テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2016年03月24日


ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 Op.98 第1楽章


ブラームス:交響曲第4番  ほか
ウィルヘルム・フルトヴェングラー
OPUSクラ(2005-04-27)


♪ブラームス自ら最も好きな曲と語った作品

私の知り合いのブラームスファンたちは、みなこぞって
「第4番こそが最高。これがブラームス!」
と当然のような口調で言います。

すると私は「いや、第1番だ。」と言い返すのですが、
確かに音楽的精神性では第1番の方が上だとは思うものの、
第4番には飾りも作り事も一切ない、
ブラームスの素の心が表れているように思います。

スポンサードリンク


その意味では最もブラームスらしく、
また彼の魅力が凝縮されているとも言えるでしょう。

ブラームスやチャイコフスキーの音楽には、
ベートーヴェンに憧れながらも、あれ程には強くなれないという人にとっての
救いのようなものがあるのかもしれません。




ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 Op.98 第1楽章
J.Brahms:SymphonyNo.4 in E minor, Op.98
1. Allegro non troppo


http://andotowa.sakura.ne.jp/Brahms-SymNo4-1.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:56 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする