テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2012年06月28日


ワイル:組曲《小さな三文音楽》から 4. 気楽な生活のバラード (歌劇「三文オペラ」)

三文オペラ〜ジャズとクラシック
定価:¥ 1,835
中古最安価格:¥ 4,440 (2店出品)
発売日:1994-10-26
メーカー:ポリドール
アーティスト:ロンドン・フェスティバル・レコーディング
ディスク数:1
時間:48(分)

♪ロンドンの「乞食オペラ」が200年後にベルリンの「三文オペラ」に

今回も『三文オペラ』をワイルが自ら編曲した組曲『小さな三文音楽』から、
第4曲として登場する『気楽な生活のバラード』をお届けします。

『三文オペラ』は1728年にロンドンで初演され、空前の大成功を収めた
ジョン・ゲイ作の『乞食オペラ - The Beggar's Opera』が原作です。
これをブレヒトとハウプトマンが改作した台本にクルト・ワイルが作曲。
ちょうど200年後の1928年にベルリンで初演されました。

ジョン・ゲイは17世紀から18世紀に活躍したイギリスの劇作家です。
当時は神話などを題材にしたヘンデルのオペラが興隆を極め、
人々はそうした夢物語の演劇世界に遊んだ時代でした。

そうした背景にあってあえて、乞食がオペラなるものをやりたい、
という設定でロンドンの犯罪世界を扱ったのがこの『乞食オペラ』。
既存の民謡、流行歌やヘンデルの曲まで取り入れた、
バラード・オペラ(歌入り芝居)というジャンルの音楽劇で、
のちにドイツで「ジングシュピール」と呼ばれる形式の原型となりました。

『乞食オペラ』は1920年にも、フレデリック・オースティンが改定した台本が
ロンドンで上演され大成功を収め、2年半のロングランを続けました。
ブレヒトのパートナーだったエリザベート・ハウプトマンはこれを知り、
自らの手で英語からドイツ語へと翻訳。
1928年に試訳をブレヒトに見せると、ブレヒトはそれを気に入り、
現代的にアレンジと改作を施し、戯曲『三文オペラ』が完成したのでした。


(あらすじ) --- 『三文オペラ』の舞台は19世紀末のロンドンのソーホー。
貧民街の顔役である女好きの色男メッキー・メッサー(英語ではマック・ザ・ナイフ)は、
ある日、街で偶然出会った少女ポリーを見初め、その日のうちに彼女と結婚する。
ところが、ポリーはロンドンの乞食の総元締め「乞食王」ピーチャムの娘だった。

スポンサードリンク


二人の結婚を知ったピーチャムと彼の妻シーリアは娘を寝取られたことに怒り、
メッキーと別れるようポリーを説得するが、ポリーは全く耳を貸さない。
二人を引き離すため、ピーチャムは警視総監ブラウンに、メッキーの逮捕を要求。
裏でメッキーと通じていたブラウンはピーチャムの要求に悩むが、
もしメッキーを逮捕しなければ、女王の戴冠式のパレードの最中に、
乞食を集めてデモをすると脅迫され、やむなくメッキーを逮捕する事を決めてしまう。

この事実を知り、警察の目を盗んで逃走を図るメッキー。
しかし愛人の一人ジェニーの密告でメッキーは捕らえられてしまう。
それから数日後、メッキーは牢獄の前で起こった愛人の一人ルーシーと、
ポリーの喧嘩がきっかけとなり脱獄に成功、再び街に戻る。

ピーチャムは脅迫通り乞食のデモ行進を戴冠式のパレードにぶつけようと計画。
警視総監ブラウンを再び脅迫し、メッキーが娼婦のところにいると教える。
娼婦の裏切りに捕らえられたメッキーは、戴冠式の朝に処刑されようとするが
、 最後に唐突に女王の使者が登場。恩赦が下り、年金1万ポンドと城が与えられる。





ワイル:組曲《小さな三文音楽》から 4. 気楽な生活のバラード (歌劇「三文オペラ」)
Kurt Weill:Kleine Dreigroschenmusik (A Little Threepenny Music)
4. The Ballad of the Easy Life



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:26 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする