=テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック=
フィギュアスケート4大陸選手権 初優勝
......................................................................................
♬ 羽生結弦選手 / ショパン:バラード第1番

スポンサードリンク



2007年07月26日


フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調 第1楽章

フランク&エルガー : ヴァイオリン・ソナタ
五嶋みどり
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(2004-11-17)
おすすめ度の平均: 4.5
5世界に通用する五嶋みどり
4エルガーの「熱さ」
4貴重なCD
4値段安いですよね、内容の割には
5ピアノの旋律にも耳を傾けて

♪芸術性と豊かな精神性を誇るヴァイオリンソナタの傑作

ベルギー出身で隣国フランスで活躍したセザール・フランクほど
“大器晩成”という言葉がぴったりの作曲家もいません。

現在、代表作として残っている作品のほとんどは
60歳を過ぎてからのもので、それまでは
敬虔なクリスチャンとして、教会のオルガニストの
職務に従事したとてもひっそりとした生活ぶりでした。

スポンサードリンク


彼の唯一のヴァイオリンソナタは、ピアノが単なる伴奏に
とどまらずヴァイオリンと対等に張り合うのが特徴で、
ベートーヴェンの「クロイツェル」と並ぶ、ヴァイオリニスト必須の名作です。
同郷の後輩である名ヴァイオリニスト、ウジェーヌ・イザイに献呈されました。

このソナタの本領は第2楽章以降ですが、
その前に置かれた第1楽章も一見地味な印象ながら
聴くほどに味の出る、気の利いた逸品です。





César Franck:Sonata for Violin and Piano in A major
1. Allegretto moderato
フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:22 | 室内楽曲 (Chamber music) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日


ラフ:《ヴァイオリンとピアノのための6つの小品》 から 「カヴァティーナ」 Op.85-3

哀愁のトリステ
哀愁のトリステ
posted with あまなつ on 2008.10.13
川畠成道
ビクターエンタテインメント(2003-03-21)
おすすめ度の平均: 4.5
5今、川畠氏の心を突き動かすもの。
4哀愁のトリステ

♪様々にアレンジされ楽しまれているヴァイオリンの小品

ラフはロマン派時代、スイス出身のピアニスト、作曲家です。
はじめは学校の教師をしながら、日曜コンサートに
出演するなどの活動でしたが、作品を送った
メンデルスゾーンに認められたのをきっかけに音楽家を志し、
後にリストの助手として演奏旅行についてまわり、
彼の作品の管弦楽アレンジなどを通して腕を上げていきました。

1857年発表の、ピアノと管弦楽のための「春への頌歌」の
成功により作曲家としての道は開かれ、最終的には
11の交響曲をはじめ、ピアノ曲や室内楽など多くの作品を残しました。

スポンサードリンク


しかし現在ではヴァイオリンとピアノのための
「カヴァティーナ」のみが一般に知られるにとどまっています。
長らくそうした状態が続きましたが、近年になって
交響曲全集がCD化されるなど、再評価の機運も高まっています。





Joseph Joachim Raff:Cavatina Op.85-3
ラフ:カヴァティーナ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:34 | 室内楽曲 (Chamber music) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日


ゴセック:ガヴォット

アンダルシアのロマンス
前橋汀子
ソニーレコード(2000-02-19)

♪スタッカート奏法が愛らしいヴァイオリンの小品

ハイドンから2年後の1734年にベルギーで生まれたゴセックは、
17歳でフランスに出てパリで活躍した古典派の作曲家です。
30曲に及ぶ数の交響曲を残しており
「フランス交響曲の父」として、その業績は高く評価されています。
またパリ音楽院創設にあたっても、
作曲科の教授として音楽家の育成に貢献しました。

指揮者でもあった彼は同時代のハイドンの交響曲も
積極的に取り上げていて、やがて自身の交響曲より
ハイドンの作品の方がパリでの人気が高まり、
作曲は次第にオペラ中心になっていきました。

スポンサードリンク


そうした時代の作品のひとつ、
歌劇「ロジーヌ」で登場するのが「ガヴォット」です。
ヴァイオリン用に編曲されたものが広まり、現在ではほとんど
「ガヴォット」1曲で、ゴセックの名は一般に知られています。
ヴァイオリンの初級教則本の定番であり、
その他至るところで耳にする機会の多い愛らしい小品です。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 07:54 | 室内楽曲 (Chamber music) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日


ボロディン:弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調 第3楽章 「ノクターン」

アンダンテ・カンタービレ〜ロシアへの誘い/ボロディン四重奏団
ボロディン四重奏団
ワーナーミュージック・ジャパン(2000-06-21)

♪メロディーメイカー・ボロディンを代表する名旋律

ボロディンは本職が化学者であるにもかかわらず、
忙しい合間を縫っての日曜作曲家的創作活動ながら、
印象的な作品を数多く残しました。
そして実はボロディンもチャイコフスキーや
ラフマニノフを生み出したロシアならではの、
優れたメロディーメイカーといえます。

「ダッタン人の踊り」でのオーボエによる郷愁を誘う旋律を始め、
弦楽四重奏曲第2番と同時期に作曲された交響詩
「中央アジアの草原にて」でも、胸の奥深くに
響くような旋律が次々登場します。
そして今回お届けする「ノクターン」も、
ボロディンならではの親しみやすく美しい旋律から、
単独でよく取り上げられる名作です。

スポンサードリンク


和音進行は「中央アジアの草原にて」にも通じる
ベースの半音下降ですが、これはベートーヴェン
交響曲第7番 第1楽章の序奏でも同じ調で見られますね。

さて演奏ですが本来は弦楽四重奏曲ですが、
今回はポピュラーなアレンジである
ストリングス・オーケストラ版でお送りします。





Alexander Borodin:Quartet for 2 Violins, Viola and Violoncello
in D major 3. Nocturne
ボロディン:ノクターン.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:01 | 室内楽曲 (Chamber music) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日


チャイコフスキー:「なつかしい土地の思い出」Op.42-3 《メロディ 》

フランク:ヴァイオリンソナタ
高橋悠治 古澤巌
エイベックス・クラシックス(2006-09-06)
おすすめ度の平均: 4.5
5すんばらしいっっ!
4しっとりとした木肌の音色

♪チャイコフスキーらしいひたすら優しく美しい旋律

「なつかしい土地の思い出」はチャイコフスキーにとって
唯一の、ピアノとヴァイオリンのための作品です。
全3曲からなり、第3曲「メロディ」は演奏会のアンコールでも
よく取り上げられるなど、最も有名な作品です。

また、第1曲の「瞑想曲」は当初、
ヴァイオリン協奏曲の第2楽章になる予定だったらしく、
3曲中では時間が最も長く、重厚な趣きが特徴です。
ヴァイオリン協奏曲での使用をやめたあとも作品を捨てきれず、
これに2曲を追加して完成させたのが
「なつかしい土地の思い出」というわけです。

スポンサードリンク


ちなみに“なつかしい土地”とはチャイコフスキーが
療養に訪れたスイス、レマン湖畔のクラランスのことです。





Tchikovsky:Melodie Op.42 No.3 from “Souvenir dun lieu cher”



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:05 | 室内楽曲 (Chamber music) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日


J.S.バッハ:フルートソナタ第2番 変ホ長調 BWV1031 第2楽章 《シチリアーノ》

バッハ:フルート・ソナタ[全曲](再プレス)
ランパル(ジャン=ピエール)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) (2008-01-31)
おすすめ度の平均: 5.0
5 フルートの愉悦、ここに極まる!
5 太い鳴りがする
5 演奏家の人柄が伝わってくるバッハ

♪一度聴いたら忘れられない気品あふれる名旋律

バッハはフルートのためのソナタを数多く書いています。
中でも単一の楽章としては多分、最も一般に
知られているであろう曲がこの「シチリアーノ」です。
以前ご紹介したフォーレやレスピーギの作品と並んで
“3大シチリアーノ”と呼んでもいいかもしれません。

スポンサードリンク


ところが最近の研究では、バッハの「シチリアーノ」は
彼の息子か弟子の作品という見方も強いようです。
何しろ今から300年ほども前の作曲家なのですから、
こうしたことが起こっても無理はありません。
真偽のほどは定かではありませんが、
変わらず名曲として親しまれていくことは間違いないでしょう。

チェンバロはミュートして弾かれることが多いようですが、
今回はそのままでお届けします。





J.S.Bach:Sonata for flute and harpsichord No.2 in E flat major, BWV1031
2. Siciliano
J.S.バッハ:フルートソナタ第2番 シチリアーノ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 01:56 | 室内楽曲 (Chamber music) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日


ドヴォルザーク:《ユーモレスク》 変ト長調 Op.101 第7番

カンタービレ (CCCD)
カンタービレ (CCCD)
posted with amazlet on 07.05.06
千住真理子
東芝EMI (2003/08/27)
おすすめ度の平均: 3.5
5 デュランティに潜む魔性を描ききる
5 千住真理子&ストラディバリウスの最強タッグ☆

♪列車のリズムが楽しく軽快な音楽に

ゴールデンウィーク最後の日にふさわしい曲を1曲。
のどかな休日を思わせる、有名な「ユーモレスク」です。

最近、鉄道オタクをテーマにしたドラマをやっていますが、
ドヴォルザークこそクラシック界を代表する
筋金入りの鉄道マニアでした。
本職の作曲に携わる以外の時間は鉄道模型を製作するか、
操車場に行って機関車を何時間も眺めていたそうです。
本物の機関車を手に入れるためならすべての自作曲を
手放してもいいとさえ言っています。

スポンサードリンク


「ユーモレスク 変ト長調」は「8つのユーモレスク」
というピアノ曲集の第7番目の曲ですが、
出だしの8小節は眠りに落ちようとする時に走り出す、
ガッタンゴットンという汽車のリズムを表しているそうです。
まさに“寝ても覚めても蒸気機関車”といったところでしょうか。

音楽院の院長として滞在したアメリカでの、
黒人音楽体験の影響がここでも、五音階旋律などの形で表れています。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:04 | 室内楽曲 (Chamber music) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日


モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525 第1楽章

モーツァルト:セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
ベーム(カール)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-10-24)
おすすめ度の平均: 5.0
5アイネ・クライネ・ナハトムジークのベスト盤
5モーツアルトの基本です
5心が安らぎます
5模範となる演奏のひとつ
5アイネ・クライネならこれ

♪モーツァルト晩年の輝かしい傑作

名曲揃いのモーツァルト作品の中でも、特に広く知られた楽曲です。

最後の交響曲「ジュピター」の前年に作曲されたこの曲は、
「ジュピター」同様すべてを越えたような力強さと輝きに満ちています。
特に第1楽章はモーツァルトの代名詞的な音楽で、
ここからクラシックに入ったという方も多いのではないかと思います。

スポンサードリンク


「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」はドイツ語で「小さな夜の曲」という意味です。
また“セレナーデ”はドイツ語読みで、英、仏では
“セレナード”、イタリアでは“セレナータ”と呼びます。


モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525 第1楽章
W.A.Mozart:Serenade in G KV.525
Eine kleine Nachtmusik :1st movement, Allegro



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:35 | 室内楽曲 (Chamber music) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日


ブラームス:弦楽六重奏曲 第1番 変ロ長調 Op.18 第2楽章

ブラームス:弦楽六重奏曲第1番・第2番
新品最安価格:15%OFF ¥ 1,011 (5店出品)
5.0点 幽玄の響き、ブラームスの弦楽六重奏曲
発売日:2010-09-22
メーカー:日本コロムビア
アーティスト:スメタナ四重奏団員 コチアン四重奏団
フォーマット:Blu-spec CD

♪真摯な音楽をつつむ重厚な響き

この曲を書いた頃のブラームスはまだ若い27歳の青年で、
作曲家としてよりも優れたピアニストとして知られていました。
弦楽四重奏曲には先人の名曲が多く、創作を躊躇していましたが、
弦楽六重奏曲には古典でも作品は少なく、
また自らの作風にあっていたためか早くから着手しています。

弦楽六重奏とは四重奏にヴィオラとチェロを1本ずつ追加した編成で、
とても落ち着いた重厚な響きが特徴です。
また単に音に厚みが出るばかりでなく、パート数が
増えることからより多用な旋律展開も表現できます。
ヴィオラもチェロも2本がそれぞれ違うことをやっています。

今回はストリングスオーケストラ・バージョンでお届けします。
チェロのパートはコントラバスにまわっています。






J.Brahms:Strings Sextet No.1
2. Thema con variazioni Andante,ma moderato
ブラームス:弦楽六重奏曲 第1番 第2楽章.mp3


ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:15 | 室内楽曲 (Chamber music) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日


チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48 第2楽章「ワルツ」

チャイコフスキー:弦楽セレナード
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2002-09-25)
おすすめ度の平均: 4.0
4定番中の定番
5ドイツ物よりもよい
3弦セレ導入盤
3確かに豪華だが...
5とても華麗な演奏

♪敬愛するモーツァルトに倣って作曲されたセレナーデ

チャイコフスキーは同時代の他のロシアの作曲家たちと違い、
民族色よりも伝統的西洋音楽の方向性を向いていました。

弦楽セレナーデを作曲した時期の彼の作品にはバロックや古典への接近が見られ、
このセレナーデは特に、彼が愛したモーツァルトへの傾倒が感じられます。
こうした古典的なスタイルで純粋に感動的な弦楽オーケストラ作品をめざしたのです。

スポンサードリンク


チャイコフスキーはパトロンだったメック夫人に向けてこんな手紙を残しています…。

「内的な強い衝動によって作曲され、芸術的な価値を失わないものと感じています」




チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48 第2楽章「ワルツ」
Tchaikovsky:Serenade in C, Op.48, for strings
2. Moderato Tempo di Valse

https://classical-sound.up.seesaa.net/Tchikovsky-StringsSerenade-2.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 03:31 | 室内楽曲 (Chamber music) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする