=テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック=
◆NHK連続テレビ小説『エール』/ チャイコフスキー:弦楽セレナーデ 第2楽章
◆4/1 フジテレビ 「志村けんさん 46年間 笑いをありがとう」 / F.サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ
◆4/1 フジテレビ 「志村けんさん 46年間 笑いをありがとう」 / サン=サーンス:白鳥
◆NHK連続テレビ小説『エール』/ オッフェンバック:天国と地獄
◆NHK連続テレビ小説『エール』 / エルガー:威風堂々 第1番
◆3/31 テレビ朝日 「芸能人格付けチェック 3時間SP」 / スッペ:軽騎兵 序曲
◆3/31 テレビ朝日 「芸能人格付けチェック 3時間SP」 / メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
◆テレビCM ソフトバンク 5G(ブルースウィリス) / チャイコフスキー:くるみ割り人形「葦笛の踊り」
◆テレビCM 翔んで埼玉 | Amazonプライム・ビデオ / ベートーヴェン:交響曲第9番 第2楽章
◆テレビCM ダンロップ タイヤ(福山雅治) / エルガー:威風堂々 第1番
◆テレビCM YANASE / ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
◆テレビCM マルちゃん正麺 (役所広司・二階堂ふみ)/ プライヤー:口笛吹きと犬
◆テレビCM くらしの友 / ドビュッシー:月の光
◆Maroon 5 - Memories (カノンのコード進行と旋律を使用) / パッヘルベル:カノン ニ長調
◆テレビCM 不二家 ホットチョコ / ヨハン・シュトラウス二世:美しく青きドナウ
◆3/20 テレビ朝日 夜の巷を徘徊する(マツコ・デラックス) / メンデルスゾーン:結婚行進曲
◆テレビCM KYOCERA50周年アニバーサリー / エルガー:威風堂々 第1番
◆テレビCM リンナイ食器洗い乾燥機 / ネッケ:クシコスポスト
◆テレビCM ドミノピザ / パッヘルベル:カノン ニ長調
◆テレビCM ASAHI飲料 ワンダ(YOSHIKI) / モーツァルト:きらきら星変奏曲
◆3/14 NHK ブラタモリ(島原) / シューベルト:アヴェ・マリア
◆テレビCM ASAHI MINTIA / レオンカヴァッロ:歌劇《道化師》 第1幕「衣装をつけろ」
◆テレビCM GALAマンション / スコット・ジョプリン:ジ・エンターテイナー
◆テレビCM 明光義塾 / スコット・ジョプリン:ジ・エンターテイナー
◆テレビCM ソフトバンク Air(上戸彩) / プッチーニ:トゥーランドット
◆フィギュアスケート4大陸選手権 初優勝 羽生結弦選手 / ショパン:バラード第1番

2013年01月30日


ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 Op.92 第2楽章 [リスト編曲]

ベートーヴェン(リスト編)交響曲第7番
定価:¥ 2,500
新品最安価格:5%OFF ¥ 2,375 (1店出品)
中古最安価格:20%OFF ¥ 1,988 (2店出品)
発売日:2009-03-26
メーカー:インディペンデントレーベル
プロダクトタイプ:ABIS_MUSIC
アーティスト:伊藤憲孝

♪対となる2つの旋律が織り成す美しくも厳粛な世界

リストは自分以外の様々な作曲家の作品を、ピアノ用に多数アレンジしました。
ベートーヴェンを始めとしてシューベルト、ベルリオーズ、ワーグナーなど、
主に元は管弦楽作品だったものを、ピアノ一台用に編曲を施しています。
そして、リストのこの作業は一般に“トランスクリプション”と呼ばれています。

有名な「愛の夢 第3番」は、元はソプラノ用の歌曲でしたが、
これも自身によってピアノ編曲されたトランスクリプション作品のひとつです。

トランスクリプションとは簡単に言えば編曲(アレンジ)の一形態です。
記譜されていない曲や音を記譜するという意味があるほか、
ある楽器または楽器群のために書かれた楽曲を、
異なる楽器または楽器群での演奏用に編曲することも意味しています。
リストの場合は後者の意味です。

そしてリストのトランスクリプションの中でも特によく知られるのが、
ベートーヴェンの全9曲の交響曲を手がけたS.464の作品群です。
多数の作曲家の作品から散発的に取り上げた、他のトランスクリプションと違い、
この9曲に対しては隙なくコンプリートさせようという意気込みが感じられます。
そして実際に9曲の全楽章を、ひとつも欠けることなく仕上げています。

ベートーヴェンの交響曲はオーケストラそのままの形で聴くべきだ、
なぜ、わざわざピアノ用に編曲して聴く必要があるのか?
という考え方もあるかもしれません。

スポンサードリンク


しかし、当時は一般の人々がフルオーケストラに触れる機会は少なく、
こうしてピアノで弾ければ、より身近に親しめたという意味もあります。
また、ピアノにアレンジしたものを聴くことで、
オーケストラ版では見えなかったことに気づくという点もあります。

今回の第7交響曲のアレグレットでも、複数の旋律が緻密に絡み合う様が、
ピアノの繊細な音色によって、よりくっきりと前に出ているのがわかります。
リストはそういったことも考慮しながら、どうしたらベートーヴェンの交響曲を
ピアノ一台で表現できるのか?と工夫を重ねながら作品を書き上げているのです。





ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 Op.92 第2楽章 [リスト編曲] [9:14]
L.V.Beethoven:Symphony No.7 in A major, Op.92
2. Allegretto [Liszt arr.]



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:24 | 交響曲 (Symphony) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする