テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年03月23日


ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18 第2楽章

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/他
グリモー(エレーヌ)
ワーナーミュージック・ジャパン(2001-03-22)
おすすめ度の平均: 4.5
5暗い森の音楽
5解釈と創作
4ラフマニノフのみコメントさせていただきます・・・
3ピアノは見事ですがオケの音色が硬いのでは・・・
5やはり美人は特をする...

♪ロマン派ピアノ協奏曲の到達点

「のだめカンタービレ」の中でも屈指の名場面との声も高い、
千秋とシュトレーゼマンによる競演シーンで
一躍知られることになったこの協奏曲ですが、
両端楽章に挟まれた静かで趣きの深い第2楽章を
特に愛するという人が多くいます。

チャイコフスキーを尊敬してやまなかった
ラフマニノフならではの甘く、切ない旋律。
序奏はどこかそのチャイコフスキーによる
交響曲第5番の第2楽章冒頭を思わせます。

スポンサードリンク


ラフマニノフの時代はスクリャービンやストラヴィンスキーなど、
先鋭的な作曲家が同じロシアにもたくさんいました。
そのため作曲家としてのラフマニノフは当時、
時代遅れだとしてあまり高い評価を得ていませんでした。
しかし、彼が間違っていなかったのは今の現状を見ればわかる通りです。

ポップスでもエリック・カルメンによる
「オール・バイ・マイ・セルフ」など、名カバーを生んだこの楽章は、
コミック版「のだめ」の中でも一際繊細に、情感深く描かれています。





Sergey Vasilievich Rakhmaninov:Piano Concerto No.2 in C minor, Op.18
2. Adagio sostenuto
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 第2楽章.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:53 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする