽を歓迎しました。

「ラ・ボエーム」とはボヘミアンのフランス語表記です。
1830年代のパリには貧しくとも夢に生きる若き芸術家たちが多くいました。

このオペラはそうした若者たちの日常を描いたプッチーニの出世作です。
「トスカ」「蝶々夫人」と並ぶ、彼の3大オペラにも数えられています。

スポンサードリンク


「私が街をあるけば」は通称「ムゼッタのワルツ」として有名な第二幕のアリアです。
画家 マルチェロの元恋人であるミミが、パトロンを連れて登場する場面で歌われます。
カルメンの「ハバネラ」のようなコケティッシュな魅力のあるアリアです。









ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 03:44 | 歌劇 (Opera) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日


ドニゼッティ:歌劇《愛の妙薬》から 第二幕 アリア「人知れぬ涙」

ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」
ポップ(S)/ドヴォルスキー(T)/ワルベルク指揮
コロムビアミュージックエンタテインメント(2008-09-24)
おすすめ度の平均: 4.0
4ポップ・ファン必携の「妙薬」

♪村の娘への純粋な愛を歌い上げる名アリア

世界3大テノールが競演の度に取り合いになったという曲です。
リリック・テノールのアリアの中でも最高傑作と謳われています。

作曲者のドニゼッティは19世紀イタリアオペラの重要人物です。
興隆を極めたロッシーニが37歳にして突如筆を折って間もなく、
その後のイタリアオペラ界を担う二人の作曲家、
ガエターノ・ドニゼッティとヴィンチェンツォ・ベッリーニが登場しました。
ヴェルディが現れるまでのイタリアオペラはこの二人の時代でした。

ドニゼッティは速筆で知られ、生涯に70作ものオペラを書いています。
方やベッリーニは慎重に推敲を重ねるタイプでした。
そのためドニゼッティの作品はベッリーニに比べ軽く見られがちですが、
実際はひらめき型の天才で、一気に集中して書き上げるタイプだったようです。

また初期にはオペラより器楽曲の作曲が中心で、
鍵盤楽器曲も数多く残されています。

スポンサードリンク


「愛の妙薬」はオペラ作曲家としての地位を確立させた作品であり、
同時に彼の代表作のひとつとして上演され続けています。
その第二幕第二場で、純粋な農村青年ネモリーノが、
村娘アディーナを想い切々と歌い上げるのがアリア「人知れぬ涙」です。

台本作家フェリーチェ・ロマーニは当初、この名アリアを不要としましたが、
最終的にはドニゼッティの主張でオペラに挿入されることになりました。






Gaetano Donizetti:L'elisir d'amore act2 "Una furtiva lagrima"
ドニゼッティ:歌劇《愛の妙薬》-人知れぬ涙.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:38 | 歌劇 (Opera) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする