テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2010年04月28日


ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77 第3楽章

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
オイストラフ(ダヴィッド)
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)(2007-09-26)
おすすめ度の平均: 5.0
5重厚で艶やかな第一級の名演
5風格溢れるブラームス
5イキのいい演奏が魅力

♪名手ヨアヒムとの交流から生まれた3大ヴァイオリン協奏曲

ハンガリー出身で19世紀の大ヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒム。
彼はブラームスの音楽人生に欠くことのできない重要人物です。

1853年、ブラームスが伴奏を務めたエドアルト・レメーニは、
ウィーン音楽院でヨアヒムとヴァイオリンを学んだ旧知の仲でした。
以前からヨアヒムに憧れていたブラームスは演奏旅行が終わると、
レメーニと共にハノーヴァーのヨアヒム邸を訪れました。
この出会いがその後続くブラームスとヨアヒムの絆の始まりでした。

若きブラームスの才能を認めたヨアヒムは、リストに紹介状を書き、
後にブラームスの師匠となるシューマンに引き会わせました。
そしてシューマンが「新しい道」と題した論文でブラームスを称えたことで、
彼は広く世間に知られる存在となっていったのです。

こうした恩に報いるべく作曲されたブラームスにとって唯一のヴァイオリン協奏曲は、
彼が45歳になった時、ヨアヒムとのやり取りの末にようやく完成しました。
当初、4楽章の予定だったのを間のふたつの楽章をやめて、
新たにアダージョの楽章を入れた3楽章としたのもヨアヒムの助言によるものです。

スポンサードリンク


初演はライプチヒでブラームス自身の指揮、ヨアヒムの独奏で行われ、
「これはブラームスとヨアヒムの友情の木に宿った美しい果実だ」と、
評論家ハンスリックからも絶賛される大成功を収めました。

また、名ヴァイオリニスト、レオポルド・アウアーの
「ベートーヴェンとメンデルゾーンのヴァイオリン協奏曲以後に現れた
重要なヴァイオリン曲」という言葉から、
現在では所謂“3大ヴァイオリン協奏曲”と称されています。




J.Brahms:Violin Concerto in D major, Op.77
3. Allegro giocoso,ma non troppo - Vivace

http://classical-music.aki.gs/131-Brahms-Violin-Concerto-3rd.mp3

スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:24 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする