=テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック=
◆NHK連続テレビ小説『エール』/ チャイコフスキー:弦楽セレナーデ 第2楽章
◆4/1 フジテレビ 「志村けんさん 46年間 笑いをありがとう」 / F.サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ
◆4/1 フジテレビ 「志村けんさん 46年間 笑いをありがとう」 / サン=サーンス:白鳥
◆NHK連続テレビ小説『エール』/ オッフェンバック:天国と地獄
◆NHK連続テレビ小説『エール』 / エルガー:威風堂々 第1番
◆3/31 テレビ朝日 「芸能人格付けチェック 3時間SP」 / スッペ:軽騎兵 序曲
◆3/31 テレビ朝日 「芸能人格付けチェック 3時間SP」 / メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
◆テレビCM ソフトバンク 5G(ブルースウィリス) / チャイコフスキー:くるみ割り人形「葦笛の踊り」
◆テレビCM 翔んで埼玉 | Amazonプライム・ビデオ / ベートーヴェン:交響曲第9番 第2楽章
◆テレビCM ダンロップ タイヤ(福山雅治) / エルガー:威風堂々 第1番
◆テレビCM YANASE / ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
◆テレビCM マルちゃん正麺 (役所広司・二階堂ふみ)/ プライヤー:口笛吹きと犬
◆テレビCM くらしの友 / ドビュッシー:月の光
◆Maroon 5 - Memories (カノンのコード進行と旋律を使用) / パッヘルベル:カノン ニ長調
◆テレビCM 不二家 ホットチョコ / ヨハン・シュトラウス二世:美しく青きドナウ
◆3/20 テレビ朝日 夜の巷を徘徊する(マツコ・デラックス) / メンデルスゾーン:結婚行進曲
◆テレビCM KYOCERA50周年アニバーサリー / エルガー:威風堂々 第1番
◆テレビCM リンナイ食器洗い乾燥機 / ネッケ:クシコスポスト
◆テレビCM ドミノピザ / パッヘルベル:カノン ニ長調
◆テレビCM ASAHI飲料 ワンダ(YOSHIKI) / モーツァルト:きらきら星変奏曲
◆3/14 NHK ブラタモリ(島原) / シューベルト:アヴェ・マリア
◆テレビCM ASAHI MINTIA / レオンカヴァッロ:歌劇《道化師》 第1幕「衣装をつけろ」
◆テレビCM GALAマンション / スコット・ジョプリン:ジ・エンターテイナー
◆テレビCM 明光義塾 / スコット・ジョプリン:ジ・エンターテイナー
◆テレビCM ソフトバンク Air(上戸彩) / プッチーニ:トゥーランドット
◆フィギュアスケート4大陸選手権 初優勝 羽生結弦選手 / ショパン:バラード第1番

2016年02月07日


ロドリーゴ:アランフェス協奏曲 第2楽章から

アランフェス協奏曲
アランフェス協奏曲
posted with あまなつ on 2009.10.21
村治佳織
ビクターエンタテインメント(2000-03-23)
おすすめ度の平均: 5.0
4よく考えられた演奏で心に響く
5これ以上をいつ聴くことが出来るだろう・・・
5ギターの誤解が解けました。
5アランフェス!
5本当は大変なんです


♪初めての子を失った悲しみを詠うギターの調べ

スペインの首都マドリードから南へ約47キロほど離れた土地に、
豊かな水と森に恵まれた美しい街・アランフェスはあります。
乾燥地帯が多いスペインにあってタホ川源流の水が齎す恵みは、
アランフェス一帯を潤し古くから王の離宮や庭園が作られてきました。

スペイン内戦中にこの地を妻と共に訪れたロドリーゴは、
盲目の身でありながらも肌で、耳で、香りでアランフェスの自然を感じ、
やがてひとつの協奏曲へと結実する音楽の楽想を練りました。
それが20世紀を代表するギター協奏曲として、
また彼の代名詞的作品として有名な「アランフェス協奏曲」です。


スポンサードリンク


戦後すぐの1940年に、作曲にも協力した名ギタリスト、
レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサの独奏で初演されました。

ロドリーゴはこの曲に内戦で傷ついたスペインやアランフェスの
平和への想いを込めたと言われ、分けても第2楽章には
長子を流産して悲しみに暮れる夫人への、慰めの意も込められていると、
後年になって自身が告白しています。

この楽章は「恋のアランフェス」というムード音楽に編曲されるなど、
ポピュラー・クラシックとしても大変親しまれています。


ロドリーゴ:アランフェス協奏曲 第2楽章から
Joaquín Rodrigo Vidre:Concierto de Aranjuez 2. Adagio


*楽曲の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです


ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:26 | 協奏曲 (Concerto) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする