テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2013年01月08日


スメタナ:交響詩 《モルダウ》 (『わが祖国』より) [新録音2013]

スメタナ:わが祖国(全曲)
新品最安価格:13%OFF ¥ 1,084 (4店出品)
レビュー平均: 4.7点 (6人がレビュー投稿)
5.0点 わくわくと心躍る『わが祖国』の演奏。
5.0点 祖国ボヘミアへの熱烈な賛美と愛情
5.0点 聴く度に身震いがして来よる演奏
発売日:2006-01-18
メーカー:コロムビアミュージックエンタテインメント
アーティスト:アンチェル(カレル)

♪ボヘミア国民主義音楽の礎を築いた愛国心に満ちた作曲家

スメタナはボヘミア国民主義音楽の祖と呼ばれる19世紀の作曲家です。
1824年3月2日にチェコで生まれ、5歳で四重奏曲の演奏に加わり、
6歳で早くもピアニストとして、公衆の面前に姿を現していました。

作曲をモーツァルトに、ピアノをリストに習おうと決心していた青年スメタナは、
父親の意に背いてプラハに向かい、そこでカテリーナという少女と出会います。
二重奏を組んだ二人はそれで生計を立て、やがて恋仲になっていきました。

カテリーナの勧めで師事したヨーゼフ・プロクシは、
スメタナの才能を認め、無報酬で彼に音楽を教授しました。
やがてレオポルド・タン伯爵家の家つき楽長に就任したスメタナは、
これをきっかけに音楽家としての道を順調に歩み始めるのです。

当時のボヘミアは16世紀から続くオーストリアの統治下にありました。
しかし、19世紀初頭にヨーロッパに勃興した、国民主義的風潮はボヘミアにも及び、
ボヘミアは独立をめざす民族運動を起こしました。
これに動かされたスメタナは、1848年に革命学生部隊の行進曲を書き、
この結果、要注意人物として官憲に睨まれ、スウェーデンに走ったのです。

1856年、スウェーデンのゴーテボルクの音楽協会の指揮者に就任。
ここで成功を収めたものの、カテリーナは北の地で帰らぬ人となりました。
この間の1859年、オーストリアが仏伊連合軍に敗れて風向きが変わり、
国民が芸術意欲を取り戻したボヘミアへと、スメタナは1861年に帰って行きました。

スポンサードリンク


故国に戻ったスメタナは、最終的に8作となる国民歌劇の創作に乗り出し、
1863年に「ボヘミアのブランデンブルク家の人々」を、続いて1866年には代表作、
「売られた花嫁」を完成させ、国民の圧倒的支持を受けました。

しかし、1870年ごろからスメタナの耳は病に冒され始め、
ついにはベートーヴェンと同じく、まったく聴覚を失ってしまいます。
こうした苦難の中、書き上げられたのが、6曲からなる連作交響詩「わが祖国」です。

この中でも特に知られる第2曲「モルダウ」は、スマヴァの森に源を発し、
旧跡に富む山々の裾を通ってプラハを貫け、やがて海へと至る大河のことです。
木の葉から滴る水の音がピチカートで示され、それは徐々に集まって流れとなり、
水かさを増しながら奔流は森の側を通り過ぎて行きます。

聴こえてくるのは狩猟のラッパの響き、そして山裾には牧場や畑も見えてきます。
村では農民の結婚式が行われ、歌や踊りに宴もたけなわです。
やがて日が暮れると月光にきらめく水面には、水の精たちが密やかに舞っています。

再び流れを取り戻した奔流は、岩間に当たって砕ける激流となり、
それが収まると川幅を広げ、古き名城を映しながらプラハの都を貫け、
草原の彼方、遥かな海へと流れ去って行くのです。

交響詩「わが祖国」の完成後のスメタナは、歌劇「接吻」などの作品を書きましたが、
1884年5月12日、プラハの精神病院で息を引き取りました。
彼が残したボヘミア国民主義音楽は、ドヴォルザークなどによって
さらに発展し、立派に受け継がれていったのでした。


スメタナ:交響詩 《モルダウ》 (わが祖国より) [新録音2013] [13:48]
Bedrich Smetana:The Moldau (Vltava) from "My Country"

http://classical-sound.up.seesaa.net/Smetana-The-Moldau-2013.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 17:22 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする