このページへチップを贈る

2010年11月03日


ショパン:ワルツ 第7番 嬰ハ短調 Op.64-2

ショパン:ワルツ(全19曲)
アシュケナージ(ヴラディーミル)
ユニバーサルクラシック(2009-05-20)
おすすめ度の平均: 4.5
4スタンダード
5超POPな、《美しさ》。
5きらびやかなワルツ

♪子犬のワルツと共に人気の高いワルツ

死が近づいたショパン晩年の作品です。
3つのワルツOp.64はショパン生前の最後に出版されましたが、
第6番「子犬のワルツ」と第7番はいずれもこの作品に含まれます。

比較的難易度も低く、これを目当てにピアノを始める人も多くいます。
ですがシンプルながら曲の持つ精神的な色合いは深く、
さり気ない哀愁はショパンが最後に至った境地を感じさせます。

サンドとの別れや病などの辛さも、音楽の中に純化されていくかのようです。

左手はワルツを刻みながら、右手はマズルカを奏でているのが特徴で、
その主題をはじめ全体にスラヴ的なムードが漂っています。

スポンサードリンク


ショパンのワルツは舞踏的なものと、内面を表したものに大別されます。
第7番は明らかに後者の部類といえます。

「もしワルツに合わせて踊るのであればその相手は貴婦人でなければならない。」
とシューマンはショパンのワルツを評しました。

ショパン自身も当時流行の華やかなだけのウィンナーワルツは肌にあわず、
なぜあのような舞曲がもてはやされるのだろうと手紙に書いています。

本来は踊るための音楽に過ぎなかったワルツを、
自らの内面を表現する芸術に高めたのはやはりショパンでした。





ショパン:ワルツ 第7番 嬰ハ短調 Op.64-2
Frederic Chopin:Waltz No.7 in C sharp minor, Op.64-2



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:59 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日


ショパン:バラード 第3番 変イ長調 Op.47

ショパン:バラード&即興曲集
ブーニン(スタニスラフ)
TOSHIBA-EMI LIMITED(TO)(M)(2007-07-25)
おすすめ度の平均: 4.0
4聴き応えあり

♪ショパンの豊かな楽想が自由に羽ばたいたバラード

ポロネーズやマズルカなどのポーランド民謡に基づく作品とは違い、
バラードには舞踏的な定型のリズムというものはありません。
元は14,15世紀の舞踏歌が発祥ですが、その後叙事詩がそう呼ばれ、
独唱や合唱曲を経てショパンによって純粋な器楽曲に至りました。

ですからバラードはショパンが自由に楽想を描けたジャンルです。
表題にとらわれず絶対音楽を貫いた彼の持ち味が発揮されています。
とはいえ全4曲が3拍子的な舞踏性を残しているのも面白いところです。

バラードはポーランドの詩人ミツキェヴィチの詩にインスパイアされたと伝えられます。
ミツキェヴィチは政治活動家でもあったポーランドの国民的詩人で、
愛国心に厚かったショパンも彼を尊敬していました。

スポンサードリンク


当時のロマン主義の歌曲の詞や台本の多くはミツキェヴィチの作品に基づき、
有節形式を持たないバラードの歌詞は、自由なロマン主義の扉を開きました。
ミツキェヴィチとショパンのバラードの関連性には不明な点も多いものの、
こうした創作上の精神的な影響は少なからずあったと思われます。

ミツキェヴィチの詩「水の精」によるとされるバラード第3番は、
他の3曲のバラードと比べて華やかさ、優雅さがあるのが特徴です。

「フランスの首都の貴族的環境に順応した、洗練された知的なポーランド人が、
その中に明らかに発見されるであろう。」とシューマンは手紙に綴っています。

一見サロン的な気軽さもある第3番ですが、2番、3番にも増して作曲技術は高まり、
対位法的な手法も取り入れるなど、円熟期の充実した作品になっています。





ショパン:バラード 第3番 変イ長調 Op.47
Frederic Chopin:Ballade No.3 in A flat major, Op.47



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:37 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日


リスト:詩的で宗教的な調べ S173/R14 10. 愛の賛歌


♪内在する宗教心が表れた美しいピアノ作品集

「詩的で宗教的な調べ」はフランス・ロマン派の詩人ラマルティーヌの、
同名の詩集からタイトルがとられた10曲からなる作品集です。
リストの代表作「前奏曲」もラマルティーヌの著作に触発されたもの。

この二人の出会いはリストがパリのサロンを賑わしていた頃です。
13歳で両親に連れられパリを訪れたリストは、
ヴィルトゥオーゾとして名を上げ様々な芸術家たちと交流を持ちました。
その中のひとりが詩人アルフォンス・ド・ラマルティーヌだったのです。

晩年のリストは聖職者の地位を得て宗教曲も手がけていますが、
実は若い頃から彼の中には宗教的志向性が内在しており、
作品にもそうした傾向が出ることが多々ありました。
「詩的で宗教的な調べ」は特にそれが色濃く出た作品集といえるかもしれません。

作品としてまとめられたのは彼が30代後半から40代前半にかけてですが、
すでに20代で構想が語られており、いくつかは作曲もされています。

「私にとって最も重要なことは“詩的で宗教的な調べ”です。
これは私のシリアスな作品です。」


スポンサードリンク


リスト自身の言葉からも、彼がこの作品に対して強い思い入れを持っていたのがうかがえます。

第3曲「孤独の中の神の祝福」は特にそれが結晶化した名作ですが、
今回は晩年のリストが好んで演奏会で弾いたという第10曲「愛の賛歌」をご紹介します。
1879年3月26日に行われたセゲドの水害支援コンサートにおいて、
リストはアンコール曲としてこの「愛の賛歌」を取り上げた他、
1886年の最後の英国訪問の際にも、4月6日にこの曲を弾いています。

技巧的な反面小規模で、割と親しみやすく愛らしい作品です。






F.Liszt:Harmonies poétiques et religieuses S.173
10. Cantique d'amour
リスト:愛の賛歌.mp3


ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:32 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日


ベートーヴェン:ピアノソナタ 第15番 ニ長調 Op.28 「田園」 第1楽章

ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ全集
バックハウス(ウィルヘルム)
ポリドール(1999-06-02)
おすすめ度の平均: 4.5
5バックハウス讃
5言葉に表すのは難しい…
5永遠の指針となりうる名盤
5本全集でよいのでは?
5新全集には新全集の良さが……

♪牧歌的な雰囲気を醸し出す低音の持続音

若い頃のベートーヴェンはとても社交的な人間でした。
自慢のピアノ即興演奏を披露しては貴族のサロンを賑わし、
才気あふれる新進の音楽家として持て囃されていたのです。
その姿は時代の寵児ともいうべき花形スターそのものでした。

そんなベートーヴェンを耳の病が襲い始めたのは、
いよいよこれからという20代後半のことでした。
人との交流を楽しみ、あれだけ社交的だった男は徐々に人を避け、
自らの病を悟られまいと孤独を愛する者に変貌していきました。

自然を散策しては草木を愛で肌で風を感じ、
聴こえない耳で鳥たちの声を聴くことが日課となっていきました。
ベートーヴェンは自然の中にこそ、見えない神の存在を感じていたのです。

スポンサードリンク


ピアノソナタ第15番はそんな日々の暮らしから生まれました。
同時期に書いていた第14番「月光」の終楽章の激しさとは対照的に、
この第15番は穏やかでたおやかな、満ち足りた気分にあふれています。

ちょうど交響曲「運命」と「田園」がそうであったように、
彼はまったく性格の違う作品をあえて同時に書くことがありました。
そうして自分の中のバランスを保っていたのかもしれません。

ベートーヴェン自身はこのソナタに特に表題はつけませんでしたが、
作品の持つ牧歌的な雰囲気から後に出版社が「田園」と表記したため、
これが通称として一般的になり広まっていきました。
作曲されたのは交響曲「田園」より数年前の1801年のことです。

第1楽章は低音が刻む持続音が心地よい安心感を生み、
その上で自由に遊び戯れるかのように旋律と和音が奏でられていきます。






L.V.Beethoven:Piano Sonata No.15 in D major, Op.28 1. Allegro
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第15番 田園 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:53 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日


グリーグ:叙情小曲集 第1集 2. ワルツ Op.12-2

グリーグ没後100年特別企画 抒情小曲集[全曲]
ポブウォツカ(エヴァ)
ビクターエンタテインメント(2007-07-25)
おすすめ度の平均: 5.0
5心にしみとおるピアノの調べの美しきかな
5スタンダードな良い演奏です

♪優れたピアノ小品で北欧のショパンと呼ばれたグリーグ

“北欧のショパン”の異名を持つグリーグはその名の示す通り、
あたかもショパンを思わせるようなピアノ作品をいくつも残しました。
ドイツロマン派に傾倒したグリーグはシューマンから影響を受け、
それが自らの作品に表れることもしばしばでした。

ドイツのライプツィヒ音楽院に学んだこともあり、
初期の作品にはそうしたロマン派からの影響が色濃く感じられます。
代表作のピアノ協奏曲はシューマンと同じイ短調で、
CDなどでもよくカップリングされています。
いわゆる国民楽派風の作風になったのは後年になってからのことです。

グリーグは生涯にわたり日々を綴ったようなピアノ小品を書き続けました。
あたかもメンデルスゾーンの無言歌を思わせるそうした作品たちは、
全10集からなる叙情小曲集として、30年あまりにわたって出版されました。

スポンサードリンク


グリーグの作曲家としての音楽的変遷が見て取れる作品集で、
情緒的なものからリズミカルなもの、民族的なものと作風も様々です。
巻を重ねるごとにシンプルなものから高度なものへと移っていきますが、
基本的には演奏会というより家庭やサロン向けに作られた小品集です。

ですから無言歌集と同じく、ピアノに親しむ家庭などから大変な人気だったようです。
しかし反面、手軽な作風からか批評家の反応は芳しくなく、
グリーグは作曲家としての評価を傷つけられたと胸の内を記しています。

ショパンやシューマンのピアノ曲ほどに知名度はないものの、
叙情的で美しい旋律が散りばめられ、
ピアノの楽しさがコンパクトにまとめられた愛らしい作品集です。
出過ぎることなく気品ある佇まいからは、
聴くほどに秘めた魅力が伝わってくるかのようです。






Grieg, Edvard Hagerup:Lyric Pieces No.1 2.Vals Op.12-2
グリーグ:叙情小曲集 第1集 2. ワルツ Op.12-2.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:50 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日


ギロック:《こどものためのアルバム》より 「サラバンド」

Gillock-02.jpg ♪ピアノを習う子の親たちからも人気のギロック

子供のためのピアノ練習曲といえば何が思い浮かぶでしょうか?
バイエル、ツェルニー、ブルクミュラー等の作曲家は古くから親しまれ、
今も変わらぬスタンダードとして人気を保持していますが、
近年、子供だけというより、大人も巻き込んで人気の作曲家がいます。
アメリカの作曲家、音楽教育家であるウィリアム・ギロックです。

以前、代表曲のひとつとして「秋のスケッチ」をご紹介しましたが、
ピアノ曲作曲家として人気が高まるばかりのギロックの作品を、
再びご紹介したいと思います。

ギロックは1917年、アメリカのミズーリ州に生まれ、亡くなったのは1993年。
大変最近の作曲家であることがわかります。
そのためご年配にはあまりよく知られていないということもあります。

3歳の時に自己流でピアノを弾き始め、やがて隣町にレッスンに通うようになります。
大学は美術専攻でしたが、ここで作曲のライト教授に出会ったことが
音楽勉強のきっかけになり、本格的に学び始めたのでした。

その後、24歳で子供向けピアノ曲が5曲、シャーマン社から出版され、
ニューオリンズに移ってからはラジオやテレビ番組のピアノ伴奏者として活動しました。


スポンサードリンク


30代はピアノ教師を務め、作曲が盛んになったのは40歳を過ぎてからでした。

「サラバンド」は「こどものためのアルバム」に含まれた名品です。
この曲を聴けばギロックがなぜ子供の練習曲としてばかりでなく、
大人の鑑賞用としても親しまれているのかがお分かりいただけると思います。

ピアノ教師として現場で培った実践的感覚と、
機械的な練習に止まらず、ピアノの楽しさも盛り込んだ作風が、
ピアノを習う子の親からも支持される理由になっています。


ギロック/こどものためのアルバム
伊藤仁美
ビクターエンタテインメント(1998-03-21)
おすすめ度の平均: 5.0
4ファンタジックな味わいが、なかなかグッドです。
5近現代アメリカの煌き☆
5お母さんもいっしょにいかが?
5初めてギロックの作品に出会いました。
5オシャレで楽しいギロックが楽しめる!



ギロック:《こどものためのアルバム》より 「サラバンド」
William Gillock:Sarabande from "Album for Children"


*楽曲の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:56 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日


マクダウェル:《森のスケッチ》より 「野ばらに寄す」 Op.51-1

近・現代名曲集 上
近・現代名曲集 上
posted with あまなつ on 2010.06.07
木幡律子
ビクターエンタテインメント(1994-09-21)
おすすめ度の平均: 4.0
4子供たちの指導に
4オリジナリティーに富んだ独自の解釈

♪民謡を取り入れた穏やかで親しみやすい旋律

ヨーロッパ生活が長かったマクダウェルにとってアメリカの音楽は、
まだまだそれに追いつくものではないという意識がありました。

シューマンやグリーグといったロマン派の影響を受けた作風にも、
そうした彼の音楽に対する意識が色濃く表れています。
マクダウェルがアメリカ音楽の発展に尽くしたことは、
音楽に携わる者として自然な流れだったのかもしれません。

しかしマクダウェルの音楽的志向性は、
ヨーロッパだけに向けられたものではありません。
同時代のアメリカの作曲家 チャドウィックが
母国やカリブ海の民俗音楽の影響を受け入れたように、
スコットランドやアイルランドの民謡を自らのピアノ曲にも取り入れました。

スポンサードリンク


今日、最もよく知られる彼の作品である「野ばらに寄す」にも、
旋律のスケール(旋法)に民謡からの影響がはっきり見てとれます。

この曲を含むピアノ小品集「森のスケッチ」は1896年に
アメリカ、ニューハンプシャーのペーターバラで、自然をテーマに作曲されました。
前述の民俗音楽やロマン派からの影響に加えて、
ドビュッシーをも感じさせるような和声的雰囲気も持ちあわせています。

マクダウェルは二つの協奏曲を含む多くのピアノ曲の他に、
交響詩や管弦楽組曲といった管弦楽曲、また声楽曲などを残しました。






*プレイヤー上段がピアノ版、下段がギター版です。
E.MacDowell:Woodland sketches "To a Wild Rose" Op.51-1
マクダウェル:野ばらに寄す -piano.mp3
マクダウェル:野ばらに寄す -guitar.mp3


ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:58 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日


マクダウェル:《森のスケッチ》より 「水蓮に寄す」 Op.51-6

マクダウェル:ピアノ作品集 第1集 森のスケッチ 他
ジェームス・バルバガッロ
Naxos(2008-05-09)
おすすめ度の平均: 4.0
4なんとも愛らしい曲集

♪アメリカの音楽界の礎を築いた作曲家

マクダウェルは19世紀末のアメリカの作曲家・ピアニスト・教師です。
ニューヨーク生まれのマクダウェル少年は8歳でピアノを習い始め、
幼くしてその才能が開花、周囲にも認められていきます。

そして16歳の時にはフランスに渡り、間もなくパリ音楽院に入学。
一学年下にはやがて印象派を開くドビュッシーが在籍していました。

しかしマクダウェルのフランスでの生活は長く続きませんでした。
入学した翌年に聴いたチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番が、
彼にパリ音楽院を退学し、ドイツで学ぶ決意をさせたのです。

フランスを去ったマクダウェルはフランクフルトのホーホー大学で、
ピアノや作曲、対位法とフーガなどを学び始めました。
その時に作曲を師事したヨアヒム・ラフは、
「ハンガリー狂詩曲」のオーケストレーションでも知られるリストの弟子です。

スポンサードリンク


ラフがリストにマクダウェルを紹介したことが大きなきっかけとなり、
彼は作曲家・演奏家として認められ、ドイツのヴイースバーデンを拠点に、
その後の数年間はヨーロッパで活動を続けました。

帰国後は母国アメリカの音楽水準を上げることが自らの使命だとし、
若い音楽家たちの教育にも熱意を傾けました。






E.MacDowell:Woodland sketches "To a Water Lily" Op.51-6
マクダウェル:水蓮に寄す.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 19:13 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日


ショパン:マズルカ 第13番 イ短調 Op.17-4

ショパン:マズルカ全曲&即興曲全曲
ルービンシュタイン(アルトゥール)
BMGインターナショナル(2000-11-22)
おすすめ度の平均: 5.0
52つのらしさ

♪故郷ポーランドの農民たちに伝わる民族舞踊

マズルカはショパンが最も多く作品を残したカテゴリーです。
知られているだけでも58曲。
そのうちの49曲が現在でも頻繁に演奏されています。

マズルカの特徴は同じポーランドの舞曲、ポロネーズとは違い、
より女性的で流れるような曲調を持っている点です。
また3拍子でも1拍目より2拍目、3拍目にアクセントがあり、
わかりやすいワルツではない独特の民族的雰囲気を醸し出します。

このためシンプルな曲が多いにも関わらず表現の難しいマズルカは、
ピアニストからはとかく敬遠されがちなことも事実です。
その演奏家の力量が明るみに出るという言い方もされます。

スポンサードリンク


マズルカはポーランドのマゾフシン地方の民族舞踊が起源で、
農民たちの間で歌ったり、踊ったりしながら伝承されてきました。

またマズル、クヤヴィアク、オベレクの3種類の形態があり、
ショパンはそれら三つを巧みに取り入れ組み合わせながら、
マズルカをひとつの確立したカテゴリーへと昇華させています。

ショパンのその他の作品に見られるような、大作的なスケール感はないものの、
最も身近な音楽として、その時々の想いをそこにスケッチしたかのような、
彼の飾らない姿が垣間見える魅力を持った作品群です。






F.Chopin:Mazurka No.13 in A minor, Op.17-4
ショパン:マズルカ 第13番.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 17:28 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日


パーセル:エア ト長調 Z.641

パーセル:室内楽曲全集(7枚組)
ピーター・ヤン・ベルダー(チェンバロ、オルガン)
Brilliant Classics(2008-08-15)

♪イギリスのバロック音楽の代表的な作曲家

わずか36年の生涯に800にも上る楽曲を残したヘンリー・パーセル。
叔父の元で音楽教育を受け、9歳で作曲を始めたと伝えられます。

20代は礼拝堂のオルガニストを務める傍ら宗教曲を書き、
後に代表作となるオペラや劇音楽の作曲を始めるのは、
もうじき30代に入ろうという1680年代終わり頃からのことでした。

パーセルが活動したのはバロック音楽全盛時代。
イタリアやフランス、ドイツ等と比べてイギリスは
当時決して音楽が盛んとは言えませんでした。

ルネッサンス時代にはダウランドのような吟遊詩人の活躍もあり、
イギリスはむしろ音楽の先進国であったにも関わらずです。
クロムウェルの共和制時代に、音楽が禁止されたという
背景もそこにはありました。

スポンサードリンク


そのため一般に、イギリスバロックは
パーセルさえ聴けば事足りるとまでいわれるほどです。
もちろん他にも有名な作曲家たちはいましたが、
それで通ってしまうこともまた事実です。

パーセルの音楽にはイギリスの伝統と、当時のフランス、
イタリアの音楽を融合させたような、自由で独特の趣きがあります。
数が多いとは言えない、彼の鍵盤音楽においてもそれをうかがう事はできます。

今回お届けする小曲のひとつであるエアも、外国が由来の舞曲です。




Henry Purcell:Air for Harpsichord in G major, Z 641

http://classical-music.aki.gs/Purcell-Air-for-Harpsichord.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 02:28 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする