スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2012年12月29日


チャイコフスキー:交響曲 第4番 ヘ短調 Op.36 第4楽章

チャイコフスキー:交響曲第4番、ロメオとジュリエット
定価:¥ 1,800
新品最安価格:12%OFF ¥ 1,572 (8店出品)
発売日:2011-05-11
メーカー:ユニバーサル ミュージック クラシック
クリエーター:カラヤン(ヘルベルト・フォン)(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(演奏)
時間:65(分)

♪チャイコフスキー後期3大交響曲に数えられる名作

交響曲第4番作曲時のチャイコフスキーは、精神的窮地に立たされていました。
モスクワ音楽院での教え子アントニーナ・イヴァノブナ・ミリューコヴァと、
交際ひと月半ほどでスピード結婚したものの、わずか1ヵ月足らずで別居状態になり、
チャイコフスキーは精神的にも肉体的にも、大きなダメージを受けていました。

そして、交響曲第4番のオーケストレーション作業中だった1877年9月17日に、
彼は肺炎にかかって死のうと、自ら冷たいモスクワ川に入水したのです。
通行人に発見されて一命を取りとめたものの、2日間は生死の境を彷徨っていました。

病院を退院したチャイコフスキーは、スイス、ウィーン、ヴェネチアと旅に出かけ、
11月には中断していた交響曲第4番のオーケストレーションを再開。
12月26日、イタリアのサン・レモで全曲のオーケストレーションを完成させました。

チャイコフスキーが教職を離れ、こうして作曲活動に専念できたのは、
前年の暮れから始まったメック夫人の経済的援助という後ろ盾があったからです。
夫人は亡夫が経営した鉄道事業により莫大な遺産を所持し、
それを芸術家の支援にあてることを誇りとしていました。
このことに対する感謝の意を表して、本作はメック夫人に捧げられました。

第4番の初演直後に夫人に宛てた手紙でチャイコフスキーは、
譜例を添えてこの曲の楽章ごとの、細かな解説を書いています。
そして、全曲の結論とも言える第4楽章についてはこう語っています。

『自分の中に喜びを見出せないなら、他の人を見なさい。
民衆の中に入って行き、彼らが歓喜に身を任せて楽しんでいる様子をご覧なさい。
この楽章は人々がお祭りを楽しんでいるシーンです。

人々の歓喜に巻き込まれあなたが自分を忘れそうになった瞬間、
無慈悲な運命が再び現れてその存在を誇示し、あなたに注意を促します。
でも人々は、あなたの事に気づかず、孤独で悲しんでいても見向きもしません。
彼らは何と陽気に愉快に暮らしているのでしょうか?

この世は全てが悲しいなどと言わないことです。
他人の喜びを、共に享受しなさい。素朴だとしても、力強い歓喜は存在します。
それでこそ人は生きることができるのですから。』

また 弟子である作曲家タネーエフに向けてこうも説明しています。

『実際この曲は、ベートーヴェンの交響曲第5番に倣っています。
もちろん、その内容ではなく、基本的なアイデアにおいてです。』

スポンサードリンク


その言葉通り、運命を告げる第1楽章序奏部の悲痛なファンファーレに始まり、
各楽章で人生における様々な体験を追想した後に、
最終楽章ではまるでお祭り騒ぎのような、突き抜けた歓びに雪崩れ込んでいきます。
その熱狂はあたかもベートーヴェンの第9のコーダをも思い起こさせるほどです。

人生は色々あり、人それぞれに悩みや問題を抱えているとしても、
しばしそれらを脇に置いて、今生きている歓びに身を任せようと、
チャイコフスキーは私たちにメッセージしているのかもしれません。

__________________________________________________


…今年も一年お世話になりました。
そして、当ライブラリーにお付き合いいただき、心から感謝しています。
来年もよりよい音楽をお届けできるように励んでいきますので、
引き続きご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い致します。

みなさま、一年間おつかれさまでした。
2013年がみなさまにとってよい一年になることを、心よりお祈りしています。

それではよいお年を!


2012.12.29 クラシック名曲サウンドライブラリー





チャイコフスキー:交響曲 第4番 ヘ短調 Op.36 第4楽章 [8:35]
Peter Ilyich Tchaikovsky:Symphony No.4 in F minor, Op.36
4. Finale: Allegro con fuoco



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:42 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする