テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2008年12月04日


モーツァルト:ディヴェルティメント 第17番 ニ長調 K.334 第3楽章 メヌエット

モーツァルト : ディヴェルティメント第17番ニ長調
ウィーン八重奏団
ポリドール(1997-04-09)
おすすめ度の平均: 5.0
5美しすぎる音にご用心
5極上の演奏、これぞモーツァルト
5気分爽快になること請け合いのアルバムです
5夜のひとときに、どうでしょう
5夢見る気持ち

♪親しかった貴族ロビニッヒ家のために作曲

ディヴェルティメントは以前“喜遊曲”と訳されていました。
その名の通り貴族の食事や祝日用の気軽なサロン音楽です。

セレナードも同じような用途で作られていて、
それらは総称して“機会音楽”とも呼ばれています。
セレナードは主に野外で、またディヴェルティメントは
室内で演奏されていました。

モーツァルトは30曲ほどのディヴェルティメントを書いていますが、
第17番はその中でも特に大きな規模と深い内容で知られています。

この作品は親しかった名門貴族ロビニッヒ家のために書かれ、
モーツァルト自身も「ロビニッヒの音楽」と呼んでいました。

スポンサードリンク


何と言っても第3楽章メヌエットは
“モーツァルトのメヌエット”と一口に呼ばれるほどの有名曲で、
耳にしたことのない人はいないでしょう。

ですが第17番の真価は他の第2,5,6楽章にあります。
機会があればそちらも聴かれることをお薦めします。




W.A.Mozart:Divertimento No.17 in D major, K.334 3. Menuet

http://classical-music.aki.gs/184-Mozart-Divertimenti-No17-3rd.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:10 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする