テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2009年07月28日


ビゼー:交響曲 第1番 ハ長調 第4楽章

ビゼー:交響曲第1番 組曲「子
ビゼー:交響曲第1番
posted with あまなつ on 2009.07.28
ハイティンク
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント(1995-07-05)

♪ビゼー17歳の作を締めくくる最終楽章

ビゼーが作曲家として活動した19世紀中頃のフランスでは、
音楽といえばオペラ、オペレッタなどの舞台音楽が中心で、
交響曲などの純音楽はほとんど認められていませんでした。

先人となるベルリオーズには幻想交響曲がありますが、
これはビゼーよりかなり前の作になり、またあまりに独創的で
突然変異的な作品であるため対象外という気がします。
また後進ではサン=サーンスなどが本格的な交響曲に着手しますが、
これも時期としては大分後になります。

従ってビゼーがこの時代に交響曲を残していたのはとても貴重であり、
それも古典派の最も正統的な交響曲を模していたのですから、
フランスの作曲家の系譜の上でも極めてユニークな作品であると言えると思います。

スポンサードリンク


ベルギー出身でフランスで活動した作曲家セザール・フランクは、
1888年にドイツ・ロマン派風の交響曲ニ短調という傑作を作曲しましたが、
ビゼーが交響曲ハ長調を作曲したのはそれより33年前の1855年のことでした。




G.Bizet:Symphony in C 4. Allegro Vivace

http://classical-music.aki.gs/Bizet-Symphony-in-C-4th.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:12 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする