このページへチップを贈る

2010年08月07日


レスピーギ:交響詩《ローマの松》 第4部 「アッピア街道の松」

レスピーギ : 交響詩「ローマの松」
トスカニーニ(アルトゥーロ)
BMGメディアジャパン(1999-05-21)
おすすめ度の平均: 4.5
5他の録音とは根本的に別世界です。
5絢爛豪華な音の絵巻物の歴史的名演奏
4良くも悪くもトスカニーニ
5トスカニーニにしかできない、決定的名盤
4権威的で、かつ象徴的なローマ3部作

♪古代ローマへの憧憬と幻想を勇壮な管弦楽で描く

レスピーギと言えば代名詞的に引き合いに出されるローマ三部作。
印象派的な「ローマの噴水」、芸術的な「ローマの松」、
そして通俗的な「ローマの祭」の三作の交響詩です。

この中で最も取り上げられるのは、演奏効果も高いローマの松です。
自ら指揮した初演のプログラムにレスピーギはこう記しています。

「『ローマの松』では私は、記憶と幻想を呼び起こすために
出発点として自然を用いた。極めて特徴をおびてローマの風景を支配している
何世紀にもわたる樹木は、ローマの生活での主要な事件の証人となっている。」

松に象徴される自然を、時代を見つめる生きた証人とすることで、
憧憬や幻想も含めた古代ローマへの郷愁を音楽を通して描いています。

全4部からなるこの交響詩の最後を飾るアッピア街道の松は、
オーケストラ・サウンドの醍醐味を堪能できる壮大な作品です。

スポンサードリンク


あたかもラヴェルのボレロのように盛り上がっていく様はまさに圧巻。
リムスキー=コルサコフに師事したレスピーギのオーケストレーション力が、
5分ほどの曲の中に凝縮され、遺憾なく発揮されています。

舞台裏にも置かれた金管楽器は、場合によって客席の脇、後方、
または2階席等にも配置され、劇的で立体的な音響を響かせることもあります。

アッピア街道は古代ローマの国道一号線とも言える原点のような道。
“すべての道はローマに通ず”と言いますが、
古代ローマ軍の進軍の様子を描いたこの曲は、
同時に人類のたゆまぬ文明の進歩を描いているようにも聴こえてきます。






Ottorino Respighi:"Pines of Rome"
4. The Pines of the Appian Way
レスピーギ:交響詩《ローマの松》-アッピア街道の松.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:22 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日


ストラヴィンスキー:バレエ音楽《春の祭典》 第1部 大地礼讃 2.春の兆し

ストラヴィンスキー:春の祭典
ブーレーズ(ピエール)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2007-09-05)
おすすめ度の平均: 4.5
4目下のファイナルアンサー
5すごい!

♪ロシア音楽界の巨星が生んだ現代音楽の古典

20世紀初頭のロシアに現れた音楽界の巨人ストラヴィンスキー。
“現代音楽の父”とも称される彼の音楽は斬新かつ先鋭的で、
それまでの音楽の概念を根底から覆す程に衝撃的なものでした。

親の意向で法律家を志し大学に入ったストラヴィンスキーでしたが、
幼い頃から続く音楽への思いは断ちきれず、父親の死を機に
法律家の道を捨て、本格的に音楽を志すようになります。
師事したのは管弦楽の大家、リムスキー=コルサコフでした。

その成果は師匠の死からほどなくして実を結ぶことになります。

稀代の興行師ディアギレフがストラヴィンスキーを知ったのは、
初演された新作「花火」を聴いた1908年のこと。
「花火」は元々、コルサコフの娘の結婚祝いに作曲された作品でした。

その才能を見抜いたディアギレフは、すぐさま新作バレエの音楽を依頼しました。
その時、28歳の無名の作曲家だったストラヴィンスキーを、一躍有名にした「火の鳥」です。

この作品の成功後、ディアギレフは「ぺトルーシュカ」「春の祭典」の2曲を、
バレエ用音楽として作曲することをストラヴィンスキーに依頼しました。
これらのバレエ音楽が今日に至るストラヴィンスキーの名声の柱になっています。

「春の祭典」は「火の鳥」作曲中にストラヴィンスキーが見た、
異教徒たちが若い娘を太陽神に捧げる儀式という幻影が元になっています。
サン=サーンス、ドビュッシー、ラヴェルなどの顔ぶれが揃った
1913年の春、パリのシャンゼリゼ劇場で行われた初演は、
音楽史上に刻まれる未曾有の大騒動を引き起こしました。

原始的で激しいリズム、交錯する複調の和音…。
演奏開始から客席はざわつき、やじや口笛で反感を表す者、
また反対に感激で拍手を鳴らす者と、双方が入り乱れ劇場は騒乱のるつぼと化したのです。


スポンサードリンク


しかし、ストラヴィンスキーを支持した指揮者ピエール・モントゥーは毅然と演奏を続け、
「とにかく最後まで聴いて下さい」と叫びつつ何とか舞台を終わらせたのです。

現代の私たちが聴いても刺激的でスリリングな作品です。
100年近くも前の人たちには、理解の範疇を越えたものであったとしても無理はないでしょう。
しかし「春の祭典」は今では揺るがぬ古典的名作であり、
時代を越えたストラヴィンスキーの才能は現代にも燦然と輝き続けているのです。


Igor Fyodorovitch Stravinsky:The Rite of Spring Part1 : 2.The Augurs of Spring
ストラヴィンスキー:バレエ音楽《春の祭典》 第1部 大地礼讃 2.春の兆し

*楽曲は作曲者の著作権が存続中のため、ストリーミング再生のみです。



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:18 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日


ワーグナー:ジークフリート牧歌

R.シュトラウス:交響詩〈ドン・ファン〉
クレンペラー(オットー)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2006-02-15)
おすすめ度の平均: 4.0
4至純なワーグナー

♪愛する妻の誕生日に奏でられた音楽の贈りもの

1870年12月25日の早朝のことでした。
スイス・ルツェルンのワーグナー邸の曲がり階段には、
この日のために集められた楽団員たちがスタンバイしていました。

最上段のワーグナーが指揮を振り始めると、
そこには世にも美しい楽の音が響き渡っていきました。
驚いて部屋から出てきた妻と3人の子供たち。

その曲はこの日が誕生日の妻コジマへのプレゼントとして作曲され、
密かに練習が重ねられてきた室内管弦楽用の音楽でした。
そしてこの曲は夫妻の初めての男の子の名であり、
また自らの楽劇のタイトルにもちなんで「ジークフリート牧歌」と名づけられました。

演奏が終わるとワーグナーは、感激に震える妻のもとに歩み寄り、
総譜を手渡したといいます。
子供たちもこの作品を「階段の音楽」と呼んで喜び、
その日のうちに何度もアンコール演奏されたということです。

リストの娘にして指揮者ハンス・フォン・ビューローの妻でもあったコジマは、
ワーグナーとは24歳も離れた年下の女性でした。
しかし二人は出会って間もなく惹かれあい、
数年後晴れて結婚できた時にはすでに3人の子供がいたのです。

スポンサードリンク


楽劇の中では官能と純愛の対比を描き、
女性の至純な愛の勝利を謳ってきたワーグナー。
コジマと3人の子供たちに囲まれたルツェルンでの暮らしは、
そんな彼の理想が現実となったかのような、
人生の中で最も幸福な時だったのかもしれません。

娘ほどに年の離れたコジマをワーグナーがどれほど純粋な心で愛し、
大切に想っていたかが、この作品のたおやかな旋律に滲み出ています。




R.Wagner:Siegfried-Idyll

http://andotowa.sakura.ne.jp/Wagner-Siegfried-Idyll.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:49 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日


デュカス:交響詩 《魔法使いの弟子》

デュカス:魔法使いの弟子
フルネ(ジャン)
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
コロムビアミュージックエンタテインメント(2004-03-24)
おすすめ度の平均: 5.0
5ファンタジアの三曲目といえばやっぱりこれでしょう!
5壮麗・豪華な異国趣味の傑作オーケストラ作品

♪ゲーテ作のバラードを華麗な管弦楽で見事に表現

ポール・デュカスは19〜20世紀に活動したフランスの作曲家です。
14歳で独学で音楽の勉強を始め、17歳でパリ音楽院に入学。
その後は地道な音楽活動を続け、パリ音楽院の教授も務めました。

デュカスは孤独を愛した完全主義者で、元来多作家ではない上に、
1920年代には大半の自作曲を納得いかずに破棄してしまいました。
そうして残ったのは、わずかに13曲ほどだといいます。

そんな自信作のひとつが交響的スケルツォ「魔法使いの弟子」です。
ゲーテの同名のバラードの仏語訳を原典としています。

…ある日のことです。
老いた魔法使いが雑用を弟子に言い残して旅立ってしまいました。
残された弟子は言い付けられた水汲みに飽き、
箒に魔法をかけて代わりに仕事をさせますが、
未熟な弟子の魔法のため床は水浸しに。

魔法を解く呪文を知らない弟子は困り果て、鉈で箒を真二つに割ってしまいます。
ところが今度は箒が2本となって、更にすごい勢いで水を汲み出し、
辺りは洪水のようになってしまいました。
そこへ師の魔法使いが帰ってきて、たちまちこれを鎮め、
弟子を叱りつける…という物語です。

スポンサードリンク


デュカスの交響詩はこれに沿って、音楽で情景を描写していきます。
フランクに学び、同世代のドビュッシーらの影響も受けた彼の音楽は、
伝統的な構築性とフランス的な色彩感が融合した独特の世界をもっています。

「魔法使いの弟子」といえば、ミッキーマウスが弟子に扮した、
ディズニー映画「ファンタジア」での使用が特に有名です。
ディズニーは映画化にあたり、当時の名指揮者ストコフスキーに直接話を持ちかけ、
数曲のクラシック曲を選んで映像化しました。

映画での「魔法使いの弟子」は、ストコフスキーによるオリジナル編曲です。
冒頭のピチカートを省略したほか、随所に手が加えられています。

*本ファイルはデュカスの原典版です。




P.Dukas:The Sorcerer's Apprentice

http://classical-music.aki.gs/077-Dukas-Sorcerers-Apprentice.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:49 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日


ラヴェル:ボレロ

ラヴェル:ボレロ、他
クリュイタンス(アンドレ)
EMIミュージック・ジャパン(2007-12-26)
おすすめ度の平均: 4.5
3全てにおいて、秀才的演奏
5リクツも歴史もやめましょう!
5その真価に改めて納得させられる

♪執拗なまでの反復が生み出す高揚と陶酔

管弦楽の魔術師によるオーケストレーションも見事な傑作…
ラヴェル作曲のボレロには、まずそんな肩書きが最初につきます。

2種類しかない旋律とそれを支えるスネアが刻む単調なリズムは、
約15分間に渡ってひたすら繰り返し演奏され続けます。

クラシックといえば普通、ひとつの主題を手を変え品を変え、
様々に変奏することでその作品の音楽世界を構築するものですが、
ボレロの場合あえてそれに対抗するかのように、
調性もハ長調のまま、旋律も一切変化を見せません。

しかしだからこそ、純粋にラヴェルのオーケストレーション能力に光が当たり、
楽器の組み合わせが生み出す効果を、これ以上なくくっきりと浮き彫りにしているのです。
これだけ単調な素材を飽きさせずに、一種の興奮さえ伴って聞かせる力は、
やはりラヴェルならではのものと言えるでしょう。

スポンサードリンク


一方でこの曲はそれぞれの楽器のソロパートも多く、
楽団員泣かせの作品とも言われています。
あのベルリンフィルでさえ、ある日の日本公演では
トロンボーンの頭の音がひっくり返ってしまったそうです。
何分間も音を出さずに待機して、いきなりソロを吹かされるのですから
その緊張たるや言うまでもありません。

しかしその緊張感やシンプルなリズムの執拗なまでの反復が一体となって、
この曲独特の高揚感や陶酔感を生み出しているのです。

*演奏そのものから改めた新録音です。




M.Ravel:Borelo

https://classical-sound.up.seesaa.net/Ravel-Borelo.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 07:11 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日


ラフマニノフ:前奏曲 嬰ハ短調 作品3-2 《鐘》

浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2009-10(DVD付)
ムーティ(リッカルド)
EMIミュージックジャパン(2009-10-14)
おすすめ度の平均: 4.0
4プログラムの編曲に近いです。

♪初演から熱狂をもって迎えられた有名作

前奏曲「鐘」はこれまで原曲のピアノ版でご紹介してきましたが、
フィギュアの浅田真央選手が見事、五輪初出場を決めたのを記念して、
今回は浅田選手も使用の管弦楽版の新録音でお届けします。

ラフマニノフ自身が書いたのはピアノ曲のみです。
これを後に管弦楽編曲したのが指揮者のストコフスキーでした。

ストコフスキーは指揮者として多くの名演を残したのみではなく、
現代の代表的なオーケストラ楽器の配置を作ったことでも知られています。
作曲家の意図を忠実に再現するには、ヴァイオリンを
両翼に振り分けた古典配置が有効的な場合もありますが、
これだと2ndヴァイオリンが客席に背を向ける形になるほか、
現代の楽器を最大限に響かす上でも、
ストコフスキーの考案した配置は効力を発揮するのです。

スポンサードリンク


ところで前奏曲嬰ハ短調は初演から大変な評判を呼びました。
その人気ぶりは「ラフマニノフの例の前奏曲」で名が通るほどで、
彼の演奏会では客席から「Cシャープ!」とアンコールの声がかかっていたそうです。
しかし、あまりの評判に他の曲がかすむことを、ラフマニノフ自身は嫌っていたようです。

「鐘」という題名はアメリカで出版された際に「モスクワの鐘」と題されたことによります。

(ストコフスキーの著作権は継続中のため、ピアノも残したオリジナル編曲です)




S.Rachmaninov:Prelude in C♯minor, Op3-2

https://classical-sound.up.seesaa.net/Rachmaninov-Prelude-in-Csharp-minor.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:24 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日


ハチャトゥリアン:組曲《仮面舞踏会》から 第1曲 ワルツ

ハチャトゥリャン: 管弦楽作品集 ~剣の舞
ラザレフ(アレクサンドル)
ワーナーミュージック・ジャパン(2002-01-23)
おすすめ度の平均: 5.0
4剣の舞 仮面舞踏会
5本場ロシアの音色
5暮れになるとクラシックが聴きたくなる
5未知の世界もいいものです
5ハチャトリアン: 管弦楽作品集~剣 ノ 舞い

♪夜の舞踏会を妖しく劇的に描く

19世紀ロシアの文豪ミハイル=レールモントフの戯曲「仮面舞踏会」は
帝政ロシア末期の貴族社会を舞台にした悲劇です。
ハチャトゥリアンがこれに作曲した劇音楽は当初14曲からなり、
1941年に全曲を通して初演されました。

しかし、戯曲そのものの評価が低く、また一般化しなかったこともあり、
その後劇音楽として演奏されることはほとんどなくなりましたが、
1944年に作曲者自身が5曲を選び、二管編成の管弦楽のために
再編成した組曲版は、今も頻繁に取り上げられる人気作品です。


スポンサードリンク


「仮面舞踏会」を扱った他の作曲家たちによる音楽もいくつかありますが、
印象的な第1曲のワルツなどによって“仮面舞踏会といえばハチャトゥリアン”
とまで言われるほどの特異な作品になっています。

美輪明宏さんが舞台でワルツを何度か取り上げている他、
最近ではフィギュアスケートの浅田真央選手が使用していることで、一躍有名曲になりました。


A.Khachaturian:Masquerade Suite 1.Waltz
ハチャトゥリアン:組曲《仮面舞踏会》から 第1曲 ワルツ


*楽曲は作曲者の著作権が存続中のため、ストリーミング再生のみです。



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:43 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日


ブラームス:悲劇的序曲 Op.81

ブラームス:交響曲第2番
ベーム(カール)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2004-06-30)

♪交響曲的内容を持つ充実の序曲

「大学祝典序曲」といういつになく陽気な作品の作曲中ブラームスは
「憂鬱な気持ちを満たさずにはいられませんでした」
と、真摯で深刻ないかにも彼らしい作品を並行して作曲しました。
それが特定の劇ではなく演奏会用の序曲である「悲劇的序曲」です。

両者は双子の序曲とも称され作品番号も80、81と続いています。
ベートーヴェンは運命と田園という正反対の曲を同時に作曲しました。
ブラームスにもおそらく似たような心理的作用が働いたのでしょう。
また実直過ぎるほどの彼の性格が、
楽天的なままで終わらすことを良しとしなかったのかもしれません。

いずれにしてもブラームスの創作活動が充実した時期に作曲されたこの序曲は
“交響曲の1楽章に匹敵するほどの内容”とも評される中身の濃さが特徴です。
発見された草稿などから作曲の10年以上前には既に、
原型となるスケッチが存在していたようです。
ブラームス自身は「大学祝典序曲」と「悲劇的序曲」のことを
それぞれ「笑う序曲」と「泣く序曲」と呼んでいました。

スポンサードリンク


また曲の情緒から自身の第4交響曲と比較されるこの序曲ですが、
創作にあたってはベートーヴェンの「コリオラン序曲」「エグモント序曲」などを模範としたらしく、
悲劇的な状況にあってもそれを打破しようという前向きな精神が感じられます。






ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 13:49 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日


ベートーヴェン:バレエ音楽 《プロメテウスの創造物》 序曲 Op.43

ベートーヴェン:交響曲第6番
クレンペラー(オットー)
EMIミュージック・ジャパン(2004-06-23)

♪数少ないバレエ音楽の序曲は演奏会の定番

ベートーヴェンにバレエ音楽のイメージは薄いかもしれませんが、
まだボンにいた時代の作品である「騎士のバレエ」と
その10年後の1800年〜01にかけて作曲された
「プロメテウスの創造物」のふたつが作品として残されています。

ベートーヴェンは舞台音楽にも意欲的な作曲家だったと言えます。
歌劇には「フィデリオ」という立派な作品がありますし、
劇付随音楽としても「エグモント」「ステファン王」
「アテネの廃墟」などの有名作が挙げられます。

「プロメテウスの創造物」はイタリアのバレエダンサーで
振付師のサルヴァトーレ・ヴィガーノが、
ベートーヴェンに新作バレエ用音楽の依頼をしたことから作曲されました。
交響曲第1番を完成させ「これから」という意気盛んな頃です。

ベートーヴェンはこのバレエに演劇、舞踏、音楽が一体となった、
総合芸術的な意味合いを持たせようとしていたようです。
この感覚はとても近代的と言えるかもしれません。

「プロメテウスの創造物」は初演から1年間に20回以上も再演された
人気作であったにも関わらず、バレエ自体は次第に忘れられていき、
今ではほとんど序曲のみが演奏されています。

スポンサードリンク


しかし第16番フィナーレの主題は「英雄交響曲」や
「エロイカ変奏曲」にも流用されているので、
むしろそちらの方で馴染み深いものになっているでしょう。
序曲には後の大曲「献堂式序曲」へと発展していく音楽的な布石も感じられます。




L.V.Beethoven:The Creatures of Prometheus Overture Op.43

http://classical-music.aki.gs/Beethoven-Prometheus-Overture.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:36 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日


ベートーヴェン:序曲 《献堂式》 Op.124

ベートーヴェン:交響曲第6番
クレンペラー(オットー)
EMIミュージック・ジャパン(2004-06-23)

♪壮大で希望あふれるベートーヴェン最後の序曲

全部で11曲あるベートーヴェンの序曲中、最後を飾る作品です。

「献堂式」はウィーンの新築劇場のこけら落し用の舞台劇。
ベートーヴェンがこの仕事の依頼を受けたのは直前であり、
その頃ミサ曲の作曲に専念していたため時間もありません。

そこでかつての作品「アテネの廃墟」を改訂し、
本番に間に合うよう1ヶ月程度の限られた期間で完成させました。

しかし、この劇の序曲はまったくの新作です。
作品番号124が示す通り、123の荘厳ミサ曲と125の第9の間にあって、
それらのエッセンスを感じさせる壮大な管弦楽曲になっています。

スポンサードリンク


ベートーヴェン自身が指揮者の脇で指示を出したことで有名な第9の初演では、
この「献堂式序曲」がプログラムのオープニングとして演奏されました。

すべての葛藤や闘争を越えて、最後に至った完全勝利の心境を示すかのように、
晴れやかで力強い希望に満ちたベートーヴェンらしい音楽です。




L.V.Beethoven:"Die Weihe des Hauses" Overture, Op.124

http://classical-music.sakura.ne.jp/Beethoven-Consecration-House.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:49 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする