テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2008年06月04日


ブラームス:ヴァイオリンソナタ 第1番 ト長調 Op.78 「雨の歌」 第1楽章

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番~第3番
パールマン(イツァーク)
EMIミュージック・ジャパン (2002-03-06)
おすすめ度の平均: 5.0
5 誰もが愉しめるスタンダードな名演

♪雨の日の気分を想わせる美しいソナタ

ブラームスは旋律作家ではないとよく言われます。
たしかにチャイコフスキーやショパンのように、
一聴して耳に飛び込んでくるような、
わかりやすい旋律は少ないかもしれません。

主題そのものよりもそれを発展させる構成力が
ブラームスの本領というのも事実です。

しかし例えばこの楽章の第2主題(1:28)のように、
例えようもなく美しい旋律もいくつもあります。
ブラームスの紡ぎ出す旋律は、
外面的効果をねらうより音楽の本質を引き出すような、
聴くほどに良さのわかる燻し銀のようなものが多いのです。

スポンサードリンク


ヴァイオリンソナタ第1番「雨の歌」は、
1878年と79年の夏に避暑で出かけたスイスのペルチャッハで作曲されています。
同時期に完成したヴァイオリン協奏曲と同様、牧歌的で開放感あふれる曲調で、
ブラームスにしては明るく親しみやすい作品です。

「雨の歌」という題名は、自作の歌曲「雨の歌」作品59-3から
第3楽章の主題を得ているためで、この主題は第1楽章、第2楽章の
主題とも関連を持ちながら全曲に統一感をもたらしています。





J.Brahms:Sonata for Violin and Piano No.1 Op.78
1. Vivace ma non toroppo
ブラームス:ヴァイオリンソナタ 第1番 雨の歌.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:24 | 器楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする