テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2006年11月19日


ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92 第1楽章 (リスト編)

ベートーヴェン (リスト編曲) : 交響曲第7番
カツァリス(シプリアン)
ダブリューイーエー・ジャパン (1999-11-25)
おすすめ度の平均: 4.0
3 ピアニズムの現実さ
5 もう1つの運命
4 なかなかです。

♪ピアノが奏でるベートーヴェンの交響曲の世界

リストはベートーヴェンの交響曲全曲を、ピアノ用に編曲しました。

しかしオーケストラをピアノだけで表現する場合、
発音数の制限から当然物理的にもどうしても無理が出てきます。

スポンサードリンク


そこで編曲者の力量が大きく関わってくるわけですが、リストの場合、
優れた演奏家であったばかりでなく作曲家としても力量があり、
ベートーヴェンの音楽の崇高な精神性までも理解する能力がありました。

ですからリスト編曲によるベートーヴェン交響曲全集は極めてバランスのとれた、
また単なるアレンジものにとどまらない独創性さえ持ち合わせています。




ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92 第1楽章 (リスト編)
L.V.Beethoven: Symphony No.7 in A major, Op.92
1. Poco sostenuto - Vivace [Arr. by Liszt]

http://andotowa.sakura.ne.jp/Beethoven-SymNo7-1-Piano.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:03 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする