テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2009年02月24日


フランク:交響曲 ニ短調 第3楽章

フランク:交響曲 ニ短調
フルトヴェングラー/ウィーン・フィル
ポリドール(1999-04-22)

♪幻想交響曲と並ぶフランスの2大交響曲

フランスの作曲家として紹介されることの多いフランクですが、
出生地は隣国のベルギーで家系はオーストリア。
また母親はドイツ系ということもあるせいか、
その音楽はフランスというよりむしろドイツ、オーストリア系の
クラシック本流の趣きを強く感じさせます。

フランク自身、バッハ、ベートーヴェン、ワーグナーといった
正統派ドイツ音楽に深く傾倒していました。

一家ががベルギーからフランスに移住した後、
フランクはパリ音楽院に学び、
リストやショパンも認めるほどの才能を現します。
しかし彼は華やかな表舞台を嫌い、教会のオルガン奏者を務める傍ら、
ひたすら地道に作品作りに励みました。

スポンサードリンク


そんなフランクが晩年に残した唯一の交響曲が交響曲ニ短調です。
ベルリオーズの幻想交響曲と共にフランスの2大交響曲と評されるこの作品は、
後進の印象主義音楽とはまったく異なる、
重厚でがっしりとしたいかにもドイツ的な音楽です。

しかしその中にも最初の主題を他の楽章でも有機的に用いる“循環形式”や、
魔法のようなみずみずしい転調を含んだフランクならではの作品になっています。




César Franck:Symphony in D minor, 3. Allegro non troppo

http://classical-music.aki.gs/Franck-Symphony-in-D-minor-3rd.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:31 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする