このページへチップを贈る

2020年01月22日


ビゼー: 《アルルの女》第2組曲 第4曲:ファランドール [2020][AR] / Georges Bizet: L'Arlesienne: Orchestral suite No.2:IV. Farandole

Bizet-04.jpg♪友人エルネスト・ギローの手により完成された壮大な終曲

『アルルの女』(L'Arlesienne)は、ジョルジュ・ビゼーによる全27曲の付随音楽。アルフォンス・ドーデの同名の短編小説『アルルの女(フランス語版)』およびそれに基づく戯曲の上演のために1872年に作曲されました。

付随音楽から編曲された2つの組曲が一般には最も広く知られています。

作曲期間が短く、契約の関係で極めて小編成のオーケストラしか使えなかったため、作曲には大変苦労したという話が伝わっています。初演の評価は芳しくなく、6年後に再演された時は大好評のうちに迎えられましたが、その時すでにビゼーはこの世の人ではありませんでした。

一般に知られているのは、演奏会用に劇付随音楽から数曲を選んだ組曲で、第1組曲はビゼー自身が通常オーケストラ向けに編成を拡大して組曲としたものです。劇付随音楽が初演された直後の1872年11月10日に初演されて成功を収めました。



第2組曲は、ビゼーの死後の1879年に彼の友人エルネスト・ギローの手により完成されました。ギローは管弦楽法に長けており、「アルルの女」以外の楽曲も加えて編曲しました。

第4曲「ファランドール」は、劇音楽No.21のファランドールなどからギローが終曲として構成。プロヴァンス民謡「3人の王の行列」(短調)に基づく旋律とファランドールが組み合わされ、熱狂的なクライマックスを築き上げます。

「ファランドール」の軽快な旋律は、民謡「馬のダンス」(長調)に基づいています。

*演奏内容と音響(アルゴリズムリバーブ)を改めた新録音です。
過去のものより全体にテンポを上げ、活気ある演奏に努めました。


ビゼー: 《アルルの女》第2組曲 第4曲:ファランドール [2020][AR]
Georges Bizet: L'Arlesienne: Orchestral suite No.2
IV. Farandole [3:48]



Bizet-LArlesienne-Suite-No2-Farandole-2020-AR.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:26 | 管弦楽曲 (Orchestral) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする