テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2016年05月05日


ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲 - 「スイス軍の行進」 [リスト編曲] (初)


ロッシーニ序曲集
ロッシーニ序曲集
posted with あまなつ on 2016.05.05
シャルル・デュトワ
ユニバーサル ミュージック クラシック(2006-04-12)
売り上げランキング: 270


♪天才ロッシーニの作品中で最も愛される傑作序曲

全盛期にはベートーヴェンを凌ぐほどの人気だったロッシーニ。
彼が37歳で残した最後のオペラが「ウィリアム・テル」です。
主人公が子供の頭の上のリンゴを射ることでも有名なこのオペラは、
14世紀のスイスを舞台にした、自由と独立がテーマの英雄物語です。

・・・オーストリアによるスイス統治100周年の記念日。
総督ジェスレルは自分の帽子を取って掲げ、スイス人は帽子に敬礼するよう命じます。
しかし通りかかったテル親子はこれを拒否。
怒ったジェスレルは父のウィリアムに、息子ジェミの頭上のリンゴを撃つことを命じました。

人々が見守る中、百歩離れた先から見事、リンゴを打ち抜いたウィリアム・テル。
しかし、失敗した時には総督ジェスレルを射るつもりで持っていた
もう1本の矢が見つかり、親子は牢獄へと引かれて行きました。

その後仲間の助力もあって脱出したテルは、ジェスレルの心臓を矢で射抜き、
スイスの自由と独立を取り戻し、物語は大団円を迎えるのでした・・・。

この大作オペラを書いた後、ロッシーニは37歳にして引退状態に入りました。
ある日熱烈なファンに「先生の新作を期待しているのですがいかかでしょう?」
と問われたロッシーニは、ピアノに向かうと、ある曲を弾き始めました。

それはモーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」からの一節でした。
そして振り返るとロッシーニはこう言ったのです。
「こんな立派な曲があるのに、なぜ私がつまらないオペラを書く必要があるのですか。」

スポンサードリンク


最後のオペラとなった「ウィリアム・テル」では、4部からなる序曲があまりに有名です。
第1部「夜明け」 、第2部「嵐」 、第3部「静寂(牧歌)」 、第4部「スイス軍隊の行進」が、
切れ目なく演奏され、スイスの山の風景のように変化する様が描かれていきます。

ロッシーニは序曲のことをシンフォニア-交響曲と呼ぶことがありました。
ベルリオーズが「4部からなる交響曲」と評したように、
ウィリアム・テル序曲はオーケストラの魅力が凝縮された、見事な管弦楽作品です。

*リスト編曲のピアノ版にティンパ二を追加しました。




ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲 「スイス軍隊の行進」 [リスト編曲・ピアノ版]
Gioachino Antonio Rossini:William Tell Overture [Liszt arr.] [3:33]


http://classical-sound.up.seesaa.net/Rossini-William-Tell-Overture-Liszt.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:07 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする