スポンサードリンク







テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2016年03月24日


ベートーヴェン:コリオラン序曲 Op.62


ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》/序曲《コリオラン》/シューベルト:交響曲第9番《ザ・グレート》[第2世代復刻]
フルトヴェングラー/ベルリン・フィルハーモニー
delta classics (2004-12-10)
おすすめ度の平均: 5.0
5 録音を超越した名演
5 圧倒的迫力をもった世紀の名演
5 交響曲第9番


♪魂に届く深く重厚な響き

エグモントなどと並ぶベートーヴェンの代表的な序曲です。

シンプルですがその中に第九、運命にも通じるような
ベートーヴェンらしさが凝縮されていると思います。

スポンサードリンク


今回は出だしからトレモロや木管を追加してより重厚にしてみました。




ベートーヴェン:コリオラン序曲 Op.62
L.V.Beethoven:Coriolan Overture Op.62


http://andotowa.sakura.ne.jp/Beethoven-Coriolan.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:08 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホルスト:組曲 《惑星》 Op.32 から 第4曲「ジュピター」


ホルスト:組曲「惑星」
カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー
ユニバーサル ミュージック クラシック(2007-09-05)
おすすめ度の平均: 5.0
5ジュピター
5派手だが味がある


♪太陽系の惑星を音楽で表現

西洋占星術から見た太陽系に七つある惑星の個性を、
オーケストラを通して巧みにそして壮大に描いた組曲です。

ホルストの当時はまだ冥王星が発見されておらず、
当然組曲にも入っていないのですが、
近年、冥王星が太陽系の惑星から除外され
結果としてホルストが正しくなったのは不思議な符合です。

スポンサードリンク


また、戦争の神を意味する火星に着手したのは、
第一次世界大戦が始まった1914年のことでした。

木星-ジュピターは歌としてヒットしたことからも知られる、
懐かしい民謡調の旋律が魅力です。

もちろんそれ以外の部分も雄大で、宇宙的スケール感のある充実した音楽です。




ホルスト:組曲 《惑星》 Op.32 から 第4曲「ジュピター」
Holst, Gustav:The Planets op. 32 W.Jupiter


http://classical-sound.up.seesaa.net/Holst-Planets-Jupiter.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:03 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日


ポール・マッカートニー(ザ・ビートルズ):ゴールデン・スランバー


クラシカル・ビートルズ-ゴールデン・スランバー
定価:¥ 1,800
新品最安価格:14%OFF ¥ 1,548 (5店出品)
中古最安価格:33%OFF ¥ 1,199 (4店出品)
発売日:2009-10-28
メーカー:EMIミュージックジャパン
アーティスト:オムニバス
ディスク数:1
時間:77(分)


♪ビートルズのラストレコーディングを飾る壮大なメドレーの1曲

ビートルズの事実上最後のアルバムにして、最大の売り上げを誇るアビイロード。
当初はマウント・エベレストというタイトルで、ジャケットもその麓で撮る予定だったのが、
遠すぎるからという理由で、ポールのアイディアでスタジオ前の横断歩道で撮影して、
タイトルもスタジオ名そのままのアビイロードにしてしまったのは、
あまり知られていない面白いエピソードです。

このアルバムの聴きどころの山場は、レコード時代のB面に置かれた二つのメドレーです。
ひとつ目が終わって一息ついた瞬間、ピアノのイントロと共に始まるメロディ。
初めて聴いてもどこか懐かしいような、郷愁を誘われるのが、
わずか1分半程にも関わらず、強い印象を刻む「ゴールデン・スランバー」です。

かつて家路へと続く道があった
かつて家へと帰る道があった
おやすみかわいい人よ 泣かないで
僕が子守歌をうたってあげよう


スポンサードリンク


この曲はトマス・デッカー作の、17世紀の古い子守歌が元になっています。
ある日、ポール・マッカートニーは再婚した父親の家を訪れ、
まだ幼い義妹に絵本の読み聞かせをしていました。
そこで目にしたのが「ゴールデン・スランバー」と題された歌の楽譜だったのです。
ポールはこれに新たな詞を書き加え、まったく別のメロディをつけ、
ビートルズの新楽曲として、アビイロードのメドレーに収めたのでした。

レコーディングには交通事故で入院中だったジョンは参加しておらず、
ポールのヴォーカルとピアノ、ジョージのベース、リンゴのドラムスという編成で録音され、
そこに追ってストリングスとホーンが被せられました。
「ゴールデン・スランバー」と次の「キャリー・ザット・ウェイト」は、
始めからメドレーとして扱われ、同時に録音が進行しました。

このメドレーは1990年代初頭のポールのツアー「ゲットバック」で再現されました。
リハーサルでポールが「ゴールデン・スランバー」を歌うと、スタッフが涙を流し、
それを見たポールはこの曲を、セットリスト(プログラム)に加えることを決めたのでした。

アルバム「アビイロード」のジャケット撮影が行われたのは、1969年8月8日、午前10時のこと。
この日は暑かったため、スーツにサンダルという出で立ちでスタジオに現れたポールは、
その場の思いつきでサンダルを脱ぎ、裸足で横断歩道を渡ったといいます。



ケロオケ
ポール・マッカートニー(ザ・ビートルズ):ゴールデン・スランバー
Paul McCartney (THE BEATLES):GOLDEN SLUMBERS


*楽曲の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 19:38 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日


ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲


グリーンスリーヴス幻想曲〜ヴォーン・ウィリアムズ:作品集
マリナー(サー・ネヴィル)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-04-25)

おすすめ度の平均: 5.0
5ドラマチッククラシック
4おなじみマリナー/アカデミーのRVW集大成
5癒しを超えた安らぎ
5幻想的な世界へ


♪有名なスコットランド民謡を美しく幻想的に編曲

シェイクスピアの喜劇「ウィンザーの陽気な女房たち」のセリフです。

空よ、じゃがいもの雨を降らせよ!
「グリーンスリーヴス」のチューンで雷鳴を轟かせよ!


この戯曲が書かれたのは1602年頃。
当時既に「グリーンスリーヴス」が有名な曲だった事を窺わせます。

時は流れて1928年。
英国の作曲家ヴォーン・ウィリアムズが
「ウィンザーの陽気な女房たち」を基に「恋するサー・ジョン」
というコミック・オペラを作曲しました。
「グリーンスリーヴス」はこれの第3幕の間奏曲として登場します。

更に、第2幕のアリア「愛しいジョーン(民謡)」の旋律を中間部に挟み、
ラルフ・グリーヴズが編曲したものが「グリーンスリーヴスによる幻想曲」です。

スポンサードリンク


弦楽合奏、ハープ、フルートという小規模な管弦楽曲で、
初演は1934年9月27日、ロンドンにてウィリアムズ自身の指揮で行われました。

ウィリアムズは民謡を採用した叙情性ある作風で、英国音楽の復興の礎を築いたとされ、
9つの交響曲の他、管弦楽曲、協奏曲、声楽曲、オペラなど
幅広い分野で多くの作品を残しました。



ケロオケ
ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲
Vaughan Williams:Fantasia on Greensleeves


*楽曲の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:55 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日


ケテルビー:ペルシャの市場にて


ペルシャの市場にて~ケテルビー作品集
ロジャース(エリック) /ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック(2002-03-27)
おすすめ度の平均: 4.0
4ケテルビーの才能を再評価させてくれる
4思い出の曲
4一回聴けば虜になる
3「ペルシャの市場にて」だけで良いかな?
4エルガーに絶賛されたのも頷ける


♪吹奏楽でも人気の元祖ホームミュージック

アルバート・ケテルビーは英国バーミンガム出身の作曲家です。
少年時代からその才能を開花させ、11歳で公開演奏した
自作のピアノ・ソナタは大作曲家エルガーに称賛され、
13歳の時にはホルストを抑えて手にした奨学金で音楽学校に入学。
抜群の成績を収め16歳で由緒ある教会のオルガン奏者になります。

しかし契約満了とともに教会を去り、劇場の音楽監督に就任。
バレーやオペレッタといった商業音楽の世界で大活躍しました。

30歳を過ぎた頃、本格的な管弦楽作品や室内楽曲を書き始めるも
これが全然受けず、彼はレコード会社の重役、音楽出版社の編集長、
放送局の軽音楽編曲・指揮といった多忙な毎日の中に埋没していました。

スポンサードリンク


そんなある日、放送時間の穴埋めに書いた小曲「修道院の庭にて」が大当たり。
人気のヒット・メーカーとなった彼はその後「ペルシャの市場にて」に代表される、
異国情緒あふれる親しみやすい作品を次々発表しました。

充分稼いだケテルビーはピークを過ぎると、
イギリス海峡沖の小さな島、ワイト島に早々に引退し、
長い余生を大好きなビリヤードと読書、チェロ演奏でのんびりと過ごしたということです。



ケロオケ
ケテルビー:ペルシャの市場にて
Ketelbey:In a Persian Market


*楽曲の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:40 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日


ベートーヴェン:エグモント序曲 Op.84 [2015]


ベートーヴェン:交響曲第1番&第2番、「エグモント」序曲
価格:
ベートーヴェン
ユニバーサル ミュージック クラシック(2012-05-08)
売り上げランキング: 4680


♪苦悩を突き抜けて歓喜へ 〜 ベートーヴェンの精神が凝縮された序曲

この序曲のタイトルにもあるエグモントとは、八十年戦争初期の指導者の一人である、
フランドルの軍人にして政治家だったエフモント伯のことです。
ゲーテは彼の英雄的な生涯を、悲劇的な戯曲として描きました。

ゲーテとの交流があり、彼を敬愛したベートーヴェンはこの戯曲に感激します。
そして作曲の依頼を受け、1809年10月から1810年6月までに全曲を書き上げました。
ソプラノ独唱を伴う曲を含む10曲のうち、現在では序曲のみが残っています。

エフモント伯は16世紀スペイン圧政下のオランダで、
苦しむ民衆の独立のために立ち上がり、悲劇的な最期を遂げました。
死刑を宣告されてしまうエフモント伯ですが、獄中で自殺した愛人クレートヒェンが、
自由の女神として彼の前に現れ、勇気と正義を祝福します。

スポンサードリンク


これにより伯爵は自分の死は無駄ではないと確信し、敢然と死に向かいます。
ベートーヴェンはこの死を敗北ではなく勝利としてとらえました。
序曲は只ならぬ艱難で幕を開け、やがて主人公は悲劇に巻き込まれ、
それとの激しい闘いののちに希望の兆しが覗き、最後は大勝利に到ります。

この序曲には「苦悩を突き抜けて歓喜へ至れ」というベートーヴェンのポリシーが、
わずか10分前後の音楽の中に凝縮されています。
同じような精神的内容を持つ交響曲第5番が書かれたのは、この曲の2年前のことでした。

(過去記事から一部転載)


*今回の新掲載にあたって演奏内容、音響、録音などを一新しました。



ベートーヴェン:エグモント序曲 Op.84 [2015]
L.V.Beethoven:Egmont Overture Op.84 [10:51]


http://classical-sound.up/Beethoven-Egmont-Overture-2015.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 19:14 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日


フォーレ:組曲「ペアレスとメリザンド」 Op.80 - 第3曲 シシリエンヌ [完全版]


フォーレ:組曲 ペレアスとメリザンド
価格:
フルネ(ジャン)
フォンテック(2005-01-20)
売り上げランキング: 38973


♪優雅さと気品に満ちたフォーレのシシリエンヌ

シシリエンヌは17-18世紀のイタリア、シチリア半島の舞曲の名称が語源です。
シチリアーノ、シシリアーノ、シチリアーナ、シチリア舞曲などとも呼ばれ、
シシリエンヌはフォーレの出身のフランス語の読み名です。

6/8拍子、または8/12拍子のゆったりとした優雅なテンポが特徴で、
フォーレのほかにもバッハやヘンデル、レスピーギが作品を書いています。

いずれもよく知られた名曲揃いですが、フォーレのシシリエンヌは、
起伏の大きな旋律の美しさ、また特有の気品ある趣きから、
特に愛され、様々な器楽用にも編曲されています。

組曲「ペアレスとメリザンド」の弟3曲として管弦楽版がよく知られるこの曲、
元来はモリエールの喜歌劇「町人貴族」の劇音楽として作曲され、
それが1897年に、チェロとピアノのための作品として出版されました。

スポンサードリンク


さらに翌年の1898年に弟子のケクランが管弦楽版に編曲したものが、
「ペアレスとメリザンド」の劇付随音楽として挿入されたのです。
シシリエンヌは主人公の2人が愛を語らうシーンで演奏されます。

ケクランの編曲では主旋律がチェロからフルートに替えられています。
そしてピアノのパートを奏でるのはハープです。
これがあまりに見事にはまっているため、現代でも器楽で演奏する際は、
フルートが旋律を奏で、ピアノやハープが伴奏を担当するのが一般的です。

(ピアノ版記事から転載)


*今回は新掲載にあたって、演奏内容、音響、録音などすべてを改めました。
また以前の管弦楽版は中間部がありませんでしたが、それを補い完全版としました。



フォーレ:組曲「ペアレスとメリザンド」 Op.80 - 第3曲 シシリエンヌ [2015 完全版]
Gabriel Urbain Faure:Pelleas and Melisande Suite
3. Sicilienne [3:59]


http://classical-sound.up.seesaa.net/Faure-Sicilienne-2015.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 13:06 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日


ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ [2015]


ドビュッシー:交響詩「海」、牧神の午後への前奏曲/ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、ダフニスとクロエ
価格:
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2013-03-19)
売り上げランキング: 2859


♪ルーヴル美術館で見たヴェラスケスの絵画に触発されて...

数多いラヴェルの作品の中でも特に愛されるこの曲。
オリジナルは彼がまだパリ音楽院に在学中の24歳の時に書かれたピアノ曲です。
それを後にラヴェル自身が管弦楽用に編曲しました。

ルーヴル美術館にあるスペインの宮廷画家ヴェラスケスの描いた、
若い王女の肖像にインスパイアされて作曲されたといわれますが、
ラヴェル自身はそうしたことよりも、この曲のタイトル、

「Pavane pour une Infante defunte」

が持つ言葉の響きや印象を重視していたようです。

また“亡き王女”というより、王女が子供時代に
宮廷で流れていた音楽をイメージしていたようです。

スポンサードリンク


この曲は発表されるやいなや、パリのサロン界で大流行になりました。
現代でも、ラヴェルを代表する作品のひとつとして、
ピアノ版、オーケストラ版共に愛されています。

ラヴェルは晩年、交通事故で記憶喪失になり、街中でこの曲を耳にした際、

「なんていい曲だ。一体誰が作曲したのだろう...」

とつぶやいたといわれています。


*今回は新掲載にあたって、演奏内容、音響、録音などすべてを改めました。

2015.8.8



ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ [2015] [6:46]
M.Ravel:Pavane pour une Infante defunte


http://classical-sound.up/Ravel-Pavane-pour-une-infante-defunte-2015.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 20:27 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日


ワーグナー:楽劇 《ワルキューレ》 第3幕への前奏曲 「ワルキューレの騎行」 [2015]




♪超大作の楽劇を象徴する有名な管弦楽曲

楽劇『ニーベルングの指環』は演奏に15時間を費やす、4部からなる超大作です。

ワーグナーがドレスデン歌劇場の指揮者だった頃に着手され、
以後、作曲は26年という長期にわたり、苦心の末、完成に至りました。

そしてこの大作は、ワーグナーの楽劇を専門に上演する、
バイロイト祝祭劇場のこけら落としで披露されました。

この時、ワーグナーは63歳の老齢にさしかかっていました。


『ニーベルングの指環』は以下の4部からなります。

第一部『ラインの黄金』 (2時間30分)

第二部『ワルキューレ』 (3時間40分)

第三部『ジークフリート』 (3時間50分)

第四部『神々の黄昏』 (5時間20分)


評論家として詩、音楽、造形芸術の統合を説く、「総合芸術論」によって
知られたワーグナーの、実践の集大成ともいえる壮大な作品です。

スポンサードリンク


楽曲としては『ワルキューレ』から『ワルキューレの騎行』、
『ジークフリート』から『森のささやき』、
『神々の黄昏』から『ジークフリートのラインの旅』と『葬送行進曲』などが、
独立した管弦楽曲として演奏され、親しまれています。



ワーグナー:楽劇 《ワルキューレ》 第3幕への前奏曲 「ワルキューレの騎行」
R.Wagner:Die Walkure "Ride of the Valkyries" [2:53]


http://classical-sound.up/Wagner-Ride-of-the-Valkyries-2015.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 07:36 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする