テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2013年05月29日


ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68 第4楽章 [CODA]

ブラームス:交響曲第1番
新品最安価格:18%OFF ¥ 2,120 (7店出品)
中古最安価格:51%OFF ¥ 1,260 (6店出品)

5.0点 名演とは・・・
発売日:2008-12-10
メーカー:EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
アーティスト:シャルル・ミュンシュ パリ管弦楽団
フォーマット:Limited Edition

♪交響曲史上、最も壮大といわれるコーダ

4つのブラームスの交響曲の中で、最も愛され演奏される機会も多い作品です。
指揮者のハンス・フォン・ビューローが「ベートーヴェンの第10交響曲」と例えたことでも有名。
ビューローはその精神性がベートーヴェンに続くものという意味で言ったのです。

しかし、第4楽章主部の第1主題が、ベートーヴェン第9の歓喜の主題と似ていることから、
この部分ばかりが第1交響曲のエピソードとして、あげつらわれることがあります。
たしかに似ている…というよりまったく同じフレーズがあるほどですが、
これはブラームスが信奉するベートーヴェンへの敬意の念がそうさせたのだと思います。

発表当時にもやはり同じ件について批評が起こったのですが、これに対してブラームスは、
「凡人はとかく同じように聴きたがるものである」と、一笑に付したといいます。
ベートーヴェンへのオマージュとはいえ、れっきとしたオリジナルとの自負があったのでしょう。

ブラームスはベートーヴェンを尊敬するあまりに、「交響曲を作るならベートーヴェンに
匹敵しなければ意味がない」と、なかなか創作に手をつけようとせず、
最初に思い立ってから約20年後の43歳の時に、ようやく第1番の完成を見ました。
やっとベートーヴェンに並び立つことができたとの、手応えもあったはずです。

ところで、実際にベートーヴェンの第10交響曲のために用意されたという、
いくつかの断片的なスケッチが残されています(クーパー博士の断定も含む)。
中には弟子のシントラーによって、「第10交響曲へのスケルツォ」また、「第10交響曲への
アンダンテ(変イ調)」と書き込まれたスケッチもあり、総じて判断すると、変ホ長調の
アンダンテとハ短調のアレグロを、同一の楽章に置くという構想があったことがうかがえます。

この、ハ短調のアレグロが8分の6という拍子もあって、ブラームス第1番第1楽章の主部に、
驚くほど楽想の雰囲気が似ています。
また、シントラーの書き込みがあるハ短調のスケルツォも、拍子こそ違え、
やはり、ブラームス第1番第1楽章の主部に、どこか共通したものを感じさせます。

これらのスケッチが発見公開されたのは20世紀後半のこと。
ブラームスは19世紀の人ですから、このスケッチはおそらく知り得ないと思います。
にもかかわらず、どうして両者はここまで似ているのか?
私には歓喜の主題のことより、こちらの方が強く気になってしまいます。

スポンサードリンク


第1番はブラームスの交響曲にしては前向きで力強く、ビューローの言う通り、
むしろ「ベートーヴェンの第10交響曲」と言った方が収まりがいいぐらいです。
そこで私はどうしても、ベートーヴェンが生前にやり残した仕事を、
自らの後継者と呼ぶにふさわしいブラームスにインスピレーションを与え、
彼を通してやり遂げたのではと思ってしまうのです。
それほどに、あまりにベートーヴェン的な、ベートーヴェン的過ぎる交響曲です。

第1番の第4楽章のコーダは、交響曲史上、最も壮大であるともいわれています。
全曲を通してたどってきた変遷の結論が、この一点に集約されています。
それはベートーヴェンの「運命」にも示されたような、次元を超えた勝利です。

この曲は7年ほど前に公開していましたが、どうしてもコーダだけを改めたくなり、
以前のスローなテンポから一転、アップテンポで一気に駆け抜ける演奏にしました。





ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68 第4楽章 [CODA] [2:28]
Johannes Brahms:Symphony No.1 in Cminor, Op.68
4. Adagio - Piu andante - Allegro non troppo, ma con brio [CODA]


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:30 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする