テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2008年02月23日


タレガ:涙 -ラグリマ-

アルハンブラの思い出~ギター名曲集
ソル
コロムビアミュージックエンタテインメント(2003-07-23)

♪ギター愛好家にもおなじみの旋律

スペインのアンダルシア地方の民謡では、
ギターはなくてはならない主要な楽器でした。
フラメンコでもギターは踊りを盛り上げるために大活躍しています。

アントニオ・デ・トーレスというギター職人はそれを改良して、
現在のクラシック・ギターの原型を作りました。
トーレス作は少し小さいことを除いて、
ほぼ今のクラシック・ギターと同じものといえます。

タレガは優れた演奏技巧によって、クラシックの世界における
ギターの地位を確立させた重要な人物です。
ベートーヴェンやメンデルスゾーン、ショパンなどのピアノ曲を
ギター用に編曲することで、ギターとクラシックのつながりのイメージを
強めることに貢献したともいえます。

スポンサードリンク


作曲家としてのタレガはショパンを敬愛し、
その作風にも詩的な旋律と超絶的な技巧の融合という形で影響が表れています。

「涙」は「アルハンブラの思い出」などと共に愛されるタレガの代表曲のひとつです。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:07 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日


アルベニス:《スペイン組曲》 第1曲 「グラナダ」 Op.47-1 [ギター版]

スペインの想い出〜アルベニス作品集
ウィリアムス(ジョン)
ソニーレコード(1995-03-24)
おすすめ度の平均: 5.0
5ギターといえばスペインかもしれない

♪ギター曲としても親しまれる組曲の第1曲

スペイン出身の作曲家として数多くのピアノ曲や歌曲、
オペラを残したアルベニスを代表する作品としては
「イベリア組曲」と「スペイン組曲」という
いずれ劣らぬ2つのピアノ作品集があげられます。

とても完成度の高い独創的な、純然たるピアノ作品として
ドビュッシーも愛した「イベリア組曲」に対して、
故郷スペインの香りが色濃く漂う「スペイン組曲」は、
アルベニス本人も意識したらしく、ピアノよりむしろ
ギターの方があっているぐらいの、
ギター・レパートリーとしても広く親しまれている作品です。

スポンサードリンク


グラナダとは南スペインのアンダルシア地方に位置する都市の名で、
タレガの名曲でも知られるアルハンブラ宮殿が今もその地に残っています。
この曲は当初、コンサート・プログラムでは「セレナータ」
「グラナダ-セレナータ」などとあいまいに表記されていましたが、
アルベニスは「グラナダ」について「セレナーデという言葉にふさわしくない、
何よりも強く胸を引き裂くような嘆き」と語っています。





Isaac Albeniz:Suite Espanola "Granada" Op.47-1
アルベニス:グラナダ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 08:24 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日


愛のロマンス〜禁じられた遊び 《 スペイン民謡 》

禁じられた遊び~アランフェス協奏曲
イエペス(ナルシソ)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2002-02-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5この人は別格
5ギターのカリスマによるギター名曲集。
5うまい
5イエペス大先生のベスト的アルバム

♪クラシックギターの代名詞的な人気の入門曲

ギターの名曲が続いたところで、やはりこれが出ないと
収まりがつかないというスタンダードをひとつ。
ギター入門曲として知らない人のいない、
また、出だしだけなら一度は弾いたことがある方も
多いのではないかという超有名曲です。

原曲はスペイン民謡「愛のロマンス」ですが、
ご存知の通りそれを映画「禁じられた遊び」で
ナルシソ・イエペスが弾いて一躍世界に知れ渡り、
今では曲のタイトルも「禁じられた遊び」と言った方が
ピンとくるまでになってしまいました。

スポンサードリンク


なぜこの曲は入門曲としてこれほど浸透しているのでしょう?
それは出だしからかなりの間、ほとんど開放弦のみで
演奏できてしまうことが大きいと思います。
そしておそらく、中間部で長調に転ずるあたりから
断念したという方も多いかもしれません(笑)

ちなみに映画は全編、イエペスのギター1本のみのサントラですが、
その理由が面白く、撮影にお金をかけ過ぎてしまい、
オーケストラを雇う余裕がなくなってしまったためだそうです。
けがの功名とはまさにこのことですね。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 02:59 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日


バリオス:《大聖堂》より “前奏曲”

バリオス作品集
バリオス作品集
posted with あまなつ on 2008.10.14
ウィリアムス(ジョン)
ソニーレコード(1995-04-01)
おすすめ度の平均: 4.5
3ギタリストらしい演奏!
5洗練と繊細さの奇跡
5バリオス弾きの達人 渾身の2作目
5天才と偉人の合体
4バリオスの名曲を名手の名演で

♪バリオス晩年の心境が表れたような静謐な音楽

バリオスは南米パラグァイ出身の、
20世紀を代表するギタリストのひとりです。
ヴィラ=ロボスやマニュエル・ポンセなどにも影響を与え、
ラテンアメリカ最高のギタリストとして、
中南米全域で絶大な人気を博していました。

しかし、同じくギターの神様と呼ばれたセゴビアが
バリオスを否定したことから、一時期彼の作品は
あまり演奏されなくなっていましたが、
後年、ジョン・ウィリアムスが取り上げたことなどをきっかけに
再び作品は見直され、今ではすべてのギタリストにとって
重要な作曲家のひとりにもなっています。

「大聖堂」は1921年(36才)にウルグアイの首都
モンテビデオを訪れた際、大聖堂から流れる
美しいオルガンの音に誘われて入った時の感動を描いたものです。
3部からなる作品ですが、この時は2,3部だけが書かれ、
それから17年後の1938年(53才)に第1部の前奏曲が
付け加えられ今の形になりました。

スポンサードリンク


前奏曲は一見シンプルで音数も少なく、
他の2曲と比べても地味な印象さえありますが、
そこに込められた精神的な深みは例えようがなく、
技術などを越えてバリオス晩年の境地が滲み出たような音楽です。
3部の中では最も宗教的な祈りの静謐さが感じられます。





Agustin Barrios:La Catedral -Preludio(Saudade)
バリオス:大聖堂 “前奏曲”.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 17:05 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日


アルベニス:《スペイン組曲》 第5曲 「アストゥリアス」 Op.47-5 [ギター版]

ハイパー・アンコール
福田進一
コロムビアミュージックエンタテインメント(1998-04-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5きらめきの小品集
5クラシックギターに興味があるならまずはコレ!

♪ギタリスト憧れの華麗で荘厳なスタンダード曲

アルベニスはスペイン国民楽派を代表する作曲家・ピアニストです。
特にピアノ曲のジャンルで名作を残し、
分けても4巻12曲から成る組曲「イベリア」は、
スペイン・ピアノ音楽の最高峰とされ、
ドビュッシーやメシアンからも絶賛されました。

さて、今回お届けする「アストゥリアス」ですが、もしかしたら
ギター曲と思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、
実際はアルベニス自身の「スペインの歌(前奏曲)」という
ピアノ曲が原型であり、それが「スペイン組曲」に
転用されたという歴としたピアノ曲です。

スポンサードリンク


それをギタリストのタレガがト短調からホ短調へとキーを変え、
ギター用に編曲したものが、今日では
オリジナル・ピアノ版以上に、広く一般に知られています。





Isaac Albeniz:Asturias (Leyenda)
アルベニス:アストゥリアス.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 01:00 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日


ダウランド:涙のパヴァーヌ (流れよ、わが涙)

ダウランド:リュート集
ベイルズ(アントニー) リンドバーグ(ヤコブ)
ユニバーサルクラシック (2004/02/25)
おすすめ度の平均: 5.0
5 文句なし!です。
5 絶対お買い得!

♪ルネッサンス後期を代表するリュート曲の名作

ジョン・ダウランドは後期ルネッサンス時代に活躍した、
イギリスを代表するリュート奏者にして作曲家です。
彼の時代以前のリュートは主に、伴奏のために
使われていましたが、ダウランドが活躍した頃には
独立した楽器として、演奏に用いられるようになりました。

「涙のパヴァーヌ」は元々歌曲として作曲し
大ヒットしたものを、後にダウランド自身が
リュート独奏用に編曲した作品です。
最近ではロック歌手のスティングが取り上げたことで
再度、ダウランドへの注目が集まっています。

スポンサードリンク


ちなみにリュートという楽器は簡単に言うと
クラシック・ギターの原型で、琵琶のような形をしています。
弦が2本1組で張られているため、
厚みや深みのある特有の音色がします。

現代ではリュート曲はほとんど
クラシック・ギターが代用されています。
今回もそのギターの音色でお届けします。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:47 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日


タレガ:アルハンブラ宮殿の思い出

アルハンブラ宮殿の思い出〜スペイン・ギター名曲集
ウィリアムス(ジョン)
ソニーレコード(2000-11-01)
おすすめ度の平均: 5.0
5スペイン・ギター名曲集
520代のエネルギーが凝縮されたアルバム
5癒される
5ギターの名曲を最高の名演で

♪トレモロ・ギターといえばこの曲

「禁じられた遊び」と並ぶぐらいの有名なギター曲です。

作曲者のタレガはスペインの作曲家・ギター奏者で、
その超絶テクニックから“ギターのサラサーテ”と呼ばれるほどでした。

しかし作曲においては敬愛したショパンのように叙情的で、旋律のきれいな作風でした。

スポンサードリンク


「アルハンブラ宮殿の想い出」はタレガが夕暮れのアルハンブラ宮殿を訪れた際、
その光景に感動して作曲したといわれます。

ギターによるトレモロが印象的なこの曲ですが、
今回はヴァイオリンによる主旋律でお届けします。




タレガ:アルハンブラ宮殿の想い出
Francisco Tarrega:Recuerdos de la Alhambra

http://classical-music.aki.gs/Tarrega-Alhambra-Violin.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:16 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする