TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:連作交響詩「わが祖国」から「モルダウ」 [第1,5話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話] ♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ マスカーニ:歌劇 《カヴァレリア・ルスティカーナ》 間奏曲 [第6,7話]
♬ リスト:コンソレーション [慰め] 第3番 変ニ長調 [第8話]
♬ エリック・サティ:ジュ・トゥ・ヴ 〜あなたが欲しい〜 [第8話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2016年02月21日


ケテルビー:ペルシャの市場にて


ペルシャの市場にて~ケテルビー作品集
ロジャース(エリック) /ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック(2002-03-27)
おすすめ度の平均: 4.0
4ケテルビーの才能を再評価させてくれる
4思い出の曲
4一回聴けば虜になる
3「ペルシャの市場にて」だけで良いかな?
4エルガーに絶賛されたのも頷ける


♪吹奏楽でも人気の元祖ホームミュージック

アルバート・ケテルビーは英国バーミンガム出身の作曲家です。
少年時代からその才能を開花させ、11歳で公開演奏した
自作のピアノ・ソナタは大作曲家エルガーに称賛され、
13歳の時にはホルストを抑えて手にした奨学金で音楽学校に入学。
抜群の成績を収め16歳で由緒ある教会のオルガン奏者になります。

しかし契約満了とともに教会を去り、劇場の音楽監督に就任。
バレーやオペレッタといった商業音楽の世界で大活躍しました。

30歳を過ぎた頃、本格的な管弦楽作品や室内楽曲を書き始めるも
これが全然受けず、彼はレコード会社の重役、音楽出版社の編集長、
放送局の軽音楽編曲・指揮といった多忙な毎日の中に埋没していました。

スポンサードリンク


そんなある日、放送時間の穴埋めに書いた小曲「修道院の庭にて」が大当たり。
人気のヒット・メーカーとなった彼はその後「ペルシャの市場にて」に代表される、
異国情緒あふれる親しみやすい作品を次々発表しました。

充分稼いだケテルビーはピークを過ぎると、
イギリス海峡沖の小さな島、ワイト島に早々に引退し、
長い余生を大好きなビリヤードと読書、チェロ演奏でのんびりと過ごしたということです。



ケロオケ
ケテルビー:ペルシャの市場にて
Ketelbey:In a Persian Market


*楽曲の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:40 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日


ベートーヴェン:エグモント序曲 Op.84 [2015]


ベートーヴェン:交響曲第1番&第2番、「エグモント」序曲
価格:
ベートーヴェン
ユニバーサル ミュージック クラシック(2012-05-08)
売り上げランキング: 4680


♪苦悩を突き抜けて歓喜へ 〜 ベートーヴェンの精神が凝縮された序曲

この序曲のタイトルにもあるエグモントとは、八十年戦争初期の指導者の一人である、
フランドルの軍人にして政治家だったエフモント伯のことです。
ゲーテは彼の英雄的な生涯を、悲劇的な戯曲として描きました。

ゲーテとの交流があり、彼を敬愛したベートーヴェンはこの戯曲に感激します。
そして作曲の依頼を受け、1809年10月から1810年6月までに全曲を書き上げました。
ソプラノ独唱を伴う曲を含む10曲のうち、現在では序曲のみが残っています。

エフモント伯は16世紀スペイン圧政下のオランダで、
苦しむ民衆の独立のために立ち上がり、悲劇的な最期を遂げました。
死刑を宣告されてしまうエフモント伯ですが、獄中で自殺した愛人クレートヒェンが、
自由の女神として彼の前に現れ、勇気と正義を祝福します。

スポンサードリンク


これにより伯爵は自分の死は無駄ではないと確信し、敢然と死に向かいます。
ベートーヴェンはこの死を敗北ではなく勝利としてとらえました。
序曲は只ならぬ艱難で幕を開け、やがて主人公は悲劇に巻き込まれ、
それとの激しい闘いののちに希望の兆しが覗き、最後は大勝利に到ります。

この序曲には「苦悩を突き抜けて歓喜へ至れ」というベートーヴェンのポリシーが、
わずか10分前後の音楽の中に凝縮されています。
同じような精神的内容を持つ交響曲第5番が書かれたのは、この曲の2年前のことでした。

(過去記事から一部転載)


*今回の新掲載にあたって演奏内容、音響、録音などを一新しました。



ベートーヴェン:エグモント序曲 Op.84 [2015]
L.V.Beethoven:Egmont Overture Op.84 [10:51]


http://classical-sound.up/Beethoven-Egmont-Overture-2015.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 19:14 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日


フォーレ:組曲「ペアレスとメリザンド」 Op.80 - 第3曲 シシリエンヌ [完全版]


フォーレ:組曲 ペレアスとメリザンド
価格:
フルネ(ジャン)
フォンテック(2005-01-20)
売り上げランキング: 38973


♪優雅さと気品に満ちたフォーレのシシリエンヌ

シシリエンヌは17-18世紀のイタリア、シチリア半島の舞曲の名称が語源です。
シチリアーノ、シシリアーノ、シチリアーナ、シチリア舞曲などとも呼ばれ、
シシリエンヌはフォーレの出身のフランス語の読み名です。

6/8拍子、または8/12拍子のゆったりとした優雅なテンポが特徴で、
フォーレのほかにもバッハやヘンデル、レスピーギが作品を書いています。

いずれもよく知られた名曲揃いですが、フォーレのシシリエンヌは、
起伏の大きな旋律の美しさ、また特有の気品ある趣きから、
特に愛され、様々な器楽用にも編曲されています。

組曲「ペアレスとメリザンド」の弟3曲として管弦楽版がよく知られるこの曲、
元来はモリエールの喜歌劇「町人貴族」の劇音楽として作曲され、
それが1897年に、チェロとピアノのための作品として出版されました。

スポンサードリンク


さらに翌年の1898年に弟子のケクランが管弦楽版に編曲したものが、
「ペアレスとメリザンド」の劇付随音楽として挿入されたのです。
シシリエンヌは主人公の2人が愛を語らうシーンで演奏されます。

ケクランの編曲では主旋律がチェロからフルートに替えられています。
そしてピアノのパートを奏でるのはハープです。
これがあまりに見事にはまっているため、現代でも器楽で演奏する際は、
フルートが旋律を奏で、ピアノやハープが伴奏を担当するのが一般的です。

(ピアノ版記事から転載)


*今回は新掲載にあたって、演奏内容、音響、録音などすべてを改めました。
また以前の管弦楽版は中間部がありませんでしたが、それを補い完全版としました。



フォーレ:組曲「ペアレスとメリザンド」 Op.80 - 第3曲 シシリエンヌ [2015 完全版]
Gabriel Urbain Faure:Pelleas and Melisande Suite
3. Sicilienne [3:59]


http://classical-sound.up.seesaa.net/Faure-Sicilienne-2015.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 13:06 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日


ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ [2015]


ドビュッシー:交響詩「海」、牧神の午後への前奏曲/ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、ダフニスとクロエ
価格:
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2013-03-19)
売り上げランキング: 2859


♪ルーヴル美術館で見たヴェラスケスの絵画に触発されて...

数多いラヴェルの作品の中でも特に愛されるこの曲。
オリジナルは彼がまだパリ音楽院に在学中の24歳の時に書かれたピアノ曲です。
それを後にラヴェル自身が管弦楽用に編曲しました。

ルーヴル美術館にあるスペインの宮廷画家ヴェラスケスの描いた、
若い王女の肖像にインスパイアされて作曲されたといわれますが、
ラヴェル自身はそうしたことよりも、この曲のタイトル、

「Pavane pour une Infante defunte」

が持つ言葉の響きや印象を重視していたようです。

また“亡き王女”というより、王女が子供時代に
宮廷で流れていた音楽をイメージしていたようです。

スポンサードリンク


この曲は発表されるやいなや、パリのサロン界で大流行になりました。
現代でも、ラヴェルを代表する作品のひとつとして、
ピアノ版、オーケストラ版共に愛されています。

ラヴェルは晩年、交通事故で記憶喪失になり、街中でこの曲を耳にした際、

「なんていい曲だ。一体誰が作曲したのだろう...」

とつぶやいたといわれています。


*今回は新掲載にあたって、演奏内容、音響、録音などすべてを改めました。

2015.8.8



ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ [2015] [6:46]
M.Ravel:Pavane pour une Infante defunte


http://classical-sound.up/Ravel-Pavane-pour-une-infante-defunte-2015.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 20:27 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日


ワーグナー:楽劇 《ワルキューレ》 第3幕への前奏曲 「ワルキューレの騎行」 [2015]




♪超大作の楽劇を象徴する有名な管弦楽曲

楽劇『ニーベルングの指環』は演奏に15時間を費やす、4部からなる超大作です。

ワーグナーがドレスデン歌劇場の指揮者だった頃に着手され、
以後、作曲は26年という長期にわたり、苦心の末、完成に至りました。

そしてこの大作は、ワーグナーの楽劇を専門に上演する、
バイロイト祝祭劇場のこけら落としで披露されました。

この時、ワーグナーは63歳の老齢にさしかかっていました。


『ニーベルングの指環』は以下の4部からなります。

第一部『ラインの黄金』 (2時間30分)

第二部『ワルキューレ』 (3時間40分)

第三部『ジークフリート』 (3時間50分)

第四部『神々の黄昏』 (5時間20分)


評論家として詩、音楽、造形芸術の統合を説く、「総合芸術論」によって
知られたワーグナーの、実践の集大成ともいえる壮大な作品です。

スポンサードリンク


楽曲としては『ワルキューレ』から『ワルキューレの騎行』、
『ジークフリート』から『森のささやき』、
『神々の黄昏』から『ジークフリートのラインの旅』と『葬送行進曲』などが、
独立した管弦楽曲として演奏され、親しまれています。



ワーグナー:楽劇 《ワルキューレ》 第3幕への前奏曲 「ワルキューレの騎行」
R.Wagner:Die Walkure "Ride of the Valkyries" [2:53]


http://classical-sound.up/Wagner-Ride-of-the-Valkyries-2015.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 07:36 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日


メンデルスゾーン:劇音楽《真夏の夜の夢》Op.21,61 10. 結婚行進曲 [2015]


メンデルスゾーン:真夏の夜の夢
クレンペラー(オットー)
EMIミュージックジャパン (2010-10-20)
売り上げランキング: 25,379


♪ワーグナーのブライダル・コーラスと並ぶ結婚式の定番曲

「もし、モーツァルトに幸福な生涯を与えたなら、
さぞメンデルスゾーンの音楽に似たことだろう。」

メンデルスゾーンを評したある評論家の言葉です。


メンデルスゾーンは幼い頃から天賦の才を発揮し、
「結婚行進曲」を含む劇音楽《真夏の夜の夢》の序曲を作曲したのは、
彼がまだ17歳の青年の時のことでした。

その後、1842年の33歳になるまでの16年間をかけて、
《真夏の夜の夢》は充分な時間をかけて書き上げられました。


この劇音楽は13の小曲で構成されています。

01. 序曲
02. スケルツォ
03. 伴奏付きの劇景と子鬼の行進曲
04. 2人のソプラノのための歌と女性合唱
05. 伴奏付きの劇景
06. 間奏曲
07. 伴奏付きの劇景
08. 夜想曲
09. 伴奏付きの劇景
10. 結婚行進曲
11. 伴奏付きの劇景と葬送行進曲
12. ベルガマスク舞曲
13. 伴奏付きの劇景と終曲


この内、10の結婚行進曲は結婚式の定番としてあまりに有名。
ワーグナーのブライダル・コーラスと並ぶ定番です。

そうしたイメージが強いこの曲ですが、音楽的内容は立派で、
それこそワーグナーの管弦楽曲にも引けをとらない
壮大さと重厚感を感じさせます。

メンデルスゾーンはバッハ、ヘンデル、ベートーヴェンといった
バロック、古典に影響を受けながらも、後のロマン派の大河へと続く、
架け橋となる時期に独自の音楽を確立させた人でした。

そしてその音楽は美しい旋律と色彩感に満ち、モーツァルトにも劣らない
バランスのとれた天才のひらめきを秘めていました。

スポンサードリンク


ただ、彼の生涯が順風満帆だったせいか、その作風に深みがないと
指摘されることもあります。
それで冒頭のような評論家の言葉も出てくるわけです。

しかし、メンデルスゾーンの音楽はそれ自体で完結した世界があり、
モーツァルトと比較するものではないことは明らかです。

彼はバッハの「マタイ受難曲」を始め、時代に忘れ去られつつあった
モーツァルトやベートーヴェン、シューベルトなどを
積極的に世に紹介することに努めた功労者でもあります。

そうした面も踏まえて、もっと評価されていい作曲家のひとりなのです。



メンデルスゾーン:劇音楽《真夏の夜の夢》Op.21,61 10. 結婚行進曲 [2015]
Felix Mendelssohn-Bartholdy:A Midsummer Night's Dream Op.21,61
10. Wedding March [6:22]


http://classical-sound.net/Mendelssohn-Wedding-March-2015.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 08:20 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日


ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇「こうもり」序曲 Op.56 [2015]


J.シュトラウス:喜歌劇「こうもり」全曲
クライバー(カルロス) クシェ(ベンノ) プライ(ヘルマン) ヴァラディ(ユリア) レブロフ(イヴァン) コロ(ルネ) ヴァイクル(ベルント) バイエルン国立歌劇場合唱団
ユニバーサル ミュージック クラシック (2011-06-22)
売り上げランキング: 2,734


♪どたばた騒ぎも楽しい、ヨハン・シュトラウス2世の傑作喜歌劇

ワルツ王として名高いヨハン・シュトラウス2世ですが、
オペレッタのジャンルにも、16にものぼる作品を書いています。
その中の最高傑作とされるのが、1874年49歳の作「こうもり」です。

初演は1874年、4月5日。

この作品のもとになっているのは、ベネディスクの喜劇「監獄」で、
アレヴィが「夜食」として書き直したものを、
アン・デル・ウィーン劇場の支配人シュタイナーが喜歌劇に改編させ、
さらに、作曲をシュトラウスに依頼したのでした。

物語はウィーンの上流階級を描いたどたばた喜劇で、
ある公証人のいたずらに端を発し、男爵と夫人と小間使い、
そして典獄たちの間に滑稽な騒ぎが持ち上がります。

序曲、チャルダッシュ、ワルツといった魅力的な音楽が全編を彩り、
歌と踊りにあふれた愉快なムードに満ちています。

スポンサードリンク


こうした楽しい雰囲気からか、大晦日には世界中のオペラハウスで上演され、
特にウィーン国立歌劇場での上演は恒例で、よく知られた催し物です。

「こうもり」作曲当時のウィーンでは、フランスのオッフェンバックの
喜歌劇が浸透し始め、シュトラウスもこれに刺激を受けました。

わけても「天国と地獄」の上演はウィーンでも大評判を呼びました。
こうした情勢の中、シュトラウスやスッペなどが喜歌劇に着手したのです。

「こうもり」のはじけた楽しさの背景には、
シュトラウス自身の私生活でのできごとも影響しているといいます。

この頃、シュトラウスは近親者の死と別れが相次ぎました。
そうした落ち込んだ日々から立ち直るため、妻のすすめもあって、
あえて明るい音楽で気分を焚きつけようとしたようです。

第2次対戦中、ドイツ軍兵士たちに慰問の際、 何の曲が聞きたいかと
アンケートをとったところ「こうもり序曲」が第1位になったそうです。
暗い気持ちも吹き飛ばす、明るい魅力に満ちた曲ということでしょう。

オペレッタのタイトル「こうもり」は、主人公のアイゼンシュタイン男爵が、
仮装舞踏会でこうもりの衣装を身にまとう場面に由来しています。



ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇「こうもり」序曲 Op.56 [2015]
J.Strauss 2:"Die Fledermaus"Overture Op.56 [7:39]


http://classical-sound.seesaa.net/J.Strauss2-Die-Fledermaus-Overture.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 07:00 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする