テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年04月21日


メンデルスゾーン:劇音楽 《真夏の夜の夢》 Op.61-9 「結婚行進曲」

メンデルスゾーン:劇付随音楽「真夏の夜の夢」
クレンペラー(オットー)
EMIミュージック・ジャパン(2002-06-19)
おすすめ度の平均: 5.0
5「結婚行進曲」しか知らない人にもお勧め
5まさにクレンペラー

♪ワーグナーと並ぶ結婚式の世界的定番曲

シェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」を読んで触発された
メンデルスゾーンはこの劇のための序曲を作曲します。
彼が17歳の時のことです。

10代でオペラにも手を染めたメンデルスゾーンは、
モーツァルトにも劣らぬ早熟の天才でした。
暗譜力を物語るこんなエピソードがあります。

序曲のスコアを紛失した彼は改めて記憶をたどり、
すべて書き直したところスコアが見つかり、
見比べるとほぼ完全に一致していたとのことです。
違った部分も自らの改定と言われています。

序曲から10数年後、メンデルスゾーンは
この戯曲のために新たに音楽を書き下ろします。
その中のひとつが「結婚行進曲」です。
ワーグナーの「婚礼の合唱」と並ぶ結婚式の定番曲。
知らない方はまずいらっしゃらないでしょう。

スポンサードリンク


ワーグナーといえば、このメンデルスゾーンの行進曲の
管弦楽的雰囲気を聴いていると、どうしても
ワーグナーの音楽が連想されてきます。
メンデルスゾーンの後輩にあたるワーグナーはもしかすると、
かなりメンデルスゾーンも研究したのではないでしょうか?




Felix Mendelssohn:Wedding March
from "A Midsummer Night's Dream" Op.61-9
メンデルスゾーン:結婚行進曲.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:20 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする