スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2011年12月29日


マイケル・ナイマン:映画《ピアノレッスン》から 「楽しみを希う心」

ピアノ・レッスン オリジナル・サウンドトラック
新品最安価格:20%OFF ¥ 2,023 (12店出品)
中古最安価格:88%OFF ¥ 300 (28店出品)
レビュー平均: 4.9点 (9人がレビュー投稿)
5.0点 ナイマンの世界
5.0点 ファンならゲットしなくてはならない
4.0点 映画が好きなら買うべし!
発売日:1993-12-08
メーカー:EMIミュージック・ジャパン
クリエーター:マイケル・ナイマン(作曲/指揮/Piano)

♪言葉を持たない主人公の内面を映し出すピアノ

1993年公開のフランス/ニュージーランド/オーストラリア映画『ピアノ・レッスン』で、
主人公・エイダが奏でる映画のメインテーマとも言うべきピアノソロ曲です。
サントラ盤では作曲者のマイケル・ナイマン自身によるピアノ演奏ですが、
劇中ではエイダを演じる主演の、ホリー・ハンター自らがピアノを弾いています。

物語は19世紀のニュージーランドが舞台。
主人公のエイダとその娘フローラは、ピアノ一台と伴にスコットランドを旅立ち、
当時まだ未開の地だった、ニュージーランド南端の孤島にたどり着きます。

訪れた目的は夫となる土地買人のスチュアートとの再婚。
しかしスチュアートはピアノは重すぎると海辺に置き去りにしてしまいます。
6歳から口がきけないエイダにとって、ピアノは代わりに語ってくれる大切なもの。
エイダは娘を連れて何度も、浜辺にピアノを弾きに訪れました。

その姿に惹かれた通訳のベインズは、ピアノをスチュアートから入手。
エイダに「黒鍵の数だけ自分にレッスンをしてくれたらピアノを返す」と約束します。
こうして始まったレッスンを重ねるうち、二人はお互いに惹かれあっていくのでした…。

作曲のマイケル・ナイマンは英国ロンドン出身の現代音楽の巨匠です。
ピーター・グリーナウェイ監督作品の音楽で、一部では知られた存在でしたが、
93年のカンヌ映画祭グランプリ作品『The Piano(ピアノ・レッスン)』の音楽により、
一躍その名を全世界に轟かせることになります。

スポンサードリンク


主人公の内面を映し出すようなサントラは、全世界で300万枚以上を売り上げ、
特に「The Heart Asks Pleasure First - 楽しみを希う(こいねがう)心」は、
映画の顔として浸透し、ヒーリング系のアルバムにもよく取り上げられました。

映画『ピアノ・レッスン』の音楽は、94年のピアノコンチェルトの素材にもなっています。
この曲は協奏曲というより、ピアノも伴ったオーケストラ曲といった趣きの作品です。

その後、ナイマンは 2003年に初のヴァイオリン交響曲を作曲。
現代音楽に理解を持つ世界的ヴァイオリニスト、ギドン・クレーメルと共演しました。




マイケル・ナイマン:映画《ピアノレッスン》から 「楽しみを希う心」
Michael Nyman:The Heart Asks Pleasure First from "The Piano"

マイケル・ナイマン:映画《ピアノレッスン》から 「楽しみを希う心」 - Streaming



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 02:09 | 映画音楽・洋楽・J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする