テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2009年07月09日


ベートーヴェン:バレエ音楽 《プロメテウスの創造物》 序曲 Op.43

ベートーヴェン:交響曲第6番
クレンペラー(オットー)
EMIミュージック・ジャパン(2004-06-23)

♪数少ないバレエ音楽の序曲は演奏会の定番

ベートーヴェンにバレエ音楽のイメージは薄いかもしれませんが、
まだボンにいた時代の作品である「騎士のバレエ」と
その10年後の1800年〜01にかけて作曲された
「プロメテウスの創造物」のふたつが作品として残されています。

ベートーヴェンは舞台音楽にも意欲的な作曲家だったと言えます。
歌劇には「フィデリオ」という立派な作品がありますし、
劇付随音楽としても「エグモント」「ステファン王」
「アテネの廃墟」などの有名作が挙げられます。

「プロメテウスの創造物」はイタリアのバレエダンサーで
振付師のサルヴァトーレ・ヴィガーノが、
ベートーヴェンに新作バレエ用音楽の依頼をしたことから作曲されました。
交響曲第1番を完成させ「これから」という意気盛んな頃です。

ベートーヴェンはこのバレエに演劇、舞踏、音楽が一体となった、
総合芸術的な意味合いを持たせようとしていたようです。
この感覚はとても近代的と言えるかもしれません。

「プロメテウスの創造物」は初演から1年間に20回以上も再演された
人気作であったにも関わらず、バレエ自体は次第に忘れられていき、
今ではほとんど序曲のみが演奏されています。

スポンサードリンク


しかし第16番フィナーレの主題は「英雄交響曲」や
「エロイカ変奏曲」にも流用されているので、
むしろそちらの方で馴染み深いものになっているでしょう。
序曲には後の大曲「献堂式序曲」へと発展していく音楽的な布石も感じられます。




L.V.Beethoven:The Creatures of Prometheus Overture Op.43

http://classical-music.aki.gs/Beethoven-Prometheus-Overture.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:36 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする