このページへチップを贈る

2020年04月17日


コール・ポーター:So In Love(「日曜洋画劇場」エンディングテーマ) / Cole Porter:So in Love (from "Kiss Me, Kate")

Coleporter2s.jpg♪日本では「日曜洋画劇場」エンディングテーマとして有名

コール・ポーター(Cole Porter、1891年6月9日 - 1964年10月15日)は、アメリカ合衆国の作曲家・作詞家。本名コール・アルバート・ポーター(Cole Albert Porter)。ミュージカルや映画音楽の分野で、多くのスタンダード・ナンバーを残しました。インディアナ州で生まれた彼は、6歳でヴァイオリンを、8歳でピアノを習いました。イェール大学卒業後にハーバード大学に入学しましたが、最終的に音楽家の道を選びました。

1915年、ブロードウェイ・ミュージカル『Hands Up』に楽曲提供し、本格的に作曲家として活動を開始。しかし、翌年手がけた『まずアメリカを見よ』が、2週間で打ち切られる挫折を経験し、その後パリに渡りました。ヨーロッパでも作曲活動を続けた彼は、1923年にはバレエ曲「Within The Quota」を作曲するも、依然として成功に恵まれず、1920年代後半に帰国しました。

1930年、ミュージカル『ザ・ニューヨーカーズ(英語版)』に「ラブ・フォー・セール」等の楽曲を提供。これも成功には至らず、歌詞の内容が物議を醸しラジオ放送禁止に。しかし、この曲は後年スタンダード・ナンバーとなりました。そして、1932年にはミュージカル『陽気な離婚(Gay Divorce)』が大ヒットになり、ここでフレッド・アステアが歌った「夜も昼も(Night and Day)」は、コールの代表曲の一つと目されました。

1936年には映画『踊るアメリカ艦隊』に「イージー・トゥ・ラヴ」等を提供し、映画音楽の分野にも進出しました。1948年、ミュージカル『キス・ミー・ケイト』が大ヒットし、トニー賞を受賞。その後も多くの曲を作りましたが、1964年、腎不全のためカリフォルニア州サンタモニカで亡くなりました。




「ソー・イン・ラヴ」(So in Love)は、ミュージカル『キス・ミー・ケイト』の劇中歌として作曲され、パトリシア・モリソン(スペイン語版)が歌ったのが最初です。その後、パティ・ペイジのレコード録音をはじめとして、エラ・フィッツジェラルドらのジャズ歌手の活躍により、ジャズのスタンダードナンバーとして定着しました。多くの有名な歌手がこの曲を取り上げ、演奏・録音を行っており、歌手なしの器楽のみによる演奏も行われています。

日本においては、ピアノ協奏曲風にアレンジされたモートン・グールド楽団の演奏が、テレビ朝日の『日曜洋画劇場』エンディングテーマに、1967年4月9日の番組開始から1998年11月15日まで使用されました。「日曜洋画劇場のエンディングテーマ」として日本では認識度が上がり、元からのクラシック曲として間違われることもありました。

ピアニストの中村紘子は、これをセルゲイ・ラフマニノフの作品と勘違いしていたと『題名のない音楽会』で告白していました。ラフマニノフを慕っていたというモートン・グールドの編曲は序奏から格調が高く、クラシック音楽にも通じる気品と重厚感があります。

*1年前にピアノなしのオーケストラ版で公開しましたが、今回はピアノのアルペジオを追加し、よりピアノ協奏曲風の演奏に近づけました。


コール・ポーター:So In Love(「日曜洋画劇場」エンディングテーマ))
Cole Porter:So in Love (from "Kiss Me, Kate") [3:27]




*作曲家の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです



ブログパーツ