テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年10月22日


フォーレ:パヴァーヌ Op.50

フォーレ: レクィエム ペレアスとメリザンド、他
サバレタ(ニカノール)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2005-03-23)
おすすめ度の平均: 5.0
5フォーレレクイエム48番で追悼したい
5『マスクとベルガマスク』がとても良いです。

♪後輩たちにも影響を与えた代表的作品

「シチリアーノ」や「夢のあとに」などと共に、
外すことのできないフォーレの人気曲のひとつです。

1886年、ジュール・ダンベ演奏会管弦楽団のために
作曲された管弦楽曲が原曲で、
それを聴いたパトロンのグレッフュル伯爵夫人のすすめで、
翌年に合唱も付けられた作品として生まれ変わりました。
歌詞は詩人のロベール・ドゥ・モンテスキュー=
フェザンサク伯爵に提供されたものを用いています。

スポンサードリンク


この作品は後の印象主義を代表する2人の作曲家にも影響を与えています。
フォーレをライバル視していたドビュッシーは「パヴァーヌ」を賛美し、
自らも触発されてベルガマスク組曲の「パスピエ」
(出版前は「パヴァーヌ」)を生み出しています。
また、弟子のラヴェルの名曲「亡き王女のためのパヴァーヌ」の
パヴァーヌ形式は、この作品に由来しているといわれています。

パヴァーヌとはテンポの遅い2拍子で「くじゃく舞」とも訳される、
16世紀前半にヨーロッパで流行したスペイン起源の舞曲です。





Gabriel Fauré:Pavane Op.50
フォーレ:パヴァーヌ Op.50.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:27 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする