テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2008年01月06日


モーツァルト:ピアノソナタ 第18番 ニ長調 K.576 第1楽章

モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集5
ピリス(マリア=ジョアオ) モーツァルト
コロムビアミュージックエンタテインメント (2004/03/24)
おすすめ度の平均: 4.0
4 綺麗なピアノの音色を堪能して下さい

♪難易度も高い最後のピアノソナタ

1789年、モーツァルトはドイツ旅行でベルリンを訪れた際、
プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の前で
演奏する機会がありました。
そこで国王から弦楽四重奏曲と簡単なピアノソナタを
それぞれ6曲ずつ作曲してほしいと依頼されます。

結局できたのは弦楽四重奏曲が3曲(プロシア王セット)と
ピアノソナタが1曲のみでした。
そのソナタが「ニ長調 K.576」です。
旧全集では17番でしたが、現在は18番と呼ばれています。

スポンサードリンク


長女フリーデリケ王女でも弾けるように簡単なものを・・・
と依頼されたはずですが、結果としてはモーツァルトの全ピアノソナタ中、
最も難しい曲になっています。
出版は死後の1806年で、最後のピアノソナタでもあります。

第1楽章はバッハの対位法の影響が出ていますが、
厳格さよりも軽快さが前に出た、モーツァルト独自の音楽になっています。





W.A.Mozart:Piano Sonata No.18 in D major, K.576
1. Allegro
モーツァルト:ピアノソナタ 第18番 第1楽章.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:58 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする