テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2008年09月05日


ベートーヴェン:交響曲第1番 ハ長調 Op.21 第1楽章

ベートーヴェン:交響曲第1番&第7番
ジュリーニ(カルロ・マリア)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(2005-03-24)
おすすめ度の平均: 4.0
4ゆったりした気分で聴ける一枚

♪記念すべきベートーヴェン第1作目の交響曲

ベートーヴェンにとって初めての交響曲となるハ長調作品21は、
彼が29歳になった1800年に完成しました。

既にピアニストとして順調に歩んでいたベートーヴェンは、
作曲家としてもピアノソナタやピアノ協奏曲といった
ピアノ用の作品を中心に、他にも弦楽四重奏曲や
ヴァイオリンソナタなどの優れた作品を書いていました。

交響曲第1番と同じ時期の作品にはピアノソナタ「月光」や
ヴァイオリンソナタ「春」などがあります。

こうして身に着けてきた作曲技法をもって、
満を持して創作されたのが交響曲第1番だったのです。

モーツァルトが最後の交響曲第41番「ジュピター」で渡したバトンを、
ベートーヴェンがしっかりと受け取って走り出したような内容で、
明るく力強い魅力にあふれています。

スポンサードリンク


その後の「英雄」「運命」「田園」「第九」といった作品があまりに偉大なため
つい見過ごされがちですが、古典派の交響曲としての完成度は極めて高く、
モーツァルトやハイドンの影響が大きいとはいうものの、
それを乗り越えてなんとか個性を出していこうという
ベートーヴェンの意気込みが随所に見られる名作です。




L.V.Beethoven:Symphony No.1 in C major, Op.21
1. Adagio molto - Allegro con brio

http://classical-music.aki.gs/137-Beethoven-Symphony-No1-1st.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:17 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする