テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2010年03月18日


ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調 第2楽章

【HQCD】ラヴェル&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲
ミケランジェリ(アルトゥーロ・ベネデッティ)
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)(2009-03-18)
おすすめ度の平均: 5.0
5Unsurpassed
5孤高の天性
5数ある録音中の白眉です

♪華やかな両端楽章の間でひっそり佇むラヴェルらしい楽章

ジャズやブルース的な要素に彩られた華やかな第1楽章から一転、
透明感あふれる静謐な第2楽章はラヴェルの真骨頂的音楽です。

まずピアノソロだけが3分間近くに渡って奏でられます。
そこに背後から流れ入ってくる木管と弦の穏やかな響き。

音は次第に厚みを増し、全合奏で頂点を迎えると、
続いてイングリッシュホルンとピアノによる美しい共奏が始まります。

スポンサードリンク


この世ならざるようなその趣は、第2楽章の一番の聴きどころにして、
この協奏曲全体の白眉です。
いえ、もしかしたらラヴェルが書いた、最も美しい音楽のひとつといえるかもしれません。

第2楽章には両端楽章のような、流行の音楽を取り入れた派手さはまったくありません。
誰かにアピールしようとか受けを狙うようなケレン味もなく、
どこまでもラヴェル的な彼らしい至純な音楽です。

ラヴェルはアメリカでの演奏を意識しながら両端楽章を書きつつ、
その間にひっそり佇む第2楽章でこそ、
自らの真意を表現しようとしたのかもしれません。

ピアノと並び木管楽器群が次々と旋律を奏でるこの楽章は、
モーツァルトのクラリネット五重奏曲に感化されたともいわれています。




M.Ravel:Piano Concerto in G major 2. Adagio assai

http://classical-music.aki.gs/Ravel-Piano-Concerto-in-Gmajor-2nd.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:02 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする