テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2010年02月20日


メンデルスゾーン:《無言歌集第2巻》 「ヴェネツィアの舟歌 第2」 Op.30-6

メンデルスゾーン:無言歌集
田部京子
コロムビアミュージックエンタテインメント(2002-06-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5癒しの作品
5とてもチャーミングな演奏
5まさに言葉の無い歌
5理想的なメンデルスゾーン

♪水の都ヴェニスにゆれるゴンドラをイメージして

「疲れたよ、ひどく疲れた…」
メンデルスゾーンが病床で最期に発したとされる有名な言葉です。

この言葉は人生に疲れた彼の心情の表れと捉えられてきました。
しかし最近の研究では、次々と訪れる見舞い客の対応に疲れ、
思わず発してしまっただけという見方もあるようです。

メンデルスゾーンと親交のあったゲーテにも、
「もっと光を!」というよく知られた最期の言葉がありますが、
あれも単にカーテンを開けて外の光をもっと入れてくれ、
という意味に過ぎなかったともいわれています。

富裕な銀行家の家に生まれ、不自由なく幸せに生きたメンデルスゾーン。
波乱万丈の人生を送った作曲家たちが多い中にあって、
ひとりぐらいは満たされたまま生涯を閉じる者があってもいいのではないでしょうか?

メンデルスゾーンの父は彼が見聞をひろめ、教養を高めるために、
海外に旅行することを勧め、そのための援助を惜しみませんでした。
そしてその旅行は彼に作曲での多くのインスピレーションをもたらしました。

スポンサードリンク


メンデルスゾーンは旅先から家族に送る手紙に、
その土地の思い出や風景を表した旋律を添えることを常としていました。
無言歌集には彼自身が名づけた三つの「ヴェネツィアの舟歌」が含まれていますが、
これもイタリア旅行で得た着想や、家族に書き送った旋律のひとつであったかもしれません。

無言歌集第2巻の6曲目として収録された「ヴェネツィアの舟歌 第2」は、
3曲の同名曲の中でも特に親しまれ、演奏される機会も多い作品です。




Felix Mendelssohn:Venetian Gondola Song Op.30-6

http://classical-music.aki.gs/Menndelssohn-Venetian-Gondola-Song-No2.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:11 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする