スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2008年07月08日


ベルリオーズ:劇的物語《ファウストの劫罰》から 「ラコッツィ行進曲」 Op.24

ライヴ・イン・東京 1970
セル(ジョージ)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2004-11-17)
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本で花開いた「奇跡」
5 最高のレコード体験・・・!!!
5 至高の音楽体験
5 涙なしでは聴けない名演中の名演です
5 圧倒的にもの凄いシベリウス第2番

♪ハンガリー民謡を基にしたドラマティックな行進曲

クラシック音楽の歴史を語る上で、ベルリオーズが残した足跡は
色々な意味でとても特異かつ重要です。

フランス・ロマン派の開祖とも呼ばれるベルリオーズの出世作
「幻想交響曲」がもたらした奇抜で革新的なインパクトは、
古典派の時代に区切りをつけ、より自由で情緒的な
ロマン派の時代の始まりを明確に打ち出したといえます。

ベルリオーズはまた文学にも造詣が深く、
その作品のほとんどには何らかの形で文学からの影響が見受けられます。
独唱と合唱を伴う大規模な管弦楽曲「ファウストの劫罰」も、
そんな文学を下敷きにした作品のひとつです。

ドイツの文豪ゲーテの代表作「ファウスト」の
フランス語翻訳本を読んだベルリオーズは強く感銘を受け、
それをもとに「ファウストからの8つの情景」を作曲、
自腹で楽譜を出版ました。

スポンサードリンク


そしてまたその楽譜をゲーテ本人に送ったところ、
思いがけず好意的な反応が得られず、
そのまま作品は放置されることになります。

20年後、ファウストへの思いが再燃したベルリオーズは
眠っていた楽曲に改めて手を加え、
劇的物語「ファウストの劫罰」として生まれ変わらせたのでした。

「ラコッツィ行進曲(ハンガリー行進曲)」はハンガリーに伝わる民謡ですが、
これを気に入りどうしても「ファウストの劫罰」に入れたかったベルリオーズは、
台本の舞台をドイツからハンガリーに差し替えるまでして
この曲を物語の冒頭に置いたのでした。





L.H.Berlioz:Rakoczy March from "The Damnation of Faust", Op.24
ベルリオーズ:ラコッツィ行進曲.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:51 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする