テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年08月13日


ラフマニノフ:前奏曲 ニ長調 Op.23-4

ロシア・ピアニズム名盤選40 S.ネイガウス/最後のリサイタル、ほか
ネイガウス(スタニスラフ)
コロムビアミュージックエンタテインメント(2005-05-25)
おすすめ度の平均: 5.0
5魂の演奏
5最後の全身全霊をもった輝き
5ああ!このショパン・・ああ!このラフマニノフ・・・
5素晴らしい
5魂の演奏

♪繊細で情感豊かなロマンチシズムあふれる佳曲

ラフマニノフには出版時期は異なりますが、全部で24曲になる
前奏曲があり、バッハの「平均律クラヴィーア曲集」や
ショパンの「24の前奏曲」などと同じく、
全曲で24の調性すべてを網羅しています。

出版は3ブロックに分かれ1番は作品3-2の「鐘」、
2番から11番が作品23の「10の前奏曲」、
12番から24番が作品32の「13の前奏曲」ということになります。

スポンサードリンク


特に絶対的なコンセプトのようなものはなく、
かなり自由にラフマニノフの作風が展開する内容のため、
演奏会では何曲か抜粋する形が多いようです。

作品23-4は比較的穏やかで、旋律をゆったりと歌わせるタイプの曲です。
現代の癒し系ピアノ曲にも通じるような雰囲気があり、
昨今のクラシックブームで初めてラフマニノフが好きになったという方にもおすすめです。





S.Rachmaninov:Prelude in D major, Op.23-4
ラフマニノフ:前奏曲 ニ長調 Op.23-4.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 07:40 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする