テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2008年01月13日


ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 Op.30 第3楽章

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番&第3番
ルガンスキー(ニコライ)
ワーナーミュージック・ジャパン(2003-04-23)
おすすめ度の平均: 5.0
5繊細なラフマニノフ。
5“次なる者”の説得力ある名演

♪堂々たる歩みと美しい旋律の第3楽章

瞑想的で落ち着いた第2楽章から一転、男性的で力強い
第3楽章へは曲間の切れ目なく突入していきます。

ラフマニノフは全部で4曲のピアノ協奏曲を作曲していますが、
一般に演奏されるのはほとんど2番と3番です。
そして曲そのものの人気としてはやはり、
第2番の方が圧倒的に高いのですが、純粋にピアノ協奏曲という
観点ではおそらく、音楽的内容やピアノ技術の点でも
第3番の方が上回っていると思います。

スポンサードリンク


第2番はとにかく美しく印象的な主題の多い
“ピアノ付きのオーケストラ曲”という感じですが、
第3番はラフマニノフが自らの演奏会用に作っただけあって、
あくまでピアノメインなのです。
ですから親しみやすい第2番が一般的で、
第3番はより奥の院という図式になってきます。

ですが、こと第3楽章に関しては先日の、
のだめカンタービレのドラマでも取り上げられた部分(11:43〜)など、
第2番に勝るとも劣らない魅力的な旋律も登場します。
ラフマニノフの多くの名旋律の中でも、特に際立って感動的です。





S.Rachmaninov:Piano Concerto No.3 in D minor, Op.30
3. Finale. Alla breve
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番 第3楽章.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:59 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする