テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2016年07月05日


ベートーヴェン:エグモント序曲 Op.84


スケーターズワルツ〜管弦楽名曲
トスカニーニ/NBC交響楽団
BMGメディアジャパン (1999-05-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5 名指揮者。


♪人生の劇的な展開が凝縮された序曲の名作

ベートーヴェンの序曲としては特に有名で、演奏機会も多い作品です。

史実に基づくゲーテの戯曲「エグモント」のために書かれた10の付随音楽の序曲で、
“暗から明へ”というベートーヴェンのモットーが象徴的に表現されています。

また、“♪タタタ・タン”という「運命」にも通じる動機を主軸に据えるなど、
差し詰め“ミニチュア版「運命」”といえる程に充実した内容を持っています。

コンパクトなものの音に無駄がなく、“序曲”で済ますにはあまりに濃い音楽です。

スポンサードリンク


この曲についてリストは次のように語っています。

「ベートーヴェンが大詩人の言葉に霊感を得て描き出した最初の一例である」

名曲「エグモント序曲」は、1809年から1810年にかけて作曲されました。




ベートーヴェン:エグモント序曲 Op.84
Ludwig van Beethoven:Egmont Overture Op.84


http://classical-music.sakura.ne.jp/Beethoven-Egmont-Overture.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:08 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワーグナー:楽劇 《ニュルンベルグのマイスタージンガー》 第1幕への前奏曲


R.シュトラウス:交響詩〈ドン・ファン〉
クレンペラー(オットー)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2006-02-15)
おすすめ度の平均: 4.0
4至純なワーグナー


♪神々しい崇高さを湛えた美しく力強い前奏曲

ドイツロマン派を代表する作曲家のワーグナーはただの作曲家というより、
自ら歌劇、楽劇の台本、作曲を手掛け、大道具のような裏方から、歌劇場の建築にも携わった、
さながら“スーパーマルチプロデューサー”とも言える特殊な存在です。

いわゆる一般的なイタリアオペラなどを俗物とし、
自分のオペラこそが神聖な真の芸術作品だという意味で、
あえて“歌劇”ではなく“楽劇”と呼び、差別化を図りました。

また、バイロイトに自分の作品を専門に演奏する歌劇場を建て、
そこで自作品のみを上演し続けるという徹底ぶりでした。
この慣わしは現在でも、バイロイト祝祭劇場で毎年7月から8月にかけて開催される、
夏の一大イベント「バイロイト音楽祭」へと受け継がれています。

スポンサードリンク


“楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第1幕前奏曲”は、
この楽劇のライトモチーフ(人物や状況を表す短い動機)を集めたいわば“ハイライト”的な内容です。
また、単にそれにとどまらない、精神的に崇高なものを感じさせる傑作です。
その高揚感はベートーヴェンの交響曲を聴いたあとの気分にも通じるものがあります。

晴々とした響きから、大学の入学式などでもよく演奏されるので、ご存知の方も多いでしょう。

ワーグナーと親交もあった哲学者ニーチェは、好んでこの曲をピアノで弾いていたようです。




ワーグナー:楽劇 《ニュルンベルグのマイスタージンガー》 第1幕への前奏曲
R.Wagner:Die Meistersinger von Nuernberg Vorspiel act 1


http://classical-music.aki.gs/Wagner-Die-Meistersinger-Vorspiel-act1.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 08:30 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サティ:ジムノペディ No.1 (ドビュッシー編曲)


ジムノペディ〜サティ/ピアノ作品集
ルグラン(ミシェル)
ワーナーミュージック・ジャパン(2000-06-21)
おすすめ度の平均: 4.0
4紛れもなくサティです
5解釈について
4ミッシェルルグランのピアノでサティを聴く
4サティmeetsルグラン


♪家具のような音楽・・・エリック・サティの代表作

サティが生きたのは後期ロマン派やフランス印象派の時代でしたが、
彼自身はそうしたものとは相容れない全くの独創的な作曲家でした。

後に“家具のような音楽”へと向かっていくその作風は先進的であり、
現代の環境音楽や生活を彩るBGMなどの先がけと言えるかもしれません。

「ジムノペディ No.1」は「3つのジムノペディ」の中の1曲です。
3曲の中でも取り分け知名度、人気度ともに高く、至る所で耳にします。

スポンサードリンク


今回は同時代のフランスの作曲家、ドビュッシーによる管弦楽編曲版でお届けします。

尚、印象派の巨匠ドビュッシーが他人の作品を編曲したのは、
後にも先にもジムノペディからの2曲、No.1とNo.2のみだそうです。




サティ:ジムノペディ No.1 (ドビュッシー編曲)
Erik Alfred Leslie Satie:Gymnopedies No.1 (C.Debussy arr.)


http://classical-music.aki.gs/Satie-Gymnopedies-No1.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 08:02 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日


ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ


ラヴェル:作品集
ラヴェル:作品集
posted with あまなつ on 2008.10.29
ブーレーズ(ピエール) 他
ユニバーサル ミュージック クラシック(2005-03-23)
おすすめ度の平均: 4.5
4ラヴェルの響きを満喫
5亡き王女のためのパヴァーヌ(舞踊)
4『ラ・ヴァルス』が良かったです。
5クールな熱狂
5素晴らしい☆


♪ピアノ曲を自らがオーケストラ編曲

ラヴェルがルーヴル美術館を訪れた際に見たベラスケスの、
若い王女の肖像画にインスパイアされて作った曲です。

元来はピアノ曲ですが後にラヴェル自身の手によって美しく流麗にオーケストレーションされました。
“管弦楽の魔術師”たるその手腕がここでも発揮されています。

スポンサードリンク


一説によると晩年事故で記憶を失った彼がこの曲を耳にした時、
「素晴らしい曲だ。一体誰が作ったのだろう?」と言ったのだそうです。

余談ですがだいぶ前に下北沢の小演劇場で見た公演で、この曲が使われていました。
話の内容は覚えていませんが、曲が流れた時の感動と印象は今も鮮明に覚えています。




ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
Maurice Ravel:Pavane pour une infante defunte


http://classical-music.aki.gs/Ravel-Pavane-pour-une-infante-defunte.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 08:38 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日


ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲 - 「スイス軍の行進」 [リスト編曲] (初)


ロッシーニ序曲集
ロッシーニ序曲集
posted with あまなつ on 2016.05.05
シャルル・デュトワ
ユニバーサル ミュージック クラシック(2006-04-12)
売り上げランキング: 270


♪天才ロッシーニの作品中で最も愛される傑作序曲

全盛期にはベートーヴェンを凌ぐほどの人気だったロッシーニ。
彼が37歳で残した最後のオペラが「ウィリアム・テル」です。
主人公が子供の頭の上のリンゴを射ることでも有名なこのオペラは、
14世紀のスイスを舞台にした、自由と独立がテーマの英雄物語です。

・・・オーストリアによるスイス統治100周年の記念日。
総督ジェスレルは自分の帽子を取って掲げ、スイス人は帽子に敬礼するよう命じます。
しかし通りかかったテル親子はこれを拒否。
怒ったジェスレルは父のウィリアムに、息子ジェミの頭上のリンゴを撃つことを命じました。

人々が見守る中、百歩離れた先から見事、リンゴを打ち抜いたウィリアム・テル。
しかし、失敗した時には総督ジェスレルを射るつもりで持っていた
もう1本の矢が見つかり、親子は牢獄へと引かれて行きました。

その後仲間の助力もあって脱出したテルは、ジェスレルの心臓を矢で射抜き、
スイスの自由と独立を取り戻し、物語は大団円を迎えるのでした・・・。

この大作オペラを書いた後、ロッシーニは37歳にして引退状態に入りました。
ある日熱烈なファンに「先生の新作を期待しているのですがいかかでしょう?」
と問われたロッシーニは、ピアノに向かうと、ある曲を弾き始めました。

それはモーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」からの一節でした。
そして振り返るとロッシーニはこう言ったのです。
「こんな立派な曲があるのに、なぜ私がつまらないオペラを書く必要があるのですか。」

スポンサードリンク


最後のオペラとなった「ウィリアム・テル」では、4部からなる序曲があまりに有名です。
第1部「夜明け」 、第2部「嵐」 、第3部「静寂(牧歌)」 、第4部「スイス軍隊の行進」が、
切れ目なく演奏され、スイスの山の風景のように変化する様が描かれていきます。

ロッシーニは序曲のことをシンフォニア-交響曲と呼ぶことがありました。
ベルリオーズが「4部からなる交響曲」と評したように、
ウィリアム・テル序曲はオーケストラの魅力が凝縮された、見事な管弦楽作品です。

*リスト編曲のピアノ版にティンパ二を追加しました。




ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲 「スイス軍隊の行進」 [リスト編曲・ピアノ版]
Gioachino Antonio Rossini:William Tell Overture [Liszt arr.] [3:33]


http://classical-sound.up.seesaa.net/Rossini-William-Tell-Overture-Liszt.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:07 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》から 「プロムナード」 (ラヴェル編曲)


チャイコフスキー:交響曲第5番/組曲「展覧会の絵」
ストコフスキー(レオポルド)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-04-25)
おすすめ度の平均: 4.0
5超弩級、摩訶不思議。。。
4ストコフスキー魔術の描くロシアの土色
5ストコなんだから仕方ない
1微妙・・・
5ストコフスキーの世界を味わえる一枚


♪親友の画家の遺作展から得たインスピレーション

「展覧会の絵」は本来ピアノ曲として書かれました。
それを後年、ムソルグスキーの大ファンだったラベルが
大指揮者クーセヴィツキーのすすめもあって管弦楽アレンジを施し、
今ではそちらの方が一般的になっています。

親友だった画家ガルトマンの急死に伴い、
追悼する意味で開かれた彼の個展を訪れたムソルグスキーは、
ガルトマンの様々な作品に触発され、
そこで得た印象をもとにピアノの独奏用作品集を書き上げました。

しかしそれは不幸にも生前演奏されることはなく、
ラヴェルをはじめとする多くの人の手による
管弦楽編曲によって、広く一般に知られるようになったのです。

スポンサードリンク


クラシック以外でもロックバンドEL&Pやシンセサイザー奏者の冨田勲氏など、
様々なジャンルのアーティストたちにもカバーされるロシア音楽の不朽の名作です。

今回は最も演奏される機会の多い、ラヴェルによる編曲版でお届けします。




ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》から 「プロムナード」 (ラヴェル編曲)
Modest Mussorgsky: Pictures At An Exhibition 1. Promenade (Ravel ver.)


http://classical-music.sakura.ne.jp/Mussorgsky-Pictures-Exhibition.mp3"



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:32 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068 第2楽章 「G線上のアリア」


バッハ:管弦楽組曲(全曲)
ベイヌム(エドゥアルト・ヴァン)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2006-04-26)
おすすめ度の平均: 5.0
5せっかくの名演なのにリマスタリングに問題あり
5なんとヒューマンな響き!


♪あまりに有名なクラシック名曲の定番

「G線上のアリア」は本来「管弦楽組曲第3番」の“アリア”のことで、
そのあまりの旋律の美しさから今ではほとんど、
独立した楽曲のように演奏され親しまれています。

ヴァイオリンのG線だけで弾けるように
アレンジしたことがこのタイトルの由来のようです。

この曲のポイントはなんと言ってもベースラインでしょう。
きれいに半音、または全音ずつ上下降しています。
これはもちろん意図的ですね。

スポンサードリンク


余談ですがバッハは多分「パッヘルベルのカノン」も意識したような気がします。
というのもバッハはパッヘルベルよりも時代が少しあとの人で、
「カノン」も「アリア」も同じDのキー、
そしてコード進行も基本的には出だしなどほとんどいっしょです。

あくまで推測ですが・・・。




J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068 第2楽章 「G線上のアリア」
J.S.Bach: Orchestral Suites No.3 in D major BWV 1068 - 2.Air


http://classical-sound.up.seesaa.net/image/J.S.Bach-G-air.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 08:59 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする