=テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック=
◆NHK連続テレビ小説『エール』/ チャイコフスキー:弦楽セレナーデ 第2楽章
◆4/1 フジテレビ 「志村けんさん 46年間 笑いをありがとう」 / F.サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ
◆4/1 フジテレビ 「志村けんさん 46年間 笑いをありがとう」 / サン=サーンス:白鳥
◆NHK連続テレビ小説『エール』/ オッフェンバック:天国と地獄
◆NHK連続テレビ小説『エール』 / エルガー:威風堂々 第1番
◆3/31 テレビ朝日 「芸能人格付けチェック 3時間SP」 / スッペ:軽騎兵 序曲
◆3/31 テレビ朝日 「芸能人格付けチェック 3時間SP」 / メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
◆テレビCM ソフトバンク 5G(ブルースウィリス) / チャイコフスキー:くるみ割り人形「葦笛の踊り」
◆テレビCM 翔んで埼玉 | Amazonプライム・ビデオ / ベートーヴェン:交響曲第9番 第2楽章
◆テレビCM ダンロップ タイヤ(福山雅治) / エルガー:威風堂々 第1番
◆テレビCM YANASE / ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
◆テレビCM マルちゃん正麺 (役所広司・二階堂ふみ)/ プライヤー:口笛吹きと犬
◆テレビCM くらしの友 / ドビュッシー:月の光
◆Maroon 5 - Memories (カノンのコード進行と旋律を使用) / パッヘルベル:カノン ニ長調
◆テレビCM 不二家 ホットチョコ / ヨハン・シュトラウス二世:美しく青きドナウ
◆3/20 テレビ朝日 夜の巷を徘徊する(マツコ・デラックス) / メンデルスゾーン:結婚行進曲
◆テレビCM KYOCERA50周年アニバーサリー / エルガー:威風堂々 第1番
◆テレビCM リンナイ食器洗い乾燥機 / ネッケ:クシコスポスト
◆テレビCM ドミノピザ / パッヘルベル:カノン ニ長調
◆テレビCM ASAHI飲料 ワンダ(YOSHIKI) / モーツァルト:きらきら星変奏曲
◆3/14 NHK ブラタモリ(島原) / シューベルト:アヴェ・マリア
◆テレビCM ASAHI MINTIA / レオンカヴァッロ:歌劇《道化師》 第1幕「衣装をつけろ」
◆テレビCM GALAマンション / スコット・ジョプリン:ジ・エンターテイナー
◆テレビCM 明光義塾 / スコット・ジョプリン:ジ・エンターテイナー
◆テレビCM ソフトバンク Air(上戸彩) / プッチーニ:トゥーランドット
◆フィギュアスケート4大陸選手権 初優勝 羽生結弦選手 / ショパン:バラード第1番

2011年10月10日


J.S.バッハ:インヴェンション 第1番 ハ長調 BWV 772

バッハ:インヴェンションとシンフォニア
新品最安価格:9%OFF ¥ 1,425 (3店出品)
レビュー平均: 4.0点 (1人がレビュー投稿)
4.0点 とても自然でオーソドックスな演奏
発売日:2011-01-26
メーカー:カメラータ・トウキョウ
アーティスト:ピヒト=アクセンフェルト(エディット)

♪弟子や息子の学習のために作曲された鍵盤楽曲

J.S.バッハとベートーヴェンの音楽の違いは何か…。
大きくまとめてしまうと、バッハがポリフォニー(複旋律音楽) なのに対して、
ベートーヴェンはホモフォニー(和声付単旋律音楽)ということになります。

つまりバッハは伴奏のない複数の旋律が絡み合っていく音楽。
ベートーヴェンは旋律と和声(伴奏)が、はっきり分かれている音楽なのです。
ハイドンから始まったホモフォニーは、現代のバンド音楽にも通じています。

また両者の違いはメインの鍵盤楽器の違いにも表れています。
バッハのバロック時代のハープシコード(チェンバロ)は、
内部で弦を引っ掻いて音を出す構造のため、強弱というものがありません。
どう弾いてもほとんど一定の音量、音の強さで鳴ります。

一方、ベートーヴェンの古典派時代の鍵盤楽器であるピアノは、
ご存知の通り、弦を叩いて音が出るので、指の加減で強弱がつきます。
ですから表現に微妙な機微を与えることができるのです。
そしてこの違いがそのまま、それぞれの音楽形態にも表れています。

スポンサードリンク


インヴェンションは、弟子や息子の鍵盤学習のために書かれた作品です。
公開演奏が目的ではなく、現代でも練習教材として用いられますが、
グールドなどによって優れた録音も多く残されています。

またインヴェンションは正確には《インヴェンションとシンフォニア》という、
30曲からなる小品集の、前半15曲のことを指します。
インヴェンションは2声体の鍵盤楽曲で、シンフォニアは3声体です。
後半15曲のシンフォニアは慣用的に、《3声インヴェンション》と呼ばれる事もあります。





J.S.バッハ:インヴェンション 第1番 ハ長調 BWV 772
J.S.Bach:invention No.1 in C major, BWV 772 (Harpsichord)

J.S.Bach:invention No.1 in C major, BWV 772 (Piano)



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 02:38 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする