テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年06月12日


ボロディン:弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調 第3楽章 「ノクターン」

アンダンテ・カンタービレ〜ロシアへの誘い/ボロディン四重奏団
ボロディン四重奏団
ワーナーミュージック・ジャパン(2000-06-21)

♪メロディーメイカー・ボロディンを代表する名旋律

ボロディンは本職が化学者であるにもかかわらず、
忙しい合間を縫っての日曜作曲家的創作活動ながら、
印象的な作品を数多く残しました。
そして実はボロディンもチャイコフスキーや
ラフマニノフを生み出したロシアならではの、
優れたメロディーメイカーといえます。

「ダッタン人の踊り」でのオーボエによる郷愁を誘う旋律を始め、
弦楽四重奏曲第2番と同時期に作曲された交響詩
「中央アジアの草原にて」でも、胸の奥深くに
響くような旋律が次々登場します。
そして今回お届けする「ノクターン」も、
ボロディンならではの親しみやすく美しい旋律から、
単独でよく取り上げられる名作です。

スポンサードリンク


和音進行は「中央アジアの草原にて」にも通じる
ベースの半音下降ですが、これはベートーヴェン
交響曲第7番 第1楽章の序奏でも同じ調で見られますね。

さて演奏ですが本来は弦楽四重奏曲ですが、
今回はポピュラーなアレンジである
ストリングス・オーケストラ版でお送りします。





Alexander Borodin:Quartet for 2 Violins, Viola and Violoncello
in D major 3. Nocturne
ボロディン:ノクターン.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:01 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする