TAG index
2018平昌オリンピック フィギュアスケート 羽生結弦 金メダル・宇野昌磨 銀メダル
......................................................................................
♬ 羽生結弦選手 2017-18 SP / ショパン:バラード第1番
♬ 宇野昌磨選手 2017-18 2017-18 FS / プッチーニ:トゥーランドット
♬ 宇野昌磨選手 2017-18 SP / ヴィヴァルディ:四季「冬」


スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2008年01月22日


ラロ:スペイン交響曲 ニ短調 Op.21 第1楽章

ラロ:スペイン交響曲
ヴェンゲーロフ(マキシム)
EMIミュージック・ジャパン(2003-11-12)
おすすめ度の平均: 4.0
4グリュミオーに匹敵。
4ロシア男がラテンに!?

♪スペイン情緒あふれる華やかなヴァイオリン曲

エドゥアール・ラロはフランスで生まれ活動した
作曲家、ヴァイオリン&ヴィオラ奏者です。

20代には作曲家として、歌曲や室内楽などを発表しますが
よい結果は得られず、しばらく作曲から遠ざかってしまいます。
30代には友人と結成した弦楽四重奏団で
ヴィオラを弾いていましたが、40代になってアルト歌手の
妻を得たことで発奮、再び作曲活動を始めます。

そして50代に入り、ヴァイオリンの名手サラサーテに捧げられ、
その手で初演された「ヴァイオリン協奏曲第1番」や
「スペイン交響曲」の成功により、ようやく作曲家として世に認められたのでした。

スポンサードリンク


「スペイン交響曲」は実質は「ヴァイオリン協奏曲第2番」で、
重厚なオーケストラ伴奏にのって、華やかなヴァイオリン独奏が繰り広げられます。
ラロは祖父の代までスペイン人だったので、
その血が色濃く出たような音楽内容になっています。

パリでこの曲を演奏するサラサーテを見たチャイコフスキーは、
自らもヴァイオリン協奏曲を作曲しようと決意したのでした。





Lalo:Violin Concerto No.2 in D minor, Op.21
"Spanish Symphony" 1. Allegro non troppo
ラロ:スペイン交響曲 ニ短調 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:53 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする