スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2012年08月27日


グラナドス:スペイン舞曲集 2. オリエンタル Op.37-2

小山実稚恵 国民楽派ピアノ・セレクション
定価:¥ 2,000
新品最安価格:30%OFF ¥ 1,400 (6店出品)
4.0点 あくまでもひたむきに
発売日:2007-04-25
メーカー:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
アーティスト:小山実稚恵
時間:76(分)

♪ショパンを想わせる繊細で美しいピアノ小品

グラナドスはアルベニスと並ぶ、スペインの国民的作曲家です。
スペイン音楽の基礎を作り、後のファリャなどの先達となりました。
スペインのショパン、スペインのグリーグとも呼ばれ、
共演したカザルスはグラナドスを「私たちのシューベルト」と評したそうです。
それ程に彼の音楽は叙情的で美しく、旋律にも親しみやすさがありました。

作曲の上ではスペインの民俗音楽を基盤とした面がある一方、
ショパンやシューマンのような、ロマン派的な側面をも持ち、
また同時代のドビュッシーなど、印象派の影響も見受けられます。

グラナドスは1867年7月27日、スペインのレリダに生まれました。
バルセロナでスペイン民族音楽の先駆者ペドレルから作曲を学び、
20歳でフランス人のパトロンによって、パリでピアノを学びました。
1883年にピアノの賞を受けた後、1889年にバルセロナに帰郷。
独奏会を催して絶賛を受け、音楽家としての足場を作りました。
そして1892年に発表した三つのスペイン舞曲によって真価が確立したのです。

1898年、オペラ「マリア・デル・カルメン」が初演。
1901年にはグラナドス・アカデミーを設立し、ピアノを教えました。
この組織は後に、アリシア・デ・ラローチャらのピアニストを生んでいます。

1911年発表の組曲「ゴイェスカス」は3年後の1914年にオペラ化され、
1916年にはニューヨークのメトロポリタン歌劇場で初演されました。
これに立ち会った帰りの船がドイツ軍に撃沈され、
グラナドスとその妻はそのまま帰らぬ人となったのでした。

グラナドスの代表作「スペイン舞曲集」の第2曲「オリエンタル」は、
最も知られる第5曲「アンダルーサ」の情熱的なムードとは対極的な、
繊細でショパンを想わせるトリルも印象的な珠玉の小品です。

スポンサードリンク


オリエンタルとは15世紀までスペインを支配したイスラムのことです。
スペイン舞曲集は各曲にタイトルがつけられていますが、
これは出版社によるもので、グラナドス自身は関与していません。
しかしどれもわかりやすく曲の内容を示して秀逸です。

「オリエンタル」には東洋風の音階による旋律部分があり、
おそらくそれをイメージして、このタイトルがつけられたと考えられます。





グラナドス:スペイン舞曲集 2. オリエンタル Op.37-2
Enrique Granados y Campiña
Danzas espanolas 2. Oriental Op.37-2



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:28 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日


グラナドス:スペイン舞曲集 5. アンダルーサ(祈り) Op.37-5

スペインの熱い夜/熊本マリ スペイン名曲集
定価:¥ 3,000
新品最安価格:36%OFF ¥ 1,900 (9店出品)
5.0点 最高!
5.0点 宝石のように煌めくスペイン曲集
5.0点 ダウンタウンの松本人志です
発売日:2004-10-06
メーカー:キングレコード
アーティスト:熊本マリ

♪ロマンティックなピアノ曲で知られる近代スペイン音楽の開拓者

1916年3月24日、時は第一次世界大戦の最中のことです。
作曲家グラナドスとその妻を乗せたリバプール経由の客船「サセックス」は、
スペインへ帰国途上の英仏海峡に差し掛かっていました。
歌劇「ゴイェスカス」のニューヨーク初演が大成功を収めての帰還です。

思えばこの船旅は当初から予定されたものではなく、
当時のアメリカ大統領だったウィルソンの招きによる演奏会のために、
スペイン直行便をキャンセルしてのものでした。
しかしこの変更が後の悲劇を招いてしまったのです。

2人の乗った客船は戦時下のドイツ海軍の標的となってしまい、
潜水艦の魚雷によって海の藻屑となったのです。
一命を取り留め一旦は救命艇に引き揚げられたグラナドスでしたが、
波間に漂う妻アンバロの姿を見ると、すぐさま助けに飛び込み、
そのまま妻と共に帰らぬ人となってしまったのでした。

スポンサードリンク


このできごとを扱ったニュースは瞬く間に世界を駆けめぐり、
各国の新聞紙上で大きく報道されました。
しかし結果としてグラナドスの名は、これにより人々に知れ渡ったのでした。

グラナドスを代表する作品のひとつとして知られるのが、
各々3曲ずつで4集、全12のピアノ曲からなるスペイン舞曲集です。
ジプシーを通じて東洋の文化も流れ込んだスペインの音楽は、
南欧の明るさと異国の旋律や奔放なリズムが入り混じった独特なものです。
グラナドスはこれをベースに、オリジナリティに富んだ舞曲を生み出しました。

これらはヴァイオリンやギター、管弦楽など様々に編曲されていますが、
中でもギター編曲によって一躍有名になったのが、第5曲アンダルーサです。
「アンダルシア風」の意を持つこの曲は、スペインの熱い情緒を湛え、
左手のギター奏法を思わせる動きに乗って、哀愁漂う旋律が奏でられます。
中間部は一転して穏やかで、「祈り」の副題に相応しい敬虔な雰囲気を醸しています。





グラナドス:スペイン舞曲集 5. アンダルーサ(祈り) Op.37-5
Enrique Granados y Campiña
Danzas espanolas 5. Andaluza (Playera) Op.37-5



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 08:33 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日


ベートーヴェン:6つのバガテル Op.126

ベートーヴェン : ピアノ協奏曲全集
新品最安価格:12%OFF ¥ 3,496 (6店出品)
5.0点 デリケートでストロング
4.0点 今でも愛聴盤です!
5.0点 エレガントなピアノ、正確無比なオケ
発売日:1996-03-01
メーカー:ポリドール
アーティスト:アシュケナージ(ウラジミール)
ディスク数:3

♪ベートーヴェン最晩年にして最後のピアノ曲

6つのバガテルは1824年完成の、ベートーヴェンの最後のピアノ曲です。
死が2年後に迫った最晩年の作品ということもできます。
1824年と言えば、やはり最後の交響曲となった「第9」Op.125の完成年でもあり、
6つのバガテルOp.126はその直後に仕上げられました。

前年の1823年には「デイアベリ変奏曲」と「ミサ・ソレムニス」が書かれています。
更にその前年1822年は最後のピアノソナタ第31番と32番作曲の年です。
バガテル以降は5つの弦楽四重奏曲とひとつのカノンしか残しておらず、
そんなところからもベートーヴェン最晩年の心境がうかがえる作品にもなっています。

バガテルとは短かく文学的なピアノ小品曲のことです。
ベートーヴェンの有名なバガテルでは「エリーゼのために」があげられます。
これは単独のバガテルですが、ベートーヴェンは作曲の過程で未使用の旋律がたまると、
それらをピアノ小品のバガテルとして仕上げ、数曲ずつまとめて出版していました。

作品126についてベートーヴェンは「自分が書いた最高のバガテル」と記しています。
また第1曲のスケッチの欄外に「小曲の連作 Ciclus von Kleinigkeiten」と
書き込まれていることから、6曲を通して演奏することが意図されています。

スポンサードリンク


6つのバガテルは作品全体を穏やかな楽想が占めています。
まず第1、第3、第5曲は透明感あふれ、平穏な心境が伝わってきます。
こと第3曲のカデンツァやその後のトリル、アルペジオの何と軽やかなことでしょうか。
ベートーヴェンの心はもうすでに、半分天国にあるかのようです。

第2曲と第4曲は短調で足早な曲調ではあるものの、かつてのような切迫感はなく、
全体の緩やかな流れに、ほんの少し強めのアクセントを置いたというニュアンスです。
そして終曲の第5曲は、冒頭と最後の急速なプレストを除けば、
やはり平和的なアンダンテが、楽曲のほとんどの部分を占めています。

あまりに透徹として一切の翳りや不安もなく、どこまでも天上的な響きのためか、
劇的な効果の求められる演奏会では、取り上げられる機会が少ないようです。
しかしベートーヴェンが最後にたどり着いた境地を知る手だてとして、
そして何より私たちが心の平安をこの音楽から得るために、
6つのバガテルはもっと広く愛されてほしい作品だと思います。
シンプルな小品とはいえそこには、ピアノ音楽のエッセンスが凝縮されているのです。





ベートーヴェン:6つのバガテル Op.126
Ludwig van Beethoven:6 Bagatelles Op.126
1. Andante con moto 2. Allegro 3. Andante

4. Presto 5. Quasi allegretto 6. Presto



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 01:36 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日


バルトーク:ルーマニア民俗舞曲 Sz.56 1. 棒踊り

リリー・クラウス コレクション2 バルトーク:ルーマニア民族舞曲
定価:¥ 1,260
新品最安価格:13%OFF ¥ 1,084 (6店出品)
レビュー平均: 5.0点 (1 人がレビュー投稿)
5.0点 ピアノ嫌いのための
発売日:2007-08-08
メーカー:コロムビアミュージックエンタテインメント
アーティスト:クラウス(リリー)
時間:53(分)

♪作曲とともに民俗音楽の採集と研究に意欲を燃やしたバルトーク

20世紀のベートーヴェンともいわれるハンガリーの大作曲家バルトーク。
作曲家の3大Bといえばバッハ、ベートーヴェン、ブラームスですが、
ブラームスに替えてオーストリアではブルックナーが入るように、
3大Bに並べて称されることもあるほど、その評価は絶対的です。

そんなバルトークには作曲家、演奏家の他にもうひとつの顔があります。
それは世界的な民俗音楽研究の権威という一面です。
彼はハンガリーや、ルーマニアなどの民謡を一万種も蒐集し、
そのうちの1000曲ほどを世に送り出しています。

1904年の23歳の頃、ゲルリーツェプスタ(現在スロヴァキア領)において、
バルトークは初めてトランシルヴァニア出身者の歌うマジャル民謡に触れました。
そして翌1905年に、パリのルビンシュタイン音楽コンクールに出場し、
そこでハンガリーでは知られていなかったドビュッシーの音楽を知り、
また民謡について科学的アプローチを始めていたコダーイに出会いました。

1906年からコダーイや研究者達と共にハンガリー各地の農民音楽の採集を始め、
1913年にはアフリカのアルジェリアまで足を伸ばすなど活動は精力的でした。
1907年、26歳でブダペシュト音楽院ピアノ科教授に就任すると、
更なる民謡の採集が進み、民謡の編曲なども行うようになりました。

作品としてはピアノ小品や、ヴァイオリン協奏曲第1番の2楽章、
また1908年の弦楽四重奏曲第1番にも民謡採集の影響が表れています。
1911年には、自身にとって唯一のオペラとなった《青ひげ公の城》が、
ハンガリー芸術委員会賞から演奏不可能という事で拒絶されたため、
失望した彼は2、3年は作曲をせず、民謡の収集と整理に集中していました。

スポンサードリンク


1934年には音楽院ピアノ科教授を退職、科学アカデミーの民俗音楽研究員となり、
自分や研究者達が収集したコレクションの整理に取り組める環境を得ました。
バルトークの民俗音楽研究はただの収集活動にとどまらず、
それを分析し自らの音楽語法に昇華させた点に大きな意義があります。

「ルーマニア民俗舞曲」はバルトークのそうした民謡採集と研究がもたらした、
1915年に作曲された6曲からなるピアノの小品の組曲です。
1917年、自身により小管弦楽に編曲され、彼の最もよきルーマニアの友人であり、
また最も民謡採集に協力した人物であるイオン・ブシツィアに献呈されました。





バルトーク:ルーマニア民俗舞曲 Sz.56 1. 棒踊り
Bartók Béla Viktor János:Romanian Folk Dances, Sz.56, BB68
1. Bot tánc / Jocul cu bâtă (Stick Dance)



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:42 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日


ドビュッシー:前奏曲集 第1巻 10. 沈める寺

ドビュッシー:前奏曲集第1巻
新品最安価格:¥ 1,676 (6店出品)
中古最安価格:30%OFF ¥ 700 (3店出品)
5.0点 急がず 遅過ぎず 大き過ぎず 小さ過ぎず
発売日:2007-02-28
メーカー:ユニバーサル ミュージック クラシック
アーティスト:ベネデッティ=ミケランジェリ(アルトゥーロ)
フォーマット:Limited Edition

♪海底から浮上し再び沈み行く大聖堂の姿を描く

ショパンやスクリャービンと同じく12曲ずつ全2巻の、24曲の前奏曲を残したドビュッシー。
第1巻は1910年に、そして第2巻は1913年にそれぞれ出版されました。
近代ピアノ音楽の最高峰にして、彼の最高傑作とも呼ばれる作品です。

グレゴリオ聖歌に象徴されるように、西洋クラシック音楽の出発点はモノフォニー-単旋律でした。
それが大バッハによって複数の旋律が高度に絡み合うポリフォニーが極められ、
やがて主旋律に対して伴奏的な和声が伴うホモフォニーが登場します。
これは現代のポピュラー音楽などにも通じています。

そして古典派、ロマン派、後期ロマン派と時代が進むにつれ、
ワーグナーがそうであるように、むしろ和声が前に出るようになっていきました。
これは調性の崩壊に関わる地点にまで至りましたが、
ドビュッシーもまた、音楽における和声の役割を追求した作曲家でした。
旋律に頼らずハーモニーと音の響きで、印象派の絵画のように色彩を描こうとしたのです。

そうした彼の探求の成果が、24の前奏曲集には大いに活かされています。
そしてその究極とも言えるのが、第1巻第10曲の「沈める寺」です。
美しくも高度な和音は時に、片手だけで7音を鳴らすことを要求します。
指は5本ですから、1本で2つの鍵盤を同時に押さえなければなりません。

スポンサードリンク


この曲のイメージの元になっているのは、ブルターニュ地方の古い伝説です。
コルアイユの王グラドロンは、愛する娘ダユーの為にイースの都を建設しました。
イースは立派な水門と堤防に守られた、海面よりも低い土地に建設された都市。

しかしダユーは放蕩三昧で、彼女が治めるイースは欲と快楽の都になっていました。
この堕落したイースの都に罰を与えるべく神の使いの男が現れ、
彼の言葉に従った結果、繁栄した都は一瞬にして海底に沈んでしまいました。

海底に眠るイースの都は、グラドロンの教会でミサが行われなくなるとき、
この世のものとは思えないほど、美しい姿で浮上してくると言われています。
「沈める寺」は海底の静謐な世界から、徐々に浮上するグラドロン教会が、
やがて完全に海上に姿を現し、そこから鐘の音と祈りの合唱を鳴り渡らせると、
再び深海へと沈んでいく光景を、和音を中心とした音で描写しています。

フランスの首都パリ-Parisの語源は、Par-Is=「イースのような」と言う意味です。
またイースは『トリスタンとイゾルデ』のイゾルデの生地としても知られています。





ドビュッシー:前奏曲集 第1巻 10. 沈める寺
Claude Debussy:Préludes, Book1 10. La cathédrale engloutie



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 13:43 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日


サン=サーンス:死の舞踏 Op.40 (リスト編曲 S.555)

アンコール
新品最安価格:12%OFF ¥ 1,789 (4店出品)
レビュー平均: 4.8点 (5人がレビュー投稿)
5.0点 強烈な個性
5.0点 ヴィルトオーゾ
4.0点 聴衆を熱狂させたピアニストの超絶技巧
発売日:1990-04-21
メーカー:BMGビクター
アーティスト:ホロヴィッツ(ウラジミール)

♪幻想的なハロウィンの一夜を描いた交響詩

『死の舞踏』はサン=サーンスが1874年に作曲した有名な交響詩です。
原曲は1872年作曲の歌曲で、詩人アンリ・カザリスの詩に着想を得ています。

― ハロウィンの深夜0時になり教会の鐘が鳴り終わると、
死の神が現れヴァイオリンを弾き、墓石を叩いて合図をする。
すると大勢の骸骨たちが現れて、不気味な踊りを始め、それは激しさを増す。

夜中に響き渡る骨と骨が擦れあう音。
最高潮では「最後の審判」の「怒りの日」をもじった旋律が姿をみせる。
しかし雄鶏の声が夜明けを告げると、骸骨たちは墓場に帰っていく…。

こうした様が音楽で描かれ、カザリスの奇怪な詩の世界を表現しています。
また、スコア冒頭ではカザリスの詩から、以下の数行が引用されています。


ジグ、ジグ、ジグ、墓石の上
踵で拍子を取りながら
真夜中に死神が奏でるは舞踏の調べ
ジグ、ジグ、ジグ、ヴァイオリンで

冬の風は吹きすさび、夜は深い
菩提樹から漏れる呻き声
青白い骸骨が闇から舞い出で
屍衣を纏いて跳ね回る

ジグ、ジグ、ジグ、体を捩らせ
踊る者どもの骨がかちゃかちゃと擦れ合う音が聞こえよう

静かに!突然踊りは止み、押しあいへしあい逃げていく
暁を告げる鶏が鳴いたのだ


リストはこの曲を1876年にピアノ・ソロ用にアレンジしています。
サン=サーンスにとっての出世作となった歌劇「サムソンとデリラ」の初演で、
自らタクトを振るなど、リストはサン=サーンスを評価し擁護していました。

スポンサードリンク


実は管弦楽版の『死の舞踏』は発表当初、評判はよくありませんでした。
初演の夜も演奏会場には、非難の口笛が鳴り渡ったと伝えられています。
しかしリストはこれにも態度を変えず、ピアノ曲として新たな生命を吹き込んだのです。

リストが亡くなった1886年、サン=サーンスは1曲の交響曲を書き上げました。
「オルガン付き」の名で知られる代表作、交響曲第3番ハ短調です。
サン=サーンスはこのスコアに「リストを追慕して」と記し、
生前に自分の音楽を理解してくれた、彼に対する感謝と敬慕の念を示したのでした。





サン=サーンス:死の舞踏 Op.40 (リスト編曲 S.555)
Saint-Saens:Danse macabre Op.40 (Liszt arr. S555/R240)



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:35 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日


ショパン:ノクターン 第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2

ショパン:夜想曲全集
新品最安価格:12%OFF ¥ 3,564 (5店出品)
レビュー平均: 4.3点 (12人がレビュー投稿)
4.0点 安らぎます
5.0点 清楚に全てを語りつくしたノクターン
発売日:1996-10-25
メーカー:ユニバーサルクラシック
アーティスト:ピリス(マリア=ジョアオ)

♪晴れやかで流麗にして甘美なノクターンの人気曲

ノクターン第5番嬰ヘ長調は、1833年出版の『3つのノクターン』Op.15の第2曲です。
第1曲のノクターン第4番ヘ長調と同じく、1831年から32年にかけて作曲されました。
Op.15はノクターンの創始者ジョン・フィールドの影響から抜け始めた作品で、
後の作風にも通じるような、ショパンのオリジナリティが随所に表れています。

世間的にも“ショパンのノクターンはフィールドを超えた”と評価されますが、
当のショパンは「フィールドと並び賞されて、僕は嬉しくて走り回りたい気分です。」
と手紙の中でその喜びをあらわにしています。
旋律を大事にするフィールドを、ショパンはとても敬愛していたのです。

第5番はショパン特有の翳りや感傷的なところがなく、
どこまでも晴れやかで流麗、甘美な作品です。
Doppio movimentoと表示された中間部は、煌びやかなアルペジオが印象的で、
嬰ハ長調の5連符の上に付点リズムという独創的な構成です。
シンプルながら3部形式の中に魅力が凝縮されていて、
演奏効果も高く人気があるため、頻繁に取り上げられています。

スポンサードリンク


作曲された1831-32年は、ショパンがパリに来て、まだ駆け出しの頃で、
社交界の貴婦人たちを相手に自作を披露したり、レッスンを施したりしながら、
作曲家、演奏家としての基盤を固めていた時代です。

若き無名の音楽家を、パリはそう簡単には受け入れてくれませんでしたが、
リストはこの天才を見逃さず、積極的にパリの楽壇に紹介しました。
これが追い風となり、ショパンは気鋭の音楽家として花開いていったのです。

やがてショパンの音楽は革新性をもって、独自の世界を築き始め、
ついには恩人リストに勝るとも劣らぬ、変幻自在の境地へと到りました。
男性的で劇的な演奏効果で、外に向けてアピールするリストの音楽と、
女性的な繊細さで、ひとりの人に向けて聴かせるようなショパンの音楽。
両者はあたかも太陽と月のように、それぞれの光を輝かせていたのです。





ショパン:ノクターン 第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2
Frédéric François Chopin:Nocturne No.15 in F sharp major, Op.15-2



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:18 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日


ショパン:ノクターン 第13番 ハ短調 Op.48-1

ショパン:夜想曲集
新品最安価格:¥ 1,450 (9店出品)
レビュー平均: 5.0点 (2人がレビュー投稿)
5.0点 心に寄り添うノクターン
5.0点 うっとり
発売日:2006-11-08
メーカー:ユニバーサル ミュージック クラシック
アーティスト:バレンボイム(ダニエル)
フォーマット:Limited Edition

♪敬虔な静謐さと劇的な激しさ…ショパンのノクターンを代表する傑作

ノクターンほどショパンの作風にあった形式もないかもしれません。
美しく優雅な旋律を中心とした、甘美で感傷的な音楽。
ショパンという作曲家が内包していたものを、最も自然に表現できたジャンルです。

ノクターンの歴史は古く、発祥は中世にまで遡ります。
それをピアノ独奏曲として確立させたのが、英国の作曲家ジョン・フィールドです。
フィールドのノクターンは、右手が奏でる歌謡風の旋律に、
左手が奏でるアルペジオの伴奏が伴うという単純なものでした。
考え方としてはメンデルスゾーンの無言歌に近いとも言えます。

フィールドは1832年から1833年にかけてパリに滞在しました。
この時にショパンは影響され、自らもノクターンを本格的に作り始めたのです。
“本格的に”としたのは17歳の頃にも、既にノクターンが作曲されているからで、
この事からもワルシャワ時代から、フィールドのことは知っていたと思われるからです。

映画「愛情物語」で知られる第2番変ホ長調は、ショパンの代名詞的な有名曲ですが、
この曲などはまさにフィールドの影響が残る、比較的シンプルな内容です。
しかしここからショパンのノクターンは徐々に深化を見せ始め、
中期から後期にかけては最早、別物と言える芸術作品へと変貌を遂げていきます。

そうした作品群の中でも、最高傑作との声も多いのが、第13番ハ短調Op.48-1です。
Op.48の2曲はジョルジュ・サンドとの仲も良好だった1841年の作。
精神的には安定しているはずですが、特にOp.48-1には激しい悲しみがあります。

スポンサードリンク


様式はA-B-A' からなる三部形式。しかし、内容は独創的です。
同主調のハ長調に転じたBのコラール(2:02)には、祈るような敬虔さがあります。
それが次第に力強い激情を見せ始め、そのまま再現部へとつながっていきます。
このA'(4:10)の部分が白眉なのです。

Aと同じ旋律を扱っているとは言え、3連符に乗ったその音楽は遥かに情熱的で、
ショパンの内に秘めた感傷や憧憬が迸るかのようです。
Cm-Fm7-G-Cm という和音進行も、たたみ掛けるような3連と共に、
Aの時よりも一際強い感傷性をもって、聴く者の胸に響いてきます。

「2倍の速さで」という指示の通り、この部分には男性的な激しさがあります。
それと同時に内向きなナイーヴさもあり、そんなところも含めて、
最もショパンらしさが集約された音楽と言ってもいいと思います。

コラール部後半の盛り上がりや、再現部の激情など、ドラマ性も大きいため、
第13番ハ短調はピアニストが演奏会で、好んで取り上げる作品にもなっています。





ショパン:ノクターン 第13番 ハ短調 Op.48-1
Frédéric François Chopin:Nocturne No.13 in C minor, Op.48-1



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:13 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日


サティ:ジムノペディ No.1 [ピアノ版]

3つのジムノペディ~サティ・ピアノ作品集
新品最安価格:12%OFF ¥ 1,572 (10店出品)
レビュー平均: 4.6点 (10人がレビュー投稿)
5.0点 音楽のアールデコ
5.0点 ロジェの演奏が抜群
5.0点 それぞれの曲が、一篇の詩のようでした。
発売日:2003-06-25
メーカー:ユニバーサル ミュージック クラシック
アーティスト:ロジェ(パスカル)

♪音楽の新しい地平を開いた異端の作曲家エリック・サティ

90年代前半、日本ではバブル経済が崩壊し、人々は癒しを求め始めていました。
アロマ・テラピーやヒーリング・グッズ、スピリチュアル本などが持て囃され、
TV-CMで流れた坂本龍一さんのピアノ曲が、インストにも拘らず大ヒットした時代です。

音楽の世界ではヒーリング系のコンピレーション・アルバムが数多く発売され、
ジャンルを越えて様々な曲が、1枚の中に収録されていました。
そうした状況の中、クラシック系で最も人気だったのがサティだったと思います。
分けても『ジムノペディ No.1』は、サティの代名詞的な曲として頻繁に取り上げられ、
オリジナルのピアノはもちろん、色々なアレンジ版も巷を賑わしていました。

『ジムノペディ』とはアポロ神の祝日に、裸身の若者たちが舞踊を奉納したという、
古代ギリシャの祭典「ジムノペディア」に由来したサティの造語です。
これが描かれた壺画にインスパイアされ、作曲されたとも言われています。
中世の教会旋法を用いた、4分の3拍子の簡素ながら洗練された音楽です。

サティはクラシックの世界でも極めて異端な人です。
13歳でパリ音楽院に入学した才能の持ち主でありながら、
既存の音楽体系に飽き足らず、退学して独自の音楽世界を構築していきました。

反体制的な気質の持ち主でしたが、それは音楽に対しても同じで、
いわゆる西洋音楽的な理論を、ことごとく打ち砕いた人でした。
例えばワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」が、調性崩壊の第一歩とされていますが、
サティのそれはもっと大胆で、和音的に理論外の試みと言えるものでした。

また、楽譜の調号や小節線、拍子記号をなくしたり、オーケストラ曲の楽器として
サイレン、飛行機の爆音、タイプライター、ピストル、ダイナモの音を導入するなど、
すべてが規格外と言える作曲家でした。

スポンサードリンク


そして「家具の音楽」という概念を生み出し、音楽は襟を正して鑑賞すべし、
という考えに反旗を翻し、家具の様にただそこにある音楽を提唱しました。
これはまさしく現代のBGMであり、ヒーリング音楽にも通じる先駆的なものです。

ドビュッシー、ラヴェル、ストラヴィンスキーなど、同時代の作曲家たちは、
そろってサティの作曲技法に影響されたことを表明しています。
そしてイーノ、ケージ、ライヒといった現代音楽家たちにも、
その流れは連綿と受け継がれているのです。

21世紀の現代でもまったく古さを感じさせないどころか、
未だに時代の一歩先を行っているかのような、異端の作曲家エリック・サティ。
様々な困難が続く現代日本にも、その癒しの旋律は必要なものなのかもしれません。

*ドビュッシーによる管弦楽版を公開していましたが、今回は原曲のピアノ版です。





サティ:ジムノペディ No.1 [ピアノ版]
Erik Alfred Leslie Satie:Gymnopédies No.1



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:17 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする