テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年09月28日


ポルムベスク:望郷のバラード

望郷のバラード~ベストコレクション~
天満敦子
アート・ユニオン(2003-11-01)
おすすめ度の平均: 5.0
5望郷のバラード
5天満さんのバイオリン、とっても素敵です
5わび、さびの表現されたヴァイオリン演奏
4美しく切ない音色のアルバムです!

♪百年の時を経て甦ったヴァイオリンの秘曲

1977年、ドイツ旅行中だった外交官岡田眞樹は、
郊外の小さな町で毎夜同じ曲を奏でる
ルーマニア人の音楽家イオン・ベレシュに出会います。
彼はチャウシェスク政権を逃れて亡命中であり、
故郷を想ってその曲を弾いているのだと語りました。

ふたりは8年後再会を果たし、その際ベレシュは岡田に
「もしこの曲にふさわしいヴァイオリニストが見つかった時は、
私が行くことのできないあなたの母国でこの曲を
演奏していただけませんか?」と例の曲の譜面を渡しました・・・。

作曲者のポルムベスクはブルックナーに師事し、
将来を嘱望されたルーマニアの作曲家です。
独立運動に参加して投獄され29歳の若さでこの世を去りました。
彼が獄中から故郷と、そこにいる愛する人のことを想い
作曲したのが「望郷のバラード」です。

スポンサードリンク


長い年月を経て、天満敦子さんというふさわしいヴァイオリニストの
手によってCD録音されたのは1993年。
その後日本でも多くの人に知られるようになり、
また天満さんのテーマ曲のような存在になっています。

朝日新聞に連載された高樹のぶ子さんの小説「百年の預言」は、
ほぼこのいきさつに基づいて書かれています。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:19 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日


ボロディン:弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調 第1楽章

ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」他
ボロディン四重奏団
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-04-25)
おすすめ度の平均: 5.0
5ボロディンSQの名演が冴える

♪愛の告白から20周年を記念した妻への贈り物

金曜の深夜、NHK-BS2でいつもクラシックの特集があります。

番組中の休憩時間で、ヨーロッパの美しい風景と共に流れる
印象的な曲がありますが、それが今回お届けする
ボロディンの「弦楽四重奏曲第2番」の第1楽章です。

時に番組本編よりも感動的に聴こえることすらあるこの曲は、
有名な第3楽章「ノクターン」と並ぶ、四重奏曲中の人気楽章です。

スポンサードリンク


作品は愛の告白から20周年を迎えた妻、
エカテリーナ・ボロディナに記念として献呈されています。
やさしい曲想の中にボロディンの人柄と、妻への思いが表れているかのようです。

本来はヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロの弦4本による編成ですが、
今回はコントラバスも追加した弦楽合奏版でお送りします。





Alexander Borodin:String Quartet No.2 in D major
1. Allegro Moderato
ボロディン:弦楽四重奏曲 第2番 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:35 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日


ブラーガ:天使のセレナーデ

NHK 名曲アルバム 13.特選名曲集〜主よ、人の望みの喜びよ〜
外山雄三
ポリドール(2000-04-01)

♪ロマンチックなイメージ広がるチェロの小品

イタリア出身のチェロの巨匠、ガタエーノ・ブラーガは
生涯の大半を演奏旅行に費やしました。

ナポリでチェロをマスターした後に始まったその旅は、
故郷イタリアに始まり全ヨーロッパ、アメリカにまで及びました。
そして最後にはパリ、ロンドンに腰を落ち着け、
そこで活動を続けました。

作曲家としては歌劇や歌曲も作曲しましたが、
ブラーガといえば「天使のセレナーデ」が最もよく知られています。

スポンサードリンク


原曲となった歌曲「ワラキアの伝説」は、
夢うつつの中で天使の呼びかけを聞く少女と、
それを枕元で心配そうに見守る母の対話の物語です。





Gaetano Braga:Angel's Serenade
ブラーガ:天使のセレナーデ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:03 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日


フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調 第1楽章

フランク&エルガー : ヴァイオリン・ソナタ
五嶋みどり
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(2004-11-17)
おすすめ度の平均: 4.5
5世界に通用する五嶋みどり
4エルガーの「熱さ」
4貴重なCD
4値段安いですよね、内容の割には
5ピアノの旋律にも耳を傾けて

♪芸術性と豊かな精神性を誇るヴァイオリンソナタの傑作

ベルギー出身で隣国フランスで活躍したセザール・フランクほど
“大器晩成”という言葉がぴったりの作曲家もいません。

現在、代表作として残っている作品のほとんどは
60歳を過ぎてからのもので、それまでは
敬虔なクリスチャンとして、教会のオルガニストの
職務に従事したとてもひっそりとした生活ぶりでした。

スポンサードリンク


彼の唯一のヴァイオリンソナタは、ピアノが単なる伴奏に
とどまらずヴァイオリンと対等に張り合うのが特徴で、
ベートーヴェンの「クロイツェル」と並ぶ、ヴァイオリニスト必須の名作です。
同郷の後輩である名ヴァイオリニスト、ウジェーヌ・イザイに献呈されました。

このソナタの本領は第2楽章以降ですが、
その前に置かれた第1楽章も一見地味な印象ながら
聴くほどに味の出る、気の利いた逸品です。





César Franck:Sonata for Violin and Piano in A major
1. Allegretto moderato
フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:22 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日


ラフ:《ヴァイオリンとピアノのための6つの小品》 から 「カヴァティーナ」 Op.85-3

哀愁のトリステ
哀愁のトリステ
posted with あまなつ on 2008.10.13
川畠成道
ビクターエンタテインメント(2003-03-21)
おすすめ度の平均: 4.5
5今、川畠氏の心を突き動かすもの。
4哀愁のトリステ

♪様々にアレンジされ楽しまれているヴァイオリンの小品

ラフはロマン派時代、スイス出身のピアニスト、作曲家です。
はじめは学校の教師をしながら、日曜コンサートに
出演するなどの活動でしたが、作品を送った
メンデルスゾーンに認められたのをきっかけに音楽家を志し、
後にリストの助手として演奏旅行についてまわり、
彼の作品の管弦楽アレンジなどを通して腕を上げていきました。

1857年発表の、ピアノと管弦楽のための「春への頌歌」の
成功により作曲家としての道は開かれ、最終的には
11の交響曲をはじめ、ピアノ曲や室内楽など多くの作品を残しました。

スポンサードリンク


しかし現在ではヴァイオリンとピアノのための
「カヴァティーナ」のみが一般に知られるにとどまっています。
長らくそうした状態が続きましたが、近年になって
交響曲全集がCD化されるなど、再評価の機運も高まっています。





Joseph Joachim Raff:Cavatina Op.85-3
ラフ:カヴァティーナ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:34 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日


ゴセック:ガヴォット

アンダルシアのロマンス
前橋汀子
ソニーレコード(2000-02-19)

♪スタッカート奏法が愛らしいヴァイオリンの小品

ハイドンから2年後の1734年にベルギーで生まれたゴセックは、
17歳でフランスに出てパリで活躍した古典派の作曲家です。
30曲に及ぶ数の交響曲を残しており
「フランス交響曲の父」として、その業績は高く評価されています。
またパリ音楽院創設にあたっても、
作曲科の教授として音楽家の育成に貢献しました。

指揮者でもあった彼は同時代のハイドンの交響曲も
積極的に取り上げていて、やがて自身の交響曲より
ハイドンの作品の方がパリでの人気が高まり、
作曲は次第にオペラ中心になっていきました。

スポンサードリンク


そうした時代の作品のひとつ、
歌劇「ロジーヌ」で登場するのが「ガヴォット」です。
ヴァイオリン用に編曲されたものが広まり、現在ではほとんど
「ガヴォット」1曲で、ゴセックの名は一般に知られています。
ヴァイオリンの初級教則本の定番であり、
その他至るところで耳にする機会の多い愛らしい小品です。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 07:54 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日


ボロディン:弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調 第3楽章 「ノクターン」

アンダンテ・カンタービレ〜ロシアへの誘い/ボロディン四重奏団
ボロディン四重奏団
ワーナーミュージック・ジャパン(2000-06-21)

♪メロディーメイカー・ボロディンを代表する名旋律

ボロディンは本職が化学者であるにもかかわらず、
忙しい合間を縫っての日曜作曲家的創作活動ながら、
印象的な作品を数多く残しました。
そして実はボロディンもチャイコフスキーや
ラフマニノフを生み出したロシアならではの、
優れたメロディーメイカーといえます。

「ダッタン人の踊り」でのオーボエによる郷愁を誘う旋律を始め、
弦楽四重奏曲第2番と同時期に作曲された交響詩
「中央アジアの草原にて」でも、胸の奥深くに
響くような旋律が次々登場します。
そして今回お届けする「ノクターン」も、
ボロディンならではの親しみやすく美しい旋律から、
単独でよく取り上げられる名作です。

スポンサードリンク


和音進行は「中央アジアの草原にて」にも通じる
ベースの半音下降ですが、これはベートーヴェン
交響曲第7番 第1楽章の序奏でも同じ調で見られますね。

さて演奏ですが本来は弦楽四重奏曲ですが、
今回はポピュラーなアレンジである
ストリングス・オーケストラ版でお送りします。





Alexander Borodin:Quartet for 2 Violins, Viola and Violoncello
in D major 3. Nocturne
ボロディン:ノクターン.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:01 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日


チャイコフスキー:「なつかしい土地の思い出」Op.42-3 《メロディ 》

フランク:ヴァイオリンソナタ
高橋悠治 古澤巌
エイベックス・クラシックス(2006-09-06)
おすすめ度の平均: 4.5
5すんばらしいっっ!
4しっとりとした木肌の音色

♪チャイコフスキーらしいひたすら優しく美しい旋律

「なつかしい土地の思い出」はチャイコフスキーにとって
唯一の、ピアノとヴァイオリンのための作品です。
全3曲からなり、第3曲「メロディ」は演奏会のアンコールでも
よく取り上げられるなど、最も有名な作品です。

また、第1曲の「瞑想曲」は当初、
ヴァイオリン協奏曲の第2楽章になる予定だったらしく、
3曲中では時間が最も長く、重厚な趣きが特徴です。
ヴァイオリン協奏曲での使用をやめたあとも作品を捨てきれず、
これに2曲を追加して完成させたのが
「なつかしい土地の思い出」というわけです。

スポンサードリンク


ちなみに“なつかしい土地”とはチャイコフスキーが
療養に訪れたスイス、レマン湖畔のクラランスのことです。





Tchikovsky:Melodie Op.42 No.3 from “Souvenir dun lieu cher”



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:05 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日


J.S.バッハ:フルートソナタ第2番 変ホ長調 BWV1031 第2楽章 《シチリアーノ》

バッハ:フルート・ソナタ[全曲](再プレス)
ランパル(ジャン=ピエール)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) (2008-01-31)
おすすめ度の平均: 5.0
5 フルートの愉悦、ここに極まる!
5 太い鳴りがする
5 演奏家の人柄が伝わってくるバッハ

♪一度聴いたら忘れられない気品あふれる名旋律

バッハはフルートのためのソナタを数多く書いています。
中でも単一の楽章としては多分、最も一般に
知られているであろう曲がこの「シチリアーノ」です。
以前ご紹介したフォーレやレスピーギの作品と並んで
“3大シチリアーノ”と呼んでもいいかもしれません。

スポンサードリンク


ところが最近の研究では、バッハの「シチリアーノ」は
彼の息子か弟子の作品という見方も強いようです。
何しろ今から300年ほども前の作曲家なのですから、
こうしたことが起こっても無理はありません。
真偽のほどは定かではありませんが、
変わらず名曲として親しまれていくことは間違いないでしょう。

チェンバロはミュートして弾かれることが多いようですが、
今回はそのままでお届けします。





J.S.Bach:Sonata for flute and harpsichord No.2 in E flat major, BWV1031
2. Siciliano
J.S.バッハ:フルートソナタ第2番 シチリアーノ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 01:56 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする