テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2010年01月31日


J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052 第3楽章

バッハ:ピアノ協奏曲集
カツァリス(シプリアン)
ワーナーミュージック・ジャパン(2000-06-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5軽快かつ正統な演奏に酔う

♪ロマン派の作曲家たちに支持された傑作

14曲のバッハのチェンバロ協奏曲中、最も有名な第1番ニ短調は、
消失した原曲であるヴァイオリン協奏曲ニ短調の編曲です。

作品の完成度は14曲の中でも極めて高く、
両端楽章で繰り広げられる華やかな名人芸が特に魅力的です。

第1楽章、第2楽章はカンタータ第146番「われら多くの苦難を経て」に、
第3楽章はカンタータ第188番「われはわが信頼を」の
序曲に転用されています。

また、原曲とされるヴァイオリン協奏曲には
バッハ作という確証がなく、その信憑性を疑問視する声もあるようです。

スポンサードリンク


それはともかく第1番はバッハを再評価したロマン派の作曲家たちの支持も強く、
マタイ受難曲を蘇演したメンデルスゾーンが
ピアノ協奏曲として演奏した記録が残っている他、
シューマンも「最大傑作の一つ」と賛辞を惜しみませんでした。

こうした流れもあり現代ではピアノ協奏曲として演奏されることも多くなっています。




J.S.Bach:Piano Concerto No.1 in D minor, BWV1052 3. Allegro


http://classical-music.aki.gs/104-Bach-PianoConcerto-No1-3rd.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:01 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする