テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年05月03日


ダウランド:涙のパヴァーヌ (流れよ、わが涙)

ダウランド:リュート集
ベイルズ(アントニー) リンドバーグ(ヤコブ)
ユニバーサルクラシック (2004/02/25)
おすすめ度の平均: 5.0
5 文句なし!です。
5 絶対お買い得!

♪ルネッサンス後期を代表するリュート曲の名作

ジョン・ダウランドは後期ルネッサンス時代に活躍した、
イギリスを代表するリュート奏者にして作曲家です。
彼の時代以前のリュートは主に、伴奏のために
使われていましたが、ダウランドが活躍した頃には
独立した楽器として、演奏に用いられるようになりました。

「涙のパヴァーヌ」は元々歌曲として作曲し
大ヒットしたものを、後にダウランド自身が
リュート独奏用に編曲した作品です。
最近ではロック歌手のスティングが取り上げたことで
再度、ダウランドへの注目が集まっています。

スポンサードリンク


ちなみにリュートという楽器は簡単に言うと
クラシック・ギターの原型で、琵琶のような形をしています。
弦が2本1組で張られているため、
厚みや深みのある特有の音色がします。

現代ではリュート曲はほとんど
クラシック・ギターが代用されています。
今回もそのギターの音色でお届けします。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:47 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日


タレガ:アルハンブラ宮殿の思い出

アルハンブラ宮殿の思い出〜スペイン・ギター名曲集
ウィリアムス(ジョン)
ソニーレコード(2000-11-01)
おすすめ度の平均: 5.0
5スペイン・ギター名曲集
520代のエネルギーが凝縮されたアルバム
5癒される
5ギターの名曲を最高の名演で

♪トレモロ・ギターといえばこの曲

「禁じられた遊び」と並ぶぐらいの有名なギター曲です。

作曲者のタレガはスペインの作曲家・ギター奏者で、
その超絶テクニックから“ギターのサラサーテ”と呼ばれるほどでした。

しかし作曲においては敬愛したショパンのように叙情的で、旋律のきれいな作風でした。

スポンサードリンク


「アルハンブラ宮殿の想い出」はタレガが夕暮れのアルハンブラ宮殿を訪れた際、
その光景に感動して作曲したといわれます。

ギターによるトレモロが印象的なこの曲ですが、
今回はヴァイオリンによる主旋律でお届けします。




タレガ:アルハンブラ宮殿の想い出
Francisco Tarrega:Recuerdos de la Alhambra

http://classical-music.aki.gs/Tarrega-Alhambra-Violin.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:16 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする