テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2009年01月19日


モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 第1楽章

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番
グルダ(フリードリヒ)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-10-24)
おすすめ度の平均: 5.0
5端正でありながら華麗
5グルダの求心力に脱帽。
3美しいけれど...
5オーソドックスな20番
5寄せ集めた旋律を

♪ベートーヴェンも愛したピアノ協奏曲の名作

ひとりの人間としてのモーツァルトが大衆のためにではなく、
自己の内面の孤独や悲哀を初めて露にするかのように書き上げた、
彼のピアノ協奏曲中の最高傑作とも言われる作品です。

当時の音楽界では協奏曲やオペラのアリアは、
演奏家や歌手の技巧を示すための華やかなものが主流で、
聴衆である貴族や裕福な層もそれ以上を望んでいませんでした。

ですからこの曲が持つ重苦しさは当然理解されず、
その後の演奏会では聴衆が激減してしまうほどでした。

スポンサードリンク


しかし、モーツァルトの作品の中でも特にこの曲を熱愛し、
カデンツァさえ書いてしまった作曲家がいます。
ベートーヴェンです。

ある日、貴族の屋敷の前を通りかかったベートーヴェンは偶然この曲を耳にし
「なんという美しい曲だ。私にはとてもあのような美しい音楽は書けない!」
と感嘆の声を上げたということです。

今回はそのベートーヴェン作によるカデンツァでお送りします。




W.A.Mozart:Piano Concerto No.20 in D-minor, K.466 1. Allegro

http://classical-music.aki.gs/180-Mozart-Piano-Concerto-No20-1st.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:46 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする