このページへチップを贈る

2019年12月25日


ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125 「合唱」 第3楽章 [2019][AR] / L.V.Beethoven:Symphony No.9 in D minor, Op.125 III. Adagio molto e cantabile

b8.jpg
♪まるで天上世界のように美しい第3楽章

短調の激しい二つの楽章が終わると、別世界の音楽のように始まるのが第3楽章です。

ベートーヴェンは1822年夏に「第9」の作曲に着手すると、まずは第1楽章を完成させ、
次いで第3楽章、第2楽章、最後に第4楽章の順で作曲の作業を進めました。




第3楽章には特別なインスピレーションを感じるに感動的な部分がいくつかあります。

ひとつは気品ある第1主題に続いて、愛らしい第2主題が始まる場面。
B♭からDという遠隔調への転調ながら不自然さがなく、
旋律が始まるのを聴くたびに、言葉にならない感情が込み上げてきます。

もうひとつの印象的な部分は、最後の変奏の途中にスウィング調の旋律が現れる場面です。
全体に格調高い第3楽章にあって、少し気軽な感じのするフレーズで、
ベートーヴェンが人生を愛しむ思いが伝わってくるかのようです。

*演奏と音響を改めた新録音です。前作に続き、弦楽器と管楽器に分けて音響処理しています。


ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125 「合唱」 第3楽章 [2019][AR]
L.V.Beethoven:Symphony No.9 in D minor, Op.125
III. Adagio molto e cantabile [16:12]



Beethoven-Symphony-No9-3rd-2019-AR.mp3


スポンサードリンク






【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 07:01 | 交響曲 (Symphony) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする